下東郷村

下東郷村(しもとうごうむら)は、鹿児島県の北西部、薩摩郡に属していた

しもとうごうむら
下東郷村
廃止日 1957年4月1日
廃止理由 分割編入
下東郷村 → 高城村東郷町川内市
現在の自治体 薩摩川内市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
薩摩郡
団体コード 廃止時制度なし
面積 18.36km2.
総人口 4,328
1950年
隣接自治体 川内市阿久根市、高城村、東郷町
下東郷村役場
所在地 895
鹿児島県薩摩郡下東郷村大字田海1556番地[1]
外部リンク なし
座標 北緯31度51分52.8秒
東経130度19分15.7秒
下東郷村の位置図。地図は1950年時点。
特記事項 面積は『川内市史 下』143頁、人口は『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』345頁に基づく
 表示 ウィキプロジェクト

1957年に下東郷村のうち大字田海の一部が高城村東郷町にそれぞれ分割編入され、残部が川内市に編入されたのに伴い、自治体としては消滅した。

目次

地理編集

川内平野の北部、川内川の下流域に位置し、村域は東西2.18キロメートル、南北9.3キロメートルに及ぶ[1]。北部の多くは山地となっており、南部は川内平野の一部を形成している。また、南東部には東郷町藤川から流れる川内川の支流である田海川が東郷町との境界部に流れ、川内川に合流している。

南部の中郷には中郷上池、中郷下池、天神池などの池が多くあり、川内川沿いにある水田の潅水に使用されている。

  • 山 : 今村岡
  • 河川 : 川内川、田海川
  • 池 : 中郷上池、中郷下池、天神池

大字編集

下東郷村の大字は1957年時点で田海、白浜、中郷の3大字があり、現在の薩摩川内市田海町白浜町中郷、中郷町の全域及び、運動公園町原田町東大小路町城上町東郷町藤川の各一部が廃止時の村域に当たる。

歴史編集

江戸期には下東郷村に属していた田海村及び白浜村は東郷町(旧上東郷村)の区域と共に東郷(外城)のうちであり、田海村には郷士集落が形成され[2]、白浜村には川内川の水運の中継地として浦町が形成されていた[3]

また、中郷村は中郷のうちであり、中郷の地名は平安末期から見える。外城としては江戸期に東郷から分割され設置された外城であり、1村で1外城を形成していた。明治3年に中郷は東郷に統合された[4]

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、東郷のうち田海村、白浜村、中郷村の3村の区域より下東郷村が成立する。
  • 1954年昭和29年)4月 - 村域を分割せずに川内市に全区域を編入する「全村川内市合併」が下東郷村議会で決議される[5]
  • 1957年(昭和32年)4月1日 - 大字田海の一部を高城村大字城上、東郷町大字藤川に編入し、残部を川内市に編入。
高城村に編入した地域のうち、特に下之段地区では消防・小学校(吉川小学校)を高城村側と共同運営しており、日常面でも高城村と密接な関係にあった[6]。高城村役場は下東郷村役場の職員2名を受け入れ[7]、1名は上東郷村(後の東郷町)、その他の全職員は川内市に受け入れられた[8]

行政編集

歴代村長編集

町村制施行以降の村長を記載する。『川内市史 下』170頁の表記に基づく。但し、旧字体については新字体に置換えた。

氏名 就任期間
初代村長 川口盛吉 1889年 - 1890年
二代村長 浜田治右衛門 1890年 - 1899年
三代村長 早崎慶之丞 1899年 - 1904年
四代村長 若松源八郎 1904年 - 1908年
五代村長 田代十太郎 1908年 - 1927年
六代村長 鳥越巌 1927年 - 1931年
七代村長 鎌田仁志 1931年 - 1946年
八代村長 有西一郎 1946年 - 1947年
九代村長 大島敬吉 1947年 - 1951年
十代村長 若松連 1951年 - 1956年
十一代村長 有西一郎 1956年 - 1957年

人口編集

以下の人口遷移表は『川内市史 下』の別紙の記述に基づく。但し、町村制が施行される以前の人口は三村(田海村、白浜村、中郷村)の合計となっている。

凡例
人口(人)
1882年 2,997
1902年 3,470
1912年 4,074
1922年 4,318
1935年 3,693
1947年 4,704
1955年 4,328

地域編集

教育編集

中学校
小学校

交通編集

鉄道編集

道路編集

国道

1957年当時は村内を通る国道はなし。1963年に主要地方道人吉川内線が二級国道人吉川内線(国道267号)に指定され、1965年に一般国道に昇格し国道267号となった。

主要地方道
一般県道
  • 山崎川内線
  • 東郷西方港線

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『川内市史 下』 - 川内市 143頁。
  2. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.389
  3. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.357-358
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.428
  5. ^ 年表 p.257 - 薩摩川内市 2013年4月19日閲覧。
  6. ^ 『鹿児島県市町村変遷史』p.703
  7. ^ 『鹿児島県市町村変遷史』p.705
  8. ^ 『鹿児島県市町村変遷史』p.707

関連項目編集