十二支のひとつで第2番目
Ox.svg
十干
十二支

(うし、ちゅう)は十二支のひとつ。通常十二支の中で第2番目に数えられる。

前は、次はである。

概要編集

  • 丑年は、西暦を12で割って5が余る年となる。
  • 丑の月は旧暦12月(概ね新暦1月)。
  • 丑の刻は午前2時を中心とする約2時間。「丑三」(うしみつ)は、丑の刻を4分し、その第3に相当する時、すなわち、午前2時頃から午前2時30分頃までの、文字通り“真夜中”であり、俗に、草木も眠るとか、家の軒が3寸下るとかいい、魔物が跳梁するのにふさわしい時であると考えられた。もちろん他に「丑一つ」「丑四つ」もある。
  • 丑の方は北基準右廻り30°(北東よりやや北、北北東よりやや東、北東微北よりやや北)の方角である。
  • 基本性質の五行に関しては諸説があり、古典などでは冬季に属することから水気(土用時は土旺)とされていたり[1]、後世の一部識者などの考察では土気に属する(根拠や裏付けは不明)といった説などが存在している[2][3]六星占術では丑が欠如している子丑天中殺を「水星人」(水性である子丑が欠けている)として丑の五行を水性扱いとし、未が欠如している午未天中殺を「火星人」(火性である午未が欠けている)として未の五行を火性扱いとしている(天中殺算命学殺界六星占術を参照)。
  • 蔵干は本気が、中気が、余気が
  • 陰陽は陰である。

伝承編集

漢書』律暦志によると丑は「紐」(ちゅう:「ひも」「からむ」の意味)。芽が種子の中に生じてまだ伸びることができない状態を表しているとされ、指をかぎ型に曲げて糸を撚ったり編んだりする象形ともされる。

後に覚え易くするために動物の牛が割り当てられた。

相場格言に「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ。戌は笑い、亥固まる、子は繁栄、丑はつまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる」があり、丑年の相場は俗に一段落するといわれる[4]

丑を含む干支編集

脚注編集

  1. ^ 余春台『窮通宝鑑』
  2. ^ 三木照山『四柱推命学の完全独習』
  3. ^ 稲田義行『十二支読本』
  4. ^ 金融市場NOW Financial Market Review vol.121 ニッセイアセットマネジメント、2020年1月13日閲覧。

関連項目編集