メインメニューを開く

世界らん展-花と緑の祭典-(英名:Japan Grand Prix International Orchid and Flower Show、以下世界らん展)は、日本における大規模国際園芸展示会であり、代表的な蘭展。

世界らん展-花と緑の祭典-
Japan Grand Prix International Orchid and Flower Show
世界らん展日本大賞2012シンボルタワー
世界らん展日本大賞2012シンボルタワー
イベントの種類 展示会(園芸展示会・蘭展)
通称・略称 世界らん展、JGP
正式名称 世界らん展-花と緑の祭典-
旧イベント名 世界らん展日本大賞
開催時期 2月中旬から下旬
初回開催 1991年2月23日 - 3月2日
会場 東京ドーム東京都文京区
主催 世界らん展実行委員会(読売新聞社NHK、世界らん展組織委員会、東京ドーム
後援 農林水産省環境省東京都、アメリカ蘭協会(AOS)、英国王立園芸協会(RHS)、世界蘭会議委員会(WOC)
協賛 資生堂、三松、ヤナセ東日本旅客鉄道三井住友信託銀行旭化成ホームズTOTO万田発酵ユニ・チャーム、まごころ畳
協力 アートネイチャーキーコーヒーパルシステム生活協同組合連合会、ピーロート・ジャパン、プレミアムウォーター日比谷花壇、HOKKAIDOフェス(中小企業庁)、リロバケーションズ、日本洋蘭農業協同組合、日本花き生産協会、日本洋蘭生産協会、日本東洋蘭協会、日本フラワーデザイナー協会JFTD、園芸文化協会、日本花普及センター、日本生花商協会、日本花き卸売市場協会、日本家庭園芸普及協会、プリザーブドフラワー全国協議会、日本ハンギングバスケット協会、フジテレビフラワーネット、各蘭愛好家団体
運営 世界らん展運営委員会事務局(株式会社東京ドーム内)
出展数 約20か国・地域
来場者数 1開催約12万、累計約998万
最寄駅 水道橋駅JR東日本中央総武線都営地下鉄三田線
後楽園駅東京メトロ丸ノ内線南北線
駐車場 なし(近傍にタイムズの有料駐車場が670台分)
公式サイト
世界らん展日本大賞2012会場風景(東京ドーム)

目次

概要編集

内容・規模編集

毎年1回、2月中旬から下旬(3月初旬までの場合もある)の7〜9日間、東京都文京区の東京ドームで開催される。
展示には洋蘭東洋蘭シュンランカンラン等)、日本の蘭(エビネセッコク等)など、世界約20ヶ国から約3000種10万株のラン科植物を中心に様々な植物が集まる。また会場内には100店以上の販売ブースが設けられ、植物の苗、切花、栽培用素材・器具、書籍、植物をモチーフとした雑貨、工芸品、化粧品、菓子などが販売される。期間中の来場者数は延べ約12万人である。

開催地固定型の蘭展としては、サンタバーバラ国際蘭展(Santa Barbara International Orchid Show)、マイアミ国際蘭展(Miami International Orchid Show)や台湾国際蘭展(Taiwan International Orchid Show)などとともに、世界最大級の規模を誇る。

開会式と内覧会編集

開催前日に各部門の審査が行われ受賞者が決定する。開催初日の午前(10:00頃)に、主催・協賛者、出品者、来賓など関係者の出席で開会式が行われ大賞受賞者が表彰される。

開会式後は「内覧会」(10:45頃〜12:00)が開催され、来賓、招待者が観覧する。2000年2月25日には天皇皇后行幸した。2010年2月12日にも行幸の予定であったが体調不良のため2月8日宮内庁が取り止めを発表し、皇后のみによる行啓となった。

審査部門編集

全5部門に分けて作品を審査し、賞金総額は最大 1153万円である。各部門の概要は以下の通り。

【部門1】個別部門編集

 
JGP2012【部門1】優秀賞・WOC特別賞
Sud. jimenezii 'Wakakusa'
関口 律郎 (アボウオーキッド)
 
JGP2012【部門1】優良賞・RHS特別賞
Rhy. gigantea 'Spring Fire'
高 水恩 (清華蘭園)
 
JGP2012【部門1】奨励賞・AOS特別賞
Cym. goeringii '福の光'
永納 尚武
  • 審査対象:洋蘭、東洋蘭、日本の蘭など、あらゆる蘭を対象に花そのものを審査。形態は、鉢物、切り花、葉芸物。この部門の最優秀賞が「日本大賞」となる。
  • 選出法:全出品作品を41のカテゴリーに分類してリボン審査を実施。リボン審査でブルーリボン賞(各カテゴリーでの第1席)に選出された41作品がトロフィー賞を受賞。そこから部門賞が18作品(日本大賞1・優秀賞1・優良賞1・奨励賞15)選出される。
  • 賞金:日本大賞200万円[副賞:メルセデス・ベンツヤナセ提供)]、優秀賞50万円、優良賞20万円、 奨励賞3万円 (部門総額315万円)
  • メダル審査:全出品作品を絶対評価で採点審査。

    ・ GM(金賞・ゴールドメダル)
    ・ SM(銀賞・シルバーメダル)
    ・ BM(銅賞・ブロンズメダル)
    ・ CCM(栽培賞)

  • 海外特別賞:ブルーリボン賞(日本大賞は除く)の中から選出。

    ・ AOS特別賞(最も優れた東洋蘭及び日本の蘭の栽培賞)
    ・ RHS特別賞(最も優れた洋蘭の栽培賞)
    ・ WOC特別賞(最も優れた蘭の原種)

【部門2】フレグランス部門編集

 
JGP2012【部門2】最優秀賞
Cym. goeringii '白雲'
折田 賢一 (萠春園)
  • 審査対象:洋蘭、東洋蘭、日本の蘭などあらゆる蘭の香りを対象に審査。形態は、鉢物及び切り花。
  • 選出法:2グループ(「洋蘭グループ」「東洋蘭・日本の蘭グループ」)11カテゴリーに分類して全作品を審査。グループ別に各10作品ずつ、計20作品のリボン賞を選出。リボン賞の中からグループ別に各4作品ずつ、計8作品がトロフィー賞を受賞。そこから部門賞が5作品(最優秀賞1・優秀賞1・優良賞1・奨励賞2)選出される。
  • 賞金:最優秀賞20万円、優秀賞10万円、優良賞5万円、奨励賞2万円 (部門総額39万円)
  • 特別賞:香りのよい蘭の発見と作出を奨励する賞

【部門3】ディスプレイ部門編集

 
JGP2012【部門3】〈愛好家クラス〉最優秀賞
「長生艸 未来への調和」
少名彦らん遊会
 
JGP2012【部門3】〈オープンクラス〉最優秀賞
「蘭の森」
岐阜県立恵那農業高等学校
  • 審査対象:蘭を主体としたディスプレイを審査。
  • 愛好家クラス選出法:愛好家団体による作品の中からトロフィー賞を選出し、そこから部門賞が最大14作品(最優秀賞1・優秀賞1・優良賞2・奨励賞10)選出される。
  • オープンクラス(ショーディスプレイ)選出法:愛好家に該当しない者による作品の中からトロフィー賞を選出し、そこから部門賞が最大14作品(最優秀賞1・優秀賞1・優良賞2・奨励賞10)選出される。
  • オープンクラス(ライフスタイルディスプレイ)選出法:愛好家に該当しない者による「花と緑のある生活空間を演出した作品」の中からトロフィー賞を選出し、そこから部門賞が最大14作品(最優秀賞1・優秀賞1・優良賞2・奨励賞10)選出される。
  • 海外奨励賞:海外からの出展作品のうち、トロフィー賞以下から選出。
  • 賞金:部門総額最大720万円

【部門4】フラワーデザイン部門編集

 
JGP2012【部門4】最優秀賞
「Sparkling 〜跳び交う蘭の力〜」
飯野 正永
  • 審査対象:蘭を主たる素材としてデザインされたフラワーデザイン作品を「ウェディングブーケ」「アレンジメント」「ビクトリーブーケ」に分類し、審査する部門(生花のみ)。
  • 選出法:3カテゴリーの一般公募作品からトロフィー賞12作品を選び、そこから部門賞が6作品(最優秀賞1・優秀賞1・優良賞1・奨励賞3)選出される。予備審査はなく申込先着順で受付となる。
  • 賞金:最優秀賞20万円[副賞:振袖(三松提供)] (部門総額44万円)

【部門5】ハンギングバスケット部門編集

 (JGP2018 に新設)

  • 審査対象:蘭の花を取り入れてデザインされたハンギングバスケットを審査する部門。
  • 選出法:8作品のトロフィー賞から部門賞が3作品(最優秀賞1・優秀賞1・優良賞1)選出される。予備審査はなく申込先着順で受付となる。
  • 賞金:最優秀賞20万円 (部門総額35万円)

過去に存在した審査部門編集

アート部門編集

 
JGP2012【アート部門】最優秀賞
「朝靄の中で」
隈本 妙子

 JGP91 から 美術工芸審査部門 として実施、JGP2014 から アート審査部門 へと改称、JGP2019 において廃止。

  • 審査対象:蘭を題材、素材にした美術工芸品を「絵画」「ボタニカルアート」「写真」「アートフラワー」「プリザーブドフラワー」「押し花・ドライフラワー」「各種工芸」に分類し、審査した部門(生花使用不可)。

ミニチュアディスプレイ部門編集

 
JGP2012【ミニチュアディスプレイ部門】最優秀賞
「夢のつづき」
森山 みちよ

 JGP97 に 寄せ植え審査部門 として新設、JGP2012 から ミニチュアディスプレイ審査部門 へと改称、JGP2019 において【部門3】ディスプレイ部門に統合。

  • 審査対象:蘭の鉢花と他の植物、オーナメント(装飾品)などの混合寄せ植えを審査した部門。

直近の開催予定(JGP2020)編集

開催期日・公開時間編集

開会式編集

2020年2月14日(金)

  • 開会式・表彰式 10:00〜10:45
  • 内覧会       10:45〜12:00

一般公開編集

2020年2月14日(金)〜2月21日(金) (8日間)

  • 14日        12:00〜21:00
  • 15,18,19,20日  10:00〜21:00
  • 16,17,21日    10:00〜17:30

歴史編集

世界らん展は旧イベントを継承しつつ現時点までに29回の開催実績がある、これは日本国内の国際蘭展としては沖縄国際洋蘭博覧会(33回)に次ぐ長い歴史である。世界的に見ればサンタバーバラ国際蘭展が73回、マイアミ国際蘭展が72回の開催実績を持つのに対して短いが、日本の蘭展の歴史の中で最も重要な位置を占めている。初回以来開催規模は年々拡大し、1991年に6万株だった展示は13年後の2004年には10万株に達したが、それ以降の近年では整理縮小傾向が見られる。

第12回世界蘭会議(12thWOC)編集

世界蘭会議(または 蘭・世界会議、WOC、World Orchid Conference) は国際的で大規模な蘭の祭典であり、園芸植物の展示会としては、フロリアード(オランダ)、チェルシーフラワーショウ(イギリス)と並び称される規模を持つ。

開催国を変えて3年ごとに行われるその形態ゆえに「蘭のオリンピック」とも称され、専門家が学術的な研究発表を行う「会議部門」と、蘭の展示品評を行う「展示部門」の2部門からなる。

第12回は1987年に日本で開催された。会議部門は3月19日〜21日(3日間)東京都新宿区の小田急ホテルセンチュリーハイアットを、展示部門は3月18日〜25日(8日間)神奈川県川崎市の小田急向ヶ丘遊園を会場とし、世界21ヶ国から出品された30,000株の蘭を展示した。展示会場は一般来場者で連日盛況となり、期間中の来場者数は主催者側が当初予想した25万人を大きく上回り40万人に達した。洋蘭と東洋蘭が一堂に会する画期的な展示内容は特に海外からの来賓に強い印象を与えた。こうして第12回世界蘭会議がイベントとして成功を収めた事が世界らん展開催の契機要因のひとつとなった。

現在でも世界蘭会議委員会は世界らん展の重要な後援組織であり、2005年からは「最も優れた蘭の原種」にWOC特別賞が贈られている。

以下に大賞受賞花とその出品者の一覧を記す。

種名 個体名 交配親 出品者
(所属)
グランド
チャンピオン
Paph. micranthum 'Kamiyama' 原種 神山 信雄
リザーブ
チャンピオン
(第1席)
Den. Hawaiian King 'Giant' Hawaiian Spectacular
 × Formidible
山本 二郎
(山本デンドロビューム園)
リザーブ
チャンピオン
(第2席)
Phal. Orchid World 'Bonnie Vasquez' Malibu Imp
 × Deventeriana
George Vasquez
(Zuma Canyon Orchids)

Japan Prize 蘭 International Orchid Show'89(JP89)編集

Japan Prize は世界らん展の前身となった大規模国際蘭展であり、その内容は世界蘭会議から展示部門を切り出して拡張・発展させたものである。第12回世界蘭会議の成功を一度限りのものにせず、蘭を通じた国際交流をより活発に行うために企画された。世界らん展の基本的な開催形態はほぼここで定まった。

企画・運営は日本コンベンションサービス株式会社が担当。1989年2月10日〜19日の10日間(公開時間 9:00〜21:00)東京ドームにて開催され、57,000株の蘭を展示し約43万人の来場者数を記録した。

画期的な試みとして、花の香りを審査する「フレグランス部門」が創設された。この部門は後の世界中の蘭展に影響を与え、早速翌1990年の第13回オークランド世界蘭会議(ニュージーランド)にも導入された。

この Japan Prize の開催により、「温度・湿度が厳重に管理された大規模園芸展示会」の運営ノウハウが更に蓄積され、翌年の国際花と緑の博覧会へと活用されていった。

以下に大賞受賞花とその出品者の一覧を記す。

種名 個体名 交配親 出品者
(所属)
グランド
チャンピオン
Lyc. skinneri 'Pink Lemonade' 原種 五島 正
(五島園芸)
リザーブ
チャンピオン
Paph. rothschildianum 'Tiger March' 原種 高橋 靖昌
(東京オーキット・ナーセリー)

世界らん展日本大賞(JGP91〜JGP2018)編集

1989年のJapan Prize の開催後に日本コンベンションサービスが撤退したため、主催・運営組織を一新した上で1991年から2018年まで東京ドームにて開催された大規模国際蘭展。

企画・運営編集

開催摘要編集

以下に開催期日、開催日数、参加国数、展示株数、来場者数の一覧を記す。

開催期日(除 内覧会) 開催日数 参加国数 展示株数 来場者数
JGP91 1991年2月23日(土)〜3月2日(土) 8日間 28 60,000 410,900
JGP92 1992年3月1日(日)〜3月8日(日) 8日間 21 65,000 430,100
JGP93 1993年2月28日(日)〜3月7日(日) 8日間 22 65,000 437,500
JGP94 1994年2月20日(日)〜2月27日(日) 8日間 17 65,000 426,700
JGP95 1995年2月18日(土)〜2月26日(日) 9日間 23 68,000 447,000
JGP96 1996年2月24日(土)〜3月3日(日) 9日間 24 68,000 461,600
JGP97 1997年2月22日(土)〜3月2日(日) 9日間 27 72,000 448,090
JGP98 1998年2月21日(土)〜3月1日(日) 9日間 26 78,000 458,590
JGP99 1999年2月20日(土)〜2月28日(日) 9日間 24 80,000 465,457
JGP2000 2000年2月26日(土)〜3月5日(日) 9日間 23 80,000 468,976
JGP2001 2001年2月24日(土)〜3月4日(日) 9日間 20 80,000 448,072
JGP2002 2002年2月23日(土)〜3月3日(日) 9日間 19 80,000 471,043
JGP2003 2003年2月22日(土)〜3月2日(日) 9日間 21 80,000 447,804
JGP2004 2004年2月21日(土)〜2月29日(日) 9日間 23 100,000 462,195
JGP2005 2005年2月19日(土)〜2月27日(日) 9日間 24 100,000 435,616
JGP2006 2006年2月18日(土)〜2月26日(日) 9日間 23 100,000 440,158
JGP2007 2007年2月24日(土)〜3月4日(日) 9日間 25 100,000 434,216
JGP2008 2008年2月23日(土)〜3月2日(日) 9日間 20 100,000 417,283
JGP2009 2009年2月14日(土)〜2月22日(日) 9日間 22 100,000 390,322
JGP2010 2010年2月13日(土)〜2月21日(日) 9日間 19 100,000 203,364
JGP2011 2011年2月19日(土)〜2月27日(日) 9日間 20 100,000 197,279
JGP2012 2012年2月18日(土)〜2月26日(日) 9日間 20 100,000 183,114
JGP2013 2013年2月16日(土)〜2月24日(日) 9日間 20 100,000 178,947
JGP2014 2014年2月15日(土)〜2月23日(日) 9日間 20 100,000 139,584
JGP2015 2015年2月14日(土)〜2月22日(日) 9日間 23 100,000 148,762
JGP2016 2016年2月13日(土)〜2月19日(金) 7日間 19 100,000 135,459
JGP2017 2017年2月11日(土)〜2月17日(金) 7日間 19 100,000 133,474
JGP2018 2018年2月17日(土)〜2月23日(金) 7日間 21 100,000 118,827

広報活動編集

広告の意匠は、1993年から2005年まではほぼ統一され大きな変化が見られなかったが、2006年から2008年にかけてポスターデザインの一般公募が行われて以降は毎年大幅に変化するようになった。公募で入選したデザインはポスターの他に中吊広告、新聞広告、チラシ、チケットにも用いられた。

以下に開催テーマ(広報フレーズ)とポスターデザイン公募入選者の一覧を記す。

開催テーマ(広報フレーズ) ポスターデザイン
JGP2006 あでやかに蘭の絵巻、開く。 柳 あや
JGP2007 蘭に秘める、ギリシャの神話。 馬頭 亮太
JGP2008 蘭がある。伝えたいことがある。
 大切なあの人へ届けたいオーキッド・メッセージ。
内尾 健司

来場者人気投票編集

2011年開催期間中、【部門3】ディスプレイ審査部門 を対象に、来場者による人気投票が行われた(投票期間:2月19日〜24日、結果発表:2月25日、副賞:大塚製薬提供)。

以下に得票上位の作品名とその出展者の一覧を記す。

作品名 出展者 得票数
(総投票数:3661票)
第1位 「夢ン中」 武井 日出雄 845票
第2位 「早春」 つくば洋蘭会 236票
第3位 「水辺」 岐阜県立恵那農業高等学校 182票

大賞受賞花編集

以下に大賞受賞花とその出品者の一覧を記す。

写真 種名
'個体名'
交配親 出品者
(所属)
JGP91 C. loddigesii
'Yoranda Nakazone'
原種 江尻 光一
(須和田農園)
JGP92 Cym. Lovely Bunny
'Othello'
Sleeping Beauty
 ×
Yamba
向山 武彦
(向山蘭園)
JGP93 Paph. Royal Wedding
'Dogashima'
Transvaal
 ×
niveum
内田 熊一
(堂ヶ島洋らんセンター)
JGP94 Paph. Cover Story
'Koga'
Magic Mood
 ×
armeniacum
江尻 光一
(須和田農園)
[2回目]
JGP95 Paph. Knight's Chalice
'Mem. Nobuyuki Hanajima'
Great Western
 ×
White Knight
花島 信
(ハナジマオーキッド)
JGP96 Blc. Chia Lin
'Shin Shyn'
Oconee
 ×
Maitland
黄 瑋熏
(建安蘭園)
JGP97 Rhy. gigantea
'Tokai Spot'
原種 坂 実
(東海オーキット)
JGP98 Phal. Cygnus
'Renaissance'
Tokyo Bridal
 ×
Silky Moon
渡辺 尚一
(国分寺洋蘭園)
JGP99 Lyc. Shoalhaven
'Kyoto'
skinneri
 ×
Koolena
五島 正
(五島園芸)
JGP2000 Masd. coccinea
'Mark Daniel'
原種 上田 公生
JGP2001 Lyc. skinneri
'Mt. Oku Iou'
原種 指江 正敏
JGP2002 Dtps. Sweet Wine
'Empress'
Happy Valentine
 ×
Phal. Hsinying Camp
渡辺 大之
(国分寺洋蘭園)
JGP2003 Paph. Rolfei
'Kobe 2000'
bellatulum
 ×
rothschildianum
延原 修
(延原洋らん園)
JGP2004 Phal. Faith
'White Knight'
Hanabusa
 ×
Frozen Polaris
渡辺 大之
(国分寺洋蘭園)
[2回目]
JGP2005 Den. cuthbertsonii
'Gold Mountain'
原種 古山 勝己
JGP2006 Masd. Tuakau Candy
'Lovely'
yungasensis
 ×
triangularis
藩 世英
JGP2007 Den. goldschmidtianum
'Koizumi'
原種 小泉 進
JGP2008 Eul. roempleriana
'Yoko Y.Saitoh'
原種 斉藤 正博
JGP2009 Lyc. Shoalhaven
'Yoko's Delight'
Shoalhaven
'A-20' × 'Kyoto'
斉藤 正博
[2回目]
JGP2010 Den. fimbriatum var. oculatum
'Long Well'
原種 永井 清
JGP2011 Coel. cristata f. hololeuca
'Pure White'
原種 江尻 光一
(須和田農園)
[3回目]
JGP2012 Den. nobile
'Hatsue'
原種 大塚 初枝
JGP2013 Phrag. kovachii
'Second Smile'
原種 斉藤 正博
[3回目]
JGP2014 Epi. atacazoicum
'Mt. Iizuna'
原種 粟野原 潤
(粟野原園芸)
JGP2015 Den. smillieae
'Spirit of Zama'
原種 加藤 春幸
(座間洋らんセンター)
JGP2016 Paph. Emerald Future
'Galaxy'
Stone Lovely
 ×
Martian Man
高橋 靖昌
(東京オーキット・ナーセリー)
JGP2017 Den. glomeratum
'Long Well'
原種 永井 清
[2回目]
JGP2018 Gram. martae
'Mass's'
原種 斉藤 正博
[4回目]

世界らん展-花と緑の祭典-(JGP2019〜)編集

世界らん展日本大賞からの連続性を保持した上で展示内容の革新を図る後継イベントであり、引き続き東京ドームにて2019年から開催された。ラン科植物を主軸に据えながら他の多様な園芸植物にも門戸を開き、園芸展示会としての充実を目指す。

企画・運営編集

開催摘要編集

以下に開催期日、開催日数、参加国数、展示株数、来場者数の一覧を記す。

開催期日(除 内覧会) 開催日数 参加国数 展示株数 来場者数
JGP2019 2019年2月15日(金)〜2月22日(金) 8日間 18 100,000 136,236
JGP2020 2020年2月14日(金)〜2月21日(金) 8日間

大賞受賞花編集

以下に大賞受賞花とその出品者の一覧を記す。

写真 種名
'個体名'
交配親 出品者
(所属)
JGP2019 Paph. Emerald Gate
'Green Globe'
Emerald Sea
 ×
Shun-Fa Golden
櫻井 一

事件・事故編集

2009年大量盗難事件

高松市の蘭園経営の男性が開催に備えて2009年2月11日午後7時ごろまでに外野席下の保管部屋に約140株のランを搬入したが、12日午後1時に保管部屋に行ったところ、54株(計100万円相当)が無くなっていた。この男性は警視庁富坂署に窃盗事件として被害届を提出した[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “出品した54鉢を紛失-世界らん展日本大賞”. ZAKZAK (産経デジタル). (2009年2月24日). http://www.zakzak.co.jp/top/200902/t2009022436_all.html 2011年9月11日閲覧。 

参考文献編集

  • 『洋ラン大全』(2018年1月 誠文堂新光社 書籍
  • 『中国野生ラン図鑑』(2008年2月 オーム社 書籍)
  • 『世界観賞用野生ラン』(2017年3月 オーム社 書籍)
  • 『蘭の世界'92』〜『蘭の世界2002』(1992年〜2002年  読売新聞社 ムック
  • 『趣味の洋ラン new ORCHIDS』(1984年〜2012年  新企画出版局 雑誌

関連項目編集

外部リンク編集