メインメニューを開く

中原 兼遠(なかはら の かねとお、生年未詳 - 治承5年(1181年)?)は、平安時代末期の武家右馬少允中原兼経の子。木曾義仲乳母父。木曾中三(中原氏の三男)を号した。

 
中原兼遠
時代 平安時代末期
生誕 不詳
死没 治承5年(1181年)?
別名 木曾中三、中三権頭、木曾庄司中三[1]
墓所 長野県木曽郡木曽町林昌寺
氏族 中原氏
父母 中原兼経
兄弟 木曾中太?、木曾弥中太兼氏?保元物語平家物語横田河原の戦い等に登場する。中原兼保?
千鶴御前?[2]
樋口兼光今井兼平巴御前?[2]落合兼行?[2]

出自編集

朝廷で代々大外記を務めた中原氏の祖である中原有象の弟・以忠から繋げる系図がある。父の兼経は朝廷で正六位下右馬少允に叙任された後、信濃国佐久郡に移住し牧長を務めたとされる[3]。平安時代末期には兼経の長男である木曾中太保元の乱源義朝源為義に従軍している[1]

経歴編集

信濃国木曾地方に本拠を置く豪族久寿2年(1155年)の大蔵合戦源義賢が甥の源義平に討たれた際、その遺児・駒王丸を斎藤実盛の手から預かり、ひそかに匿って養育する[4]。この時、信濃権守であったという。駒王丸は兼遠一族の庇護のもとで成長し、木曾義仲と名乗って治承・寿永の乱において平家源頼朝と戦う。兼遠の子である樋口兼光今井兼平はともに義仲の重臣となっている。

源平盛衰記』では巴御前は兼遠の娘で義仲の妾となっており、また一説によるともう一人の娘は義仲の長男義高を生んでいるという。

墓所は長野県木曽郡木曽町林昌寺

異説編集

明治時代自由民権運動家の武居用拙は『岐蘇古今沿革志』で以下のように記載している。幼少期から皇別中原兼遠の英才教育を受けてきた木曾義仲・巴御前・今井兼平・樋口兼光。義仲挙兵後、戦える女性は巴だけであった。義仲の側近として共に生き共に戦う事は本望であるとした。軍記物語である『源平盛衰記』では巴は兼遠の娘で義仲の妾となっているが現実的に見れば皇別の兼遠が娘を格下である妾(遊女・便女)にするわけがなく、義仲の側近(側室)は巴である。また巴は義仲の挙兵以前から義仲の子、義高を授かっていることから、初めは正室であったが義仲挙兵に伴い戦える女性は巴だけであった。已む無く側近・側室となり義仲に寄り添い共に戦ったのである。巴御前が出てくるのは軍記物語である『平家物語』『源平盛衰記』のみであり、当時の一次史料鎌倉幕府編纂書の『吾妻鏡』には、その存在は確認されない。『源平盛衰記』は文学的脚色である可能性が高い。敗者であるが故に便女と妻を取り違えて解釈し紛れもない冒涜・虐めであり、正確には(地方豪族・敗者の娘)を妾とし、(同盟国の娘・皇別の娘)を妻・正室としていると主張している[2]

脚注編集

  1. ^ a b 武居用拙『岐蘇古今沿革志』(明治23年(1890年)P19)
  2. ^ a b c d 武居用拙『岐蘇古今沿革志』(明治23年(1890年))
  3. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻6,甕
  4. ^ 武居 1914, p. 84.

参考文献編集

  •  武居用拙 国立国会図書館デジタルコレクション 『岐蘇古今沿革志』 發光堂、1914年5月。 NCID BA34814298全国書誌番号:43018396http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/950570 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 宝賀寿男 『古代氏族系譜集成』 古代氏族研究会、1986年4月。 NCID BN00924708全国書誌番号:87008471