メインメニューを開く

世界・炎の博覧会(せかい・ほのおのはくらんかい)は、1996年(平成8年)7月19日から同年10月13日まで開催された地方博覧会である。正式名称は「ジャパンエキスポ佐賀'96 世界・炎の博覧会」。

世界・焱の博覧会
WORLD CERAMICS EXPOSITION IN SAGA 96
博覧会で展示終了後、 佐賀空港にて展示されていた有田焼カラクリ人形
博覧会で展示終了後、
佐賀空港にて展示されていた有田焼カラクリ人形
イベントの種類 地方博覧会
通称・略称 世界炎博
正式名称 ジャパンエキスポ佐賀'96
世界・焱の博覧会
開催時期 1996年7月19日
10月13日
会場 佐賀県西松浦郡
有田町黒川
(有田会場)
九州陶磁文化館
吉野ヶ里歴史公園
(吉野ケ里サテライト会場)
主催 世界炎の博覧会
実行委員会
プロデューサー 平野繁臣
出展数 3 2館(内有田会場23館)
来場者数 255万人(目標120万人)
最寄駅 松浦鉄道世界炎博駅
(有田会場)

博覧会名称ロゴの「炎」の字は異字体の「」(「火」を「森」のように3つ重ねた文字)が使用された。

概要編集

会場編集

佐賀県西松浦郡有田町及び西有田町に跨がって造成された有田会場をメインとして佐賀県内に3ヶ所の会場が設けられた他、同県内外の九州北部の陶磁器にゆかりのある地域や集客が見込まれる施設に地域サテライト会場が設けられた。地域サテライト会場については市町村名の後に主な会場の場所を記す。

主要会場


地域サテライト会場

その他編集

  • 来場者数は約255万人。事前見込みの120万人を大きく上回った。
  • キャッチフレーズは「燃えて未来」。
  • マスコットキャラクターはやきもの窯の炎をモチーフにした「セラミー」。
  • テーマソングは県出身・在住のミュージシャン木原慶吾による「燃えて未来へ」。
  • 本博覧会の記念切手が1996年5月17日に九州地域に限定して発売された。
  • 当時 ジャパンフットボールリーグ所属でJリーグ準会員だった鳥栖フューチャーズの胸スポンサーとして開催がアピールされていた。

交通編集

終了後編集

  • 有田会場跡地(約12万3千m2)は再整備され、「歴史と文化の森公園」としてオープンした。公園内には博覧会テーマ館を転用した「炎の博記念堂」と岡本太郎作のモニュメントが残されている。

外部リンク編集