三遊亭 小円(さんゆうてい こえん)は、落語名跡旧字体で三遊亭 小とも表記する。

存在が確認できるのは以下。いずれも上方噺家である。


三遊亭さんゆうてい 小圓こえん
本名 黒田 博毅
生年月日 1910年5月31日
没年月日 (1975-11-30) 1975年11月30日(65歳没)
出身地 日本の旗 日本大阪府
師匠 7代目桂文治
橘ノ圓治郎
三遊亭圓子
名跡 1. 桂文彌(1917年 - ?)
2. 橘ノ圓きん(? - 1922年)
3. 三遊亭小圓(1922年 - ?)
4. 三遊亭小円(? - 1975年)
活動期間 1917年 - 1975年
活動内容 上方落語
配偶者 木村栄子
所属 松竹芸能

三遊亭 小円(さんゆうてい こえん、1910年5月31日 - 1975年11月30日)は、大阪府出身の漫才師落語家。本名は黒田 博毅。

来歴編集

父は東野田の左官業。家業を手伝っていたが芸事が好きになり、幼少から踊りの稽古に通う。

その縁で1917年ころ、8歳で7代目桂文治に入門し桂文彌を名乗る。その後初代橘ノ圓一門の橘ノ圓治郎門下に転じ、橘ノ圓きんに改名。1922年ころ、二丁鼓という珍芸を得意としていた三遊亭圓子の門下で三遊亭小圓(のち、三遊亭小円)に改名。落語の多くは初代桂春團治4代目桂文團治に学んだ。

晩年は落語に回帰し『親子茶屋』『紙屑屋』などを和朗亭などで披露した。肺がんのため、兵庫県神戸市の神戸博愛病院で死去。墓所は神戸市灘区六甲町の光円寺。

受賞歴編集

音源編集

漫才の音源は三遊亭小円・木村栄子を参照。

落語

出典編集

関連項目編集