並河健

日本の政治家

並河 健(なみかわ けん、1978年12月26日 - )は、日本政治家外交官奈良県天理市長(3期)。

並河 健
なみかわ けん
生年月日 (1978-12-26) 1978年12月26日(42歳)
出生地 日本の旗 大阪府箕面市
出身校 東京大学法学部
カイロ大学大学院政治経済学部ディプロマ課程
ジョージタウン大学外交大学院修士課程
前職 外交官
所属政党日本維新の会→)
無所属→)
自由民主党
公式サイト なみかわ健(並河健) オフィシャルサイト

天理市旗 第8代 奈良県天理市
当選回数 3回
在任期間 2013年10月28日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

大阪府箕面市生まれ[1]東大寺学園中学校・高等学校を卒業後、防衛大学校国際関係学専攻に入学するが、1998年に2年次で中退した[2]2003年3月に東京大学法学部を卒業(北岡伸一のゼミに所属していた)し、同年4月に外務省に入省[2]2007年カイロ大学大学院政治経済学部ディプロマ課程を、2008年ジョージタウン大学外交大学院修士課程をそれぞれ修了した[2]。2008年5月より在エジプト日本国大使館二等書記官2011年12月、退官。退官後の翌2012年1月から11月まで、電通で戦略プランナーを務めた[2]

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙奈良2区から日本維新の会公認で出馬したが、自由民主党前職の高市早苗に敗れ、次点で落選した。その後、日本維新の会奈良県第2選挙区支部が解散されたのに伴い離党[3]

2013年6月18日、天理市長の南佳策が次期市長選への不出馬を表明[4]6月20日、並河は天理市長選への出馬を表明した。同年10月20日に行われた市長選挙は、南市長の支援を受けた並河と元民主党系県会議員、自由民主党の推薦候補の三つどもえとなったが、並河が初当選した(10月28日、市長就任[5])。

※当日有権者数:52,158人 最終投票率:55.61%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
並河健34無所属11,114票38.65%
藤本昭広67無所属9,048票31.47%
瀧谷宗宏57無所属8,590票29.88%

就任後は自民党天理支部の顧問となり、国政県政との連携をアピールして市政を推進した。

2017年、無投票で再選。出陣式には奈良県知事の荒井正吾の他、高市早苗堀井巌など自民党国会議員が出席した[6]。2021年、無投票で3選。

人物編集

  • 2013年の市長選では自民党の推薦候補と戦ったが、その後、擁立した奈良県議会議員の岩田国夫が支部長を務める自民党天理支部の顧問に就任した。
  • 2014年第47回衆議院議員総選挙では、2年前の総選挙で議席を争った高市早苗の支援に回った。
  • 2015年奈良県知事選挙では、3選を目指して出馬した荒井正吾知事を支持する「あらい正吾を応援する若侍の会」の結成に参加した(メンバーは並河の他、東川裕御所市長や森下豊橿原市長ら、県内の若手首長)。同年4月12日に選挙は執行され、荒井は生駒市長を辞職して立候補した山下真を破り、3選を果たした。
  • 2017年2月と6月の出張時、宿泊したホテルで性的マッサージサービスを利用したと週刊誌が報道した。同日、並河は報道陣に対し事実であると認め「道徳的に適切でなく、不徳の致すところ」と陳謝した[7][8]。早期の謝罪会見や市内対策により、騒動は沈静化し、天理市では21年ぶりの無投票再選を果たした[9]。2020年には、新型コロナ対策の最中にTwitterで当時を振り返り「自分の愚かさ、未熟さを思い知り学ばせて頂いて今の自分があると考えております。こんな私に引き続き仕事をさせて頂いている天理の皆様の不安と困難をいささかでも和らげるために、私はとにかくあらゆる努力を尽くさなければならないと思っております」と述べている。
  • 再選後には、天理市内山間部の古民家に家族で移住し、空き家対策とスローライフを実践していることが報じられた[10]

市政編集

  • 2017年9月の再選後は、なら国際映画祭の上映作品誘致[11]や、全国初の事例となる成果報酬型の認知症予防事業を公文教育研究会慶應義塾大学と成功させるなど活動を活発化させている[12]
  • 新型コロナ対策では、市内店舗の買い物券やテイクアウト・デリバリーの利用券[13]の全戸配布、大学生による受験生支援[14]など、独自の政策を実施。自治体ごとで給付ペースに差があると全国的に批判も高まった特別定額給付金では、天理市の作業状況や入金日を市長がSNSで速報するなどして注目された[15]
  • 2020年8月、天理大学ラグビー部で60名を超える新型コロナ集団感染が発生し、天理大学生に対して教育実習の受入れ停止やアルバイトの雇止めが多発した[16]。並河は、天理大学学長の永尾教昭と共同記者会見を行い、これらを「不当な扱い」「社会を分断させる差別につながる」として是正を呼びかけ、全ての教育実習生の派遣再開を実現した[17][18]。また、大学側に謝罪を求める声が相次いだ事態を受けて、「コロナ禍は不安から周囲を過度に警戒し、お互いにけん制し、傷つけ合う心の問題だ」「えたいの知れない世間様に謝れと言う日本独特の圧力が、停滞している社会経済をより苦しめる」「不安感から他者を排除することによって、自分たちでコロナ禍を深めている」と朝日新聞全国版などに寄稿し、賛否を呼んだ[19]
  • 2021年4月1日、性的少数者LGBTなど)の同性カップルに結婚に相当する関係を認める「パートナーシップ宣誓制度」を導入した[20]

脚注編集

  1. ^ 天理市長/天理市ホームページ
  2. ^ a b c d プロフィール - なみかわ健(並河健)オフィシャルサイト
  3. ^ “自民王国、圧巻復活劇 - 【2区】高市さん圧勝、笑顔【4区】田野瀬さん初V”. 奈良新聞. (2012年12月17日). http://www.nara-np.co.jp/sp/20121217091451.html 2016年11月20日閲覧。 
  4. ^ “注目の天理市長選 - 編集委員 辻 恵介”. 奈良新聞. (2013年6月21日). http://www.nara-np.co.jp/20130621091856.html 2015年7月15日閲覧。 
  5. ^ 任期満了日一覧/奈良県公式ホームページ
  6. ^ “天理市長 並河氏が再選 無投票”. 読売新聞. (2017年9月25日). http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20170925-OYTNT50003.html 2017年9月25日閲覧。 
  7. ^ “選挙前、週刊誌で「公務出張中に性的サービス利用」報道の天理市長「不徳の致すところ」”. 産経新聞. (2017年8月31日). http://www.sankei.com/west/news/170831/wst1708310057-n1.html 2017年8月31日閲覧。 
  8. ^ “東京出張中に派遣型風俗2回、天理市長が謝罪”. 読売新聞. (2017年8月31日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20170831-OYT1T50065.html 2017年8月31日閲覧。 [リンク切れ]
  9. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年10月3日). “「支え合える街、天理に」再選の並河市長が初登庁で決意 奈良”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/region/news/171003/rgn1710030054-n1.html 2018年8月14日閲覧。 
  10. ^ 奈良のタウン情報ぱーぷる1-2月号”. 日刊Webタウン情報ぱーぷる. 2019年2月4日閲覧。
  11. ^ 天理市舞台の映画公開へ-「二階堂家物語」- | JOYOUSLIFE(ジョイアスライフ) - あなたが陽気に 世界を陽気に”. JOYOUSLIFE (2019年1月23日). 2019年2月4日閲覧。
  12. ^ 記者発表会の様子 | KUMON”. www.kumon-lt.co.jp. 2019年2月4日閲覧。
  13. ^ Corporation, Asahi Television Broadcasting. “独自の新型コロナウイルス対策は「おうちごはん券」 天理市が売り上げ減少の飲食店をサポート”. www.asahi.co.jp. 2020年8月27日閲覧。
  14. ^ 新型コロナ 天理市が塾開講 中学3年生を応援 大学生雇って一石二鳥 /奈良”. 毎日新聞. 2020年8月27日閲覧。
  15. ^ 新型コロナ 給付金の疑問、SNSで発信 天理市長自ら 手続き、入金日など /奈良”. 毎日新聞. 2020年8月27日閲覧。
  16. ^ “天理大学生がアルバイト先から「やめてくれ」と不当な扱い 複数が訴え”. Mainichi Daily News. (2020年8月19日). https://mainichi.jp/articles/20200819/k00/00m/040/282000c 2020年10月15日閲覧。 
  17. ^ 天理大会見に並河市長が異例の同席「使命感で来た」 - 社会 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2020年10月15日閲覧。
  18. ^ 教育実習拒否された天理大学生、学校側が受け入れへ:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2020年10月15日閲覧。
  19. ^ 謝罪求める人へ「コロナ禍を深めている」 天理市長語る:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2020年10月15日閲覧。
  20. ^ 天理市パートナーシップ宣誓の取扱いに関する要綱天理市

外部リンク編集

公職
先代:
南佳策
  奈良県天理市
第8代:2013年 -
次代:
(現職)