メインメニューを開く

世界長ユニオン

日本の靴販売会社

世界長ユニオン株式会社(せかいちょうユニオン)は、東京都江戸川区に本社を置く、オカモトグループのシューズ販売会社である。その源流で前身の世界長株式会社は大阪証券取引所に上場していた。創業地大阪市北区中津の本社や兵庫県西宮市の工場跡地はマンションが建つ。

世界長ユニオン株式會社
SECAICHO UNION CORPORATION
種類 株式会社
市場情報 非上場
大証1部(廃止) 5143
1962年 - 2003年
略称 セカイチョー
本社所在地 日本の旗 日本
132-0035
東京都江戸川区平井7-12-8
オカモト平井ビル
設立 2010年10月1日
業種 卸売業
法人番号 2010001039431
事業内容 シューズの輸出入及び国内販売
代表者 代表取締役社長 万城目賢二
資本金 9,800万円 
売上高 47億円(2005年度実績)
従業員数 108名
決算期 3月
主要株主 オカモト株式会社 (100%)
外部リンク http://www.secaicho-union.jp/
特記事項:創業は1919年
テンプレートを表示
今も地方都市の靴店店頭に残る「セカイチョー靴」のレトロ看板

海外ブランド FILA、PRO-Kedsやアムトラなどの輸入販売、オカモトオリジナルブランド「ドクターアッシー」などを販売している。オカモトのシューズ事業部門時代にオカモトオリジナルハイプレイヤーなども国内製造も含めて扱った。

かつては三和グループのメンバーであり三和系企業で設立されたみどり会のメンバーだったが[1]、その後芙蓉グループのメンバーであるオカモトの傘下に入りみどり会を退会した。

沿革編集

  • 1919年 - 大阪府西成郡豊崎町(現在の大阪市北区)に大阪ゴム底足袋株式会社を設立、中井熊太郎創業
  • 1937年 - 世界長ゴム株式会社に商号変更、「中小企業の集まりでも力を合わせれば、世界の長になれる」から
  • 1961年 - 大証2部に上場。(上場当時の証券コードは5143)
  • 1962年 - 大証1部に上場。
  • 1964年 - 世界長株式会社に商号変更。
  • 2003年 - 子会社4社とともに会社更生法の適用を申請。
  • 2004年 - オカモト化成品販売株式会社が吸収分割により世界長株式会社からシューズ事業を承継し、世界長株式會社に商号変更。東証1部上場のオカモトの100%子会社となる。
  • 2007年 - オカモトのシューズ販売部門を世界長に統合。
  • 2010年 - 紳士靴メーカーのユニオン・ロイヤル株式会社と合併、現社名「世界長ユニオン」に商号変更、本社も東京都江戸川区へ移転し現在に至る。

オリジナル商品編集

TOPAZ(トパーズ)
婦人用コンフォートシューズ。3Eワイズ。靴底にコルクラバーを使用。中敷に低反発素材を使用。
Dr.ASSY(ドクターアッシー)
メンズ本革コンフォートシューズ。3Eワイズ。靴底に軽量EVAとラバーを使用。エアー・ベンチレーション採用。
リビットキッズ
キッズシューズ。バイオメカニクスにより理想的な骨格形成を促す。
Panther(パンサー)
1964年に登場した国産スポーツスニーカー。ジャガー・クーガー・オニツカタイガーなど同様に国産のスニーカーとして大変人気があった。柏原芳恵がCMを担当。一時販売終了していたが2016年に復活。

販売終了商品編集

グッピー
子供向けスリッポン。男子用(白・紺)と女子用(白・赤)があり、独自のキャラクターの小さなワッペンが甲に貼付され、中敷にグッピーの図柄があしらわれていた。15〜23cmの設定。
ビニールロダン
学童向け前ゴムシューズ。15〜24.5cmの設定。
世界長地下タビ
大阪ゴム底足袋時代から「世界長」ブランドを付けた地下足袋。

脚注・出典編集

外部リンク編集