メインメニューを開く

並河健

並河 健(なみかわ けん、1978年12月26日 - )は、日本政治家外交官奈良県天理市長(2期)。

並河 健
なみかわ けん
生年月日 (1978-12-26) 1978年12月26日(40歳)
出生地 日本の旗 大阪府箕面市
出身校 東京大学法学部
カイロ大学大学院政治経済学部ディプロマ課程
ジョージタウン大学外交大学院修士課程
前職 外交官
所属政党日本維新の会→)
無所属→)
自由民主党
公式サイト なみかわ健(並河健) オフィシャルサイト

当選回数 2回
在任期間 2013年10月28日 - 現職
テンプレートを表示

目次

来歴編集

大阪府箕面市生まれ[1]東大寺学園中学校・高等学校を卒業後、防衛大学校国際関係学専攻に入学するが、1998年に2年次で中退した[2]2003年3月に東京大学法学部を卒業(北岡伸一のゼミに所属していた)し、同年4月に外務省に入省[2]2007年カイロ大学大学院政治経済学部ディプロマ課程を、2008年ジョージタウン大学外交大学院修士課程をそれぞれ修了した[2]。2008年5月より在エジプト日本国大使館二等書記官2011年12月、退官。退官後の翌2012年1月から11月まで、電通で戦略プランナーを務めた[2]

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙奈良2区から日本維新の会公認で出馬したが、自由民主党前職の高市早苗に敗れ、次点で落選した。その後、日本維新の会奈良県第2選挙区支部が解散されたのに伴い、維新を離れた。[3]

2013年6月18日、天理市長の南佳策が次期市長選への不出馬を表明[4]6月20日、並河は天理市長選への出馬を表明した。同年10月20日に行われた市長選挙は、南市長の支援を受けた並河と元民主党系県会議員、自由民主党の推薦候補の三つどもえとなったが、並河が初当選した(10月28日、市長就任[5])。

就任後は自民党天理支部の顧問となり、国政県政との連携をアピールして市政を推進しており、2017年9月に告示された市長選挙では、1996年以来の無投票で再選された。出陣式には奈良県知事の荒井正吾の他、高市早苗堀井巌など自民党国会議員が出席した[6]

エピソード編集

  • 2013年の市長選では自民党の推薦を受けた沢田昌久と戦ったが、その後、沢田を擁立した奈良県議会議員の岩田国夫が支部長を務める自民党天理支部の顧問に就任した。
  • 2014年第47回衆議院議員総選挙では、2年前の総選挙で議席を争った高市早苗の支援に回った。
  • 2015年奈良県知事選挙では、3選を目指して出馬した荒井正吾知事を支持する「あらい正吾を応援する若侍の会」の結成に参加した(メンバーは並河の他、東川裕御所市長や森下豊橿原市長ら、県内の若手首長)。同年4月12日に選挙は執行され、荒井は生駒市長を辞職して立候補した山下真を破り、3選を果たした。
  • 同年3月23日、JR王寺駅のそばで街頭演説中、並河に対する暴行事件が発生した[7]
  • 2017年2月と6月、それぞれ予算の陳情と全国市長会出席のために上京した際、宿泊したホテルで派遣型の性的マッサージサービスを利用。週刊誌がこれを報じ、同日、並河は報道陣の取材に対し内容が事実であると認めた。その上で「道徳的に適切でなく、不徳の致すところ」と陳謝した[8][9]。早期の謝罪会見や市内対策のためか、騒動は沈静化し、再選を果たした。大多数の市議会議員や地元自治会の支援が揺らがなかったことで、過去に政争が激しいと言われた天理市では21年ぶりの無投票であった[10]。また、騒動後の私生活では、家族旅行[11]や市内山間部の民家に一家で移住したことが報じられている[12]
  • 2017年9月の再選後は、なら国際映画祭の上映作品誘致[13]や、全国初の事例となる成果報酬型の認知症予防事業を公文教育研究会慶應義塾大学と成功させるなど活動を活発化させている[14]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 天理市長/天理市ホームページ
  2. ^ a b c d プロフィール - なみかわ健(並河健)オフィシャルサイト
  3. ^ “自民王国、圧巻復活劇 - 【2区】高市さん圧勝、笑顔【4区】田野瀬さん初V”. 奈良新聞. (2012年12月17日). http://www.nara-np.co.jp/sp/20121217091451.html 2016年11月20日閲覧。 
  4. ^ “注目の天理市長選 - 編集委員 辻 恵介”. 奈良新聞. (2013年6月21日). http://www.nara-np.co.jp/20130621091856.html 2015年7月15日閲覧。 
  5. ^ 任期満了日一覧/奈良県公式ホームページ
  6. ^ “天理市長 並河氏が再選 無投票”. 読売新聞. (2017年9月25日). http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20170925-OYTNT50003.html 2017年9月25日閲覧。 
  7. ^ “演説中の天理市長殴った疑い、男を現行犯逮捕/奈良”. 朝日新聞. (2015年3月23日). http://www.asahi.com/articles/ASH3R46Q7H3RPOMB00F.html 2015年8月5日閲覧。 
  8. ^ “選挙前、週刊誌で「公務出張中に性的サービス利用」報道の天理市長「不徳の致すところ」”. 産経新聞. (2017年8月31日). http://www.sankei.com/west/news/170831/wst1708310057-n1.html 2017年8月31日閲覧。 
  9. ^ “東京出張中に派遣型風俗2回、天理市長が謝罪”. 読売新聞. (2017年8月31日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20170831-OYT1T50065.html 2017年8月31日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2017年10月3日). “「支え合える街、天理に」再選の並河市長が初登庁で決意 奈良” (日本語). 産経ニュース. http://www.sankei.com/region/news/171003/rgn1710030054-n1.html 2018年8月14日閲覧。 
  11. ^ 無投票で再選 “デリヘル”天理市長を救った市民の懐の深さ|2017年 アノ事件&騒動の今を直撃” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 2018年8月14日閲覧。
  12. ^ 奈良のタウン情報ぱーぷる1-2月号” (日本語). 日刊Webタウン情報ぱーぷる. 2019年2月4日閲覧。
  13. ^ 天理市舞台の映画公開へ-「二階堂家物語」- | JOYOUSLIFE(ジョイアスライフ) - あなたが陽気に 世界を陽気に” (日本語). JOYOUSLIFE (2019年1月23日). 2019年2月4日閲覧。
  14. ^ 記者発表会の様子 | KUMON”. www.kumon-lt.co.jp. 2019年2月4日閲覧。

外部リンク編集