メインメニューを開く

出自編集

寛政重修諸家譜』には清和源氏満快流と記されているが、諏訪大社下社の金刺姓諏訪氏と同祖となる他田氏金刺舎人直金弓の子他田目古他田直の系統)の末裔とする説もある[要出典]

知久姓の初見は、諏訪氏系図にある平安末期から鎌倉初期の諏訪大社大祝諏訪敦光(篤光)の子敦俊が知久沢に住み、「知久十郎左衛門尉」と記載されたことによるが、敦俊の養子となった知久信貞(知久右衛門五郎)が知久家系図上の初代となる。

清和源氏満快流とする説では、信貞は中津頼継の子で中津氏は満快の曾孫である為公の子の為衡(中津乗太郎)を祖としていることによる。一方他田氏の末とする説では、信貞は中津頼継の猶子(被後見人ぐらいの意味)で実父は他田信隆源義家に属して奥州合戦に参陣した記録が残る他田太郎重常の末裔)としている。

鎌倉時代編集

鎌倉時代には知久沢に程近い上之平城(現・長野県上伊那郡箕輪町東箕輪)を拠点としていたが、承久3年(1221年)の承久の乱で信貞が幕府側に属して伴野荘地頭(新補地頭)になり、本拠地を知久平城(現・長野県飯田市下久堅)に移したという。ただし、諏訪大社の神官・守屋家に伝わる「守矢文書」では、伴野庄の地頭として知久氏の名がみえないことから、地頭職に関しては確認されない。『吾妻鏡』によれば、信貞は射術に長けており、御内人諏訪盛重の推挙で、正嘉2年(1257年)・弘長元年(1261年)、さらに弘長4年(1261年)の「幕府的始」における射手に選ばれたという。

また、飯田市下久堅南原[1]に所在する南原山文永寺に残される弘安6年(1283年)の年記を有した五輪塔には、信貞の子と見られる神敦幸の名が刻まれており、神氏を名乗っていることから諏訪神党に属していたと考えられている。

南北朝時代後醍醐天皇の皇子・宗良親王(信濃宮)が南朝勢力として大河原を拠点とし、知久氏は同じ諏訪神党に属する香坂氏らと共に親王を庇護した。この縁で、宗良親王の子・尹良親王の生母は知久氏の女とも伝えられている[要出典]また知久敦貞は尹良親王の下で活躍したと伝えられる[要出典]も、個々の事跡に関しては資料的な裏づけを欠く。この時期、尹良親王との関係から、家紋をそれまでの「梶の葉紋」(諏訪大社の神紋、諏訪神党の諸家に多い)から「御所車」に改めたと伝えている[要出典]

室町時代編集

室町時代には知久氏は信濃守護・小笠原氏の傘下となり、応永7年(1400年)に信濃守護・小笠原長秀と国人勢力間で発生した大塔合戦では、知久頼昭が小笠原勢に属した。戦いは守護側の大敗に終わったが、頼昭は長秀と共に塩崎城長野市篠ノ井塩崎)に脱出して難を免れる。

永享12年(1440年)には関東地方鎌倉公方足利持氏の遺児を擁した結城氏と室町幕府の間で結城合戦が起こり、知久氏は小笠原政康に属して参陣したことが「結城御陣番帳」に残されている。その後、小笠原家の内紛では松尾小笠原家の小笠原定基に属したが、定基の没落後は諏訪氏を後ろ盾として府中小笠原家の小笠原長棟と対峙した。

戦国時代編集

知久頼為と子の頼元の代に周辺の諸豪族を支配下に置き、知久氏は拡大期を迎える。また築城年は不明ながら神之峰城(現・長野県飯田市上久堅)を新たに築城し、本拠地を知久平城から移転させている。なお、神之峰城に関する初見史料は、天文2年(1533年)に醍醐寺理性院の厳助の紀行文『厳助往年記』とされる。特に頼元の代には飯田城を拠点とする坂西氏を圧迫しつつ、上野の座光寺氏を支配下におさめ、勢力を大きく拡大させている。

天文11年(1542年)、甲斐武田晴信(信玄)と信濃上伊那郡の高遠頼継が組び、信濃諏訪郡の諏訪頼重を滅ぼす。諏訪氏滅亡後に武田氏と高遠頼継は敵対し、頼継が敗れると諏訪郡は武田の領国となる。さらに、天文14年(1545年) には高遠合戦高遠城が落ちて頼継が没落すると、上伊那郡も武田氏の領国となった。この時期に知久氏も武田氏に臣従したとする説もある[要出典]が、知久平とは天竜川を挟んだ対岸に位置する鈴岡小笠原家(小笠原信定)が独立を維持していたことから、まだ下伊那には支配が及んでいないとする見方が有力となっている。

また、天文17年(1545年)に上伊那の諏訪一族藤沢頼親が武田から離反した際に、高遠城に高遠頼継を復帰(天文21年自刃)させるなどの武田側の動向から、支配地の安定化を優先していると思われ、武田氏の上伊那支配が安定するのは天文20年(1551年)より後と考えられている。

 
知久頼元の幽閉された河口湖の鵜の島

武田氏が下伊那に本格的に侵攻するのは、上杉謙信の支援を受けた村上義清の反攻(第一次川中島の戦い)を退けた後の、天文23年(1554年)となる。鈴岡小笠原家の鈴岡城を落とした武田氏に対し、下伊那の諸豪族はほとんどが恭順したが、知久頼元は臣従を拒否し、神之峰城は落城する。『勝山記』によれば、捕縛された頼元は甲斐へ護送され、河口湖鵜の島へ幽閉され、天文24年5月に船津(富士河口湖町船津)において処刑されている。残された一族は知久遠重のように武田氏に臣従する者と他国(主に東海から関東各地)に散る者に分かれ、知久頼氏(頼元の次男あるいは孫)は牢人となり、徳川氏に身を寄せる。

天正10年(1582年)3月の織田・徳川連合軍による甲州征伐で武田氏が滅亡し、同年6月に本能寺の変が発生すると、甲斐・信濃をめぐる「天正壬午の乱」が発生する。甲府に出陣した家康に連動して「諏訪表へ出陣」した頼氏は、旧領の知久平(69か村・6,000貫)を安堵されて、およそ30年ぶりに知久家(阿島知久氏)は再興される(喬木村歴史民俗資料館所蔵の「知久文書」)。天正11年(1583年)6月に従四位大和守を叙任されている[2]

その後も頼氏は徳川氏に従って各地を転戦し、佐久郡平定を進める依田信蕃に加勢し、天正13年(1585年)の第一次上田合戦にも徳川方の伊那衆として参陣しているが、同年、浜松にて家康の命により切腹させられている(寛政譜、理由は不詳)。『熊谷家伝記』には、頼氏が豊臣秀吉の疑を受けたこと、その際頼氏の娘が、東海地方に逃れ、土着したことが記載されている。一方、柴裕之は『清和源氏知久氏之伝記』『知久家年譜』の説を採用して頼氏の切腹を天正12年(1584年)11月、翌天正13年に嫡男・万亀丸(後の知久則直)が家康に赦免されたとし、切腹の原因を同年4月に秀吉に寝返った木曾義昌に内応したことが原因と推測する[3]

頼氏の嫡男・則直は、関ヶ原の戦いに参陣して旗本伊那衆(信濃衆)として3,000石を与えられ、大坂夏の陣に参陣している。

江戸時代編集

 
阿島陣屋跡(現・喬木北保育園)

江戸期は阿島村(現在の喬木村)に陣屋を構え、同じ伊那衆の小笠原家(松尾小笠原家の分家)や座光寺家と共に柳間詰の交代寄合として12代続き、明治維新まで家門を伝えた。昌直の代に300石を分知して旗本の別家を興している。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 下伊那郡南原村下久堅村南原
  2. ^ 大石泰史「全国国衆ガイド」2015年 講談社
  3. ^ 柴 2014.

参考文献編集

  • 『下伊那史』 下伊那誌編纂会、1982年。 
  • 柴裕之 「徳川氏の信濃国伊奈郡統治と菅沼定利」 『戦国・織豊期大名徳川氏の領国支配』 岩田書院、2014年。ISBN 978-4-87294-884-4 
  • 田中豊茂 『信濃中世武家伝 : 信濃武士の家紋と興亡』 信濃毎日新聞社、2016年11月。ISBN 9784784072989 
史料
  • 『寛政重修諸家譜』
  • 「守矢文書」
  • 『吾妻鏡』
  • 「結城御陣番帳」
  • 『厳助往年記』
  • 『勝山記』
  • 喬木村歴史民俗資料館所蔵の「知久文書」
  • 『熊谷家伝記』
  • 『清和源氏知久氏之伝記』
  • 『知久家年譜』

外部リンク編集