メインメニューを開く

中国の人権問題

中華人民共和国における人権問題
世界各地で開かれる抗議デモ
オリンピック開催の抗議デモ

中国の人権問題(ちゅうごくのじんけんもんだい)では、中華人民共和国における人権問題について説明する。

中華人民共和国中国共産党による一党独裁制国家であり、中国人民解放軍も党の軍隊である。そのため党にとって好ましくない人物の人権は、軍隊まで動員されて蹂躙されている。特に近年は、中国の急速な経済発展とともに人権の保護を求める国民と政府との間の紛争が各地で急増している(以下、特記なき場合は「中国」とは中華人民共和国を指す)。

言論の自由、報道の自由編集

中国の報道機関と報道の状況編集

中華人民共和国の報道機関としては、中国政府公式の報道機関である中華人民共和国国務院直属の機関・新華社通信中国共産党中央委員会の機関紙『人民日報』『環球時報』、中国唯一のキー局であり、国営放送局でもある中国中央電視台(中国中央テレビ)などが世界的に知られている。

これらの報道機関はいずれも中国政府と緊密な関係にあり、中国政府を批判するような報道は一切なされない。しかし、改革開放以後、タブロイド紙が爆発的に増え、テレビは地方局が多数開設されたため、中国政府公式の報道機関である上記3大報道機関の影響力は相対的に低下しているともいわれる。

しかし、新興報道機関は中小多数で熾烈な報道合戦を展開しているため、大衆の好奇心を刺激するような論評で大衆の関心の高い事柄を報道するが、そのうち政府への批判的な報道は当局から「整頓」と呼ばれる修正を命じられることが多く[1]、「上と下を見つつ報道」しているといわれる[1]。また、体制批判が出来ないため、矛先を日本を始めとする外国批判に向けているともいわれている[1]

なお、国境なき記者団による「世界報道自由度ランキング」では、180ヶ国中177位にランク付けされている。

インターネット検閲編集

中国政府は検閲による情報操作香港マカオは除く)を行っており、政府にとって不利益があると認識した報道を規制している。グレート・ファイアウォール等の検閲システムを利用し、反政府や同盟国の朝鮮民主主義人民共和国を中傷するウェブページを閉鎖、または回線を切断させる処置をとり続けている。2004年11月には違法インターネットカフェ1600店余を摘発し、ネット上で政府を非難する自国人を逮捕しメールの文章も検閲内容として規制されている。2006年の時点で、GoogleYahoo!マイクロソフトなどの企業も政府の検閲に協力し、中国国内での言論の自由を奪っているとして、国際的に人権団体等が非難している[2]。2006年6月には中国のインターネット人口が1億2300万人に達すなどネット文化の進展にともない、中国政府はネット規制システムをバージョンアップさせている。一方で、そうした検閲、規制を回避するためのシステムも一部で配布されているといわれる(傲游など)。

中国の農村の民衆は、諸外国が政府に対してどのような見解を持っているか把握出来ない状況となっている。しかし、ネットやメディアが発展した都会では、諸外国からの批判についての情報を得ることがある程度可能である。諸外国からの批判に接した都会の人々の反応は様々で、諸外国の批判に同調するケースもあれば、逆に愛国心に火をつけられるケースもある。

2004年には韓国人の議員らが脱北者に関する記者会見を中国国内で行おうとした際、中国政府により強引に記者会見を解散させられることがあった。諸外国の報道機関は、中国政府に対して「報道の自由が保証されていない」として非難したが、中国政府は「これが中国の文化である」と主張した。反日活動(さらに、チベット問題や北京五輪に対するフランスの姿勢に抗議する2008年の反仏運動や、1999年の中国大使館誤爆事件の際の反米運動)など中国人の民族主義・排外主義的な活動への中国政府の関与については見解が別れる。中国政府が日中関係への影響や国際的イメージの悪化を懸念し、反日活動の過激化を扱いかねているとの見解もある。[3] 現在においても中国政府は取り締まりを日々強化しており、毛沢東鄧小平の時代のような報道規制・情報規制、言論統制を目指していると見られている。

天安門事件時のリーダーの一人王丹は「民主化、人権を巡る状況は、天安門事件当時より悪い。事件以前、政府批判や民主化、人権の議論が出来た。いまや人々は当局の弾圧を恐れて何も出来ず、何も言えない」と2011年6月に語っている[4]

表現の自由編集

中国政府批判や北朝鮮批判の本も取り締まりの対象となる。

事例

信仰の自由編集

憲法には「公民は宗教信仰の自由を持つ」と規定されている。ただし、共産党の指導に従わないものは「邪教」となり当局に弾圧される上[5]、未成年者への宗教教育は禁止されており、チベット仏教キリスト教やその「地下教会」、新興気功集団「法輪功」などの弾圧事件はよく報道されている。 特に文化大革命の時期には宗教が徹底的に否定され、教会や寺院・宗教的な文化財が破壊された。チベットでは仏像が溶かされたり僧侶が投獄・殺害されたりしたと言われる。

「邪教」とは異端宗教を表す中国語で、「邪教」活動に参加することは、中国刑法第300条に基づき3~7年以上の懲役刑が科される罪となります[6]

中国共産党は「三自愛国委員会」を通じて全国の宗教団体を統制し、これらの宗教団体の「長」の任命は党の認可が必要であり、現在多くの宗教団体のトップが党員である。

チベット仏教編集

 
世界各地で開かれる抗議デモ

チベット仏教は文化大革命の時期に徹底的な弾圧を受けた。現在ではかなり復興したとはいえ、まだ最盛期の頃の状態にはほど遠い。

また、現在も中国政府の抑圧は続いている。僧院には中華人民共和国当局の「工作隊」が駐在し、強制的に僧や尼僧に政治的・宗教的信念の「愛国再教育」を行っている。1996年から1998年の間に、中華人民共和国当局による「厳打」キャンペーンにより約500名の僧尼が逮捕され、約1万人が僧籍を剥奪されたと言われる。[7]

2008年には、中国チベット自治区ラサにて、抑圧されている怒りからチベット人の暴動が起きたが、中国政府によって弾圧された。チベット亡命政府によると確認されただけで死者は少なくとも80人はいると発表された[8]。それと同時に世界各国の中国大使館前では中国政府への抗議活動が繰り広げられた[9]

キリスト教編集

キリスト教の内、カトリック系の中国天主教愛国会は、1958年からは本来ローマ教皇だけに認められている司教ら聖職者任命を独自に行っている。信徒は350万人。 聖職者が4000人、教会・礼拝堂が4600余カ所といわれる。

上記は中国政府の統制下にある教会で登録しているキリスト教徒であるが、その他に中華人民共和国政府に統制されていない、未登録の「地下教会」(「家庭教会」ともいう)のメンバー数は8千万から1億人に上るとも言われる。

法輪功編集

1999年7月、気功で知られる「法輪功」に対し、中華人民共和国政府は「迷信や邪説を流布して民衆をだまし、騒ぎを起こして社会の安定を破壊した」と断定、違法組織と認定し、一切の活動を事実上禁止した。

明慧ネットによると、法輪功は仏教的要素を取り入れた気功集団で、創始者の李洪志が1992年から活動を始め、日本など約20か国に学習者がいる。学習者数は1999年の迫害当時、中国政府の発表で1億人に達したとされている。中国内の法輪功学習者の迫害による死者は2005年末現在、3千人近くに上るという。現在でも秋葉原など都内各地の街頭や東京の中国大使館や各都市の中国領事館 で迫害事実を訴える法輪功の学習者らが見かけられる。

中国共産党宣伝部は、「日本でいうオウム真理教のような存在」という表現で法輪功に対してレッテルを貼っている。


居住移転の自由編集

原則として中国では戸籍のある場所にしか住めず、移動の自由は存在しない。これは1958年にできた中華人民共和国戸口登記条例による中国の戸籍(戸口)制度の根幹である。元々配給制なども存在した計画経済時代に確立した制度である。21世紀に入ってから戸籍にまつわる制限は緩和されたが、現在も全人口の3/4である農村戸籍と、1/4を占める都市戸籍との間での移行は、極めて困難である。

これら2つの戸籍の間では今でも教育就職医療社会保障などの条件が異なる。都市戸籍は産児制限を課せられているため老後の保障として年金制度が整備されている。この一方農村戸籍は農地の使用の権利を有するなど、個々に長短があり一概にどちらが有利とは言えない。 近年、都市部と農村との経済格差が顕著となると共に、都市部への人口流入が問題となっている。合法的な出稼ぎにおいても、農村戸籍の人間が出稼ぎに行く時には暫定居住証を発行してもらい、外来人口管理費などを納めなければならないといった制約が存在する。したがって違法な人口流入も相当数に上ると考えられている。

これとは逆に大規模開発においては、不十分な移転補償の下で農民などが強制的に移動させられる場合も多い。中国の現在の高度成長は農村部から流入する低賃金の労働者に負っている側面が高い。したがって嘗て「盲流」と呼ばれる農村の労働力の流入を一概に禁止してはいないが、農村戸籍の子弟の都市の小中学校への入学を制限するなど、世帯単位での都市への流入を制限する政策を実施している。

裁判を受ける権利編集

中国の司法に関してはいくつかの問題が内外から指摘されている。中国の警察などでは中国政府(または中国共産党)を非難する者に対しては速やかに逮捕し、密かに拷問での自白強要を行っているとも言われている。司法も裁判所の制度も日欧米の諸外国と大きく異なっている。死刑の場合は判決後数日以内と、迅速に決行されるケースが多い。控訴する権利は与えられてはいるものの実際に控訴で逆転できる例はわずかである。

反政府運動の首謀者から汚職といった他人に暴力を振るったり生命の危機に直面させない罪などでも、死刑判決即決行に該当する。人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルの報告によると、2004年で全世界で執行された死刑囚の数の9割以上(約3400人)が中国で行われており、同団体に非難されている。また、チベット解放運動家はしばしば処刑されていた。同団体の報告によると、パンチェン・ラマの生まれ変わりとされた少年(当時6歳)を、政治犯として逮捕している。

処刑方法はほとんどが銃殺刑であるが、遺体の臓器移植がよく行われるため、器官に傷つけない程度で銃殺されることが多い。最近は中華民国の死刑施行方法を取り入れて、薬物で麻酔した上で銃殺するケースも増えてきた。

中国の裁判官の評価基準の一つに、有罪判決件数の「ノルマ」がある。有罪判決のノルマを達成するため、裁判官や検察官が、被告人が無罪であると考えても執行猶予付き判決を言い渡す場合もある。中央政法委員会は、「ノルマ」に基づく評価を止めるよう求めており、最高人民法院は2014年12月に、ノルマ達成を重視しないよう求める判断を下すなど、状況は改善傾向にある[10]

強制収容・労働問題編集

他国の人権問題への悪影響編集

中華人民共和国政府は、スーダンミャンマージンバブエイラン北朝鮮などの国々との関係を深めている。欧米諸国はこれらの国々を人権やその他の問題で非難することがある。中華人民共和国政府の動きは、欧米諸国がこれらの国々に制裁を加え、関係が凍結している隙をついたものと指摘されている。これら5カ国と中国の指導者は、米紙ワシントンポスト、週末マガジン・パレードの『世界最悪の独裁者ランキング』に含まれている[11]

中華人民共和国政府はスーダンとイランとの関係強化はエネルギー供給を目的とし、ミャンマーとの関係強化はインド洋への足がかりを目的としている。北朝鮮の脱北者を強制送還に積極的である。中華人民共和国はこうした問題とされる国家との関係を維持するため、例えばスーダンダルフール紛争の大量虐殺に対する国際介入に反対する動きをとっている。

アムネスティ・インターナショナルは、電気ショック銃やスパイク付き金属警棒などの拷問道具の製造を手がける中国企業が存在すると報告している。これらの製品は、中国国内で使用される他、アジアアフリカに輸出され、各国の人権侵害に拍車をかけている。これらの企業は、ほとんどが中国国営であるとされる[12]

ノーベル賞と人権編集

中国政府はノルウェー・ノーベル委員会に対し、「劉暁波に授与すれば中国とノルウェーの関係は悪化するだろう」と圧力をかけていた[13]。しかしながら委員会は圧力に関わらず授賞を決定した。トルビョルン・ヤーグランノーベル委員会委員長は、中国政府によって逮捕監禁中のこの劉暁波へのノーベル平和賞授与の理由について、「今、中国での人権抑圧に目をつぶれば、世界での(人権の)基準を下げることに直結する」と述べ、人権批判を弱める国際社会に警鐘を鳴らした。更に「経済などの権益のため、人権という普遍的価値の基準を下げることがあってはならない。だからこそ、我々が声を上げた」と述べ、中国に「人権」の改善を強く求めた[14]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 清水美和『中国はなぜ「反日」になったのか』(2003年、文藝春秋、文春新書、ISBN 4-16-660319-1)p175
  2. ^ “Amnesty、ネット検閲に加担の企業を名指し批判”. ITmedia News. (2006年7月21日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/21/news015.html 2011年3月6日閲覧。 
  3. ^ そういった意味では、民間における反日活動は、社会に不満があっても政府を公然と批判できない民衆の不満が溜まっているところに、過剰な反日的報道が日本に不満を向けさせている結果であり、中国政府はその暴発については懸念を抱いていると言える。
  4. ^ 『中国の人権状況「天安門事件時より悪い」 元学生リーダー王丹氏』 読売新聞 2011年6月4日
  5. ^ マッシモ・イントロヴィーニャ (2018年11月7日). “宗教弾圧の要、邪教リストとは - experts” (日本語). Bitter Winter (日本語). 2019年4月29日閲覧。
  6. ^ マッシモ・イントロヴィーニャ (2018年8月9日). “あなたの宗教が「邪教」であれば、刑務所行きです。・・・ところで「邪教」とは何なのでしょう? - 特集” (日本語). Bitter Winter (日本語). 2019年4月29日閲覧。
  7. ^ 中国「厳打」キャンペーン強化
  8. ^ “チベット暴動での死者数は80人・負傷者は72人=亡命政府”. ロイター. (2008年3月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-30849620080316 2011年2月28日閲覧。 
  9. ^ “チベット暴動:欧州各国で抗議行動”. 毎日新聞. (2008年3月17日). オリジナルの2008年3月17日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2008-0317-1922-14/mainichi.jp/select/world/asia/news/20080317k0000e030060000c.html 
  10. ^ “中国、裁判官の「有罪判決ノルマ」廃止検討―警官の「逮捕ノルマ」も”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2015年1月23日). http://jp.wsj.com/articles/SB12476612882981423405204580416991410333682 2015年2月18日閲覧。 
  11. ^ The World's Worst Dictators | PARADE Magazine(世界最悪の独裁者ランキング・英語版
  12. ^ “中国製の拷問道具、世界に輸出 人権団体が警鐘”. CNN. (2014年9月23日). http://www.cnn.co.jp/world/35054151.html 2014年9月23日閲覧。 
  13. ^ 「民主活動家受賞すれば関係悪化」 中国外務次官、ノーベル平和賞選考に「圧力」 (1/2ページ) 産経新聞2010年9月28日
  14. ^ ノーベル賞委員長、中国に「人権」改善求める 読売新聞2010年10月8日

関連項目編集

参考文献編集

和文編集

  • 安江伸夫. (2019). 天安門事件三〇年: 中国 「人権・民主・憲政」 の挫折. 放送レポート, (279), 56-61.
  • 川邉雄大. (2019). < 書評> 王希恩著 『二〇世紀中国における民族問題』(日本語版) について. 二松学舎大学東アジア学術総合研究所集刊, 49, 117-130.
  • 沈恬恬. (2019). 導く星のもとで: 人権と法源についての試論. 人権問題研究 The journal of human rights, (16), 27-45.
  • 村上志保. (2018). 中国におけるキリスト教 「中国化」. 中国化」 をめぐる議論と教会の変化-」『ことばとそのひろがり (6)-島津幸子教授追悼論集』, 627-651.
  • 興梠一郎 『中国激流―13億のゆくえ』 岩波書店、2005年7月。ISBN 9784004309598
  • 松本高明. (1996). チベット問題と中国: 問題発生の構造とダライ・ラマ 「外交」 の変遷. アジア政経学会.
  • 加々美光行. (1992). 知られざる祈り・中国の民族問題. 新評論.
  • 内田智大. (2009). アジア諸国における権威主義開発体制と人権問題. 関西外国語大学人権教育思想研究, 12, 2-21.
  • アムネスティ・レポート. (1996). 中国の人権―政治的弾圧と人権侵害の実態.
  • 土屋英雄. (1996). 現代中国の人権: 研究と資料. 信山社.

英文編集

  • Edwards, Catherine, China's Abuses Ignored for Profit, Insight on the News, Vol. 15, 20 December 1999.
  • Foot, Rosemary (2000). Rights beyond Borders: The Global Community and the Struggle over Human Rights in China. en:Oxford University Press. ISBN 978-0-19-829776-5.
  • Jones, Carol A. G. (1994). "Capitalism, Globalization and Rule of Law: An Alternative Trajectory of Legal Change in China". Social & Legal Studies. 3 (2): 195–220.
  • Knight, J.; Song, L. (1999). The Rural-Urban Divide: Economic Disparities and Interactions in China. en:Oxford University Press. ISBN 978-0-19-829330-9.
  • Seymour, James (1984). "Human Rights in Chinese Foreign Relations". In Kim, Samuel S. (ed.). China and the World: Chinese Foreign Policy Faces the New Millennium. Westview Press. ISBN 978-0-8133-3414-1.
  • Sitaraman, Srini, Explaining China's Continued Resistance Towards Human Rights Norms: A Historical Legal Analysis, ACDIS Occasional Paper, Program in Arms Control, Disarmament, and International Security, University of Illinois, June 2008.
  • Svensson, Marina, The Chinese Debate on Asian Values and Human Rights: Some Reflections on Relativism, Nationalism and Orientalism, in Brun, Ole. Human Rights and Asian Values: Contesting National Identities and Cultural Representations in Asia, Ole Bruun, Michael Jacobsen; Curzon, 2000, ISBN 0-7007-1212-7
  • Wang, Fei-Ling, Organizing through Division and Exclusion: China's Hukou System, en:Stanford University Press, 2005, ISBN 0-8047-5039-4
  • Zweig, David, Freeing China's Farmers: Rural Restructuring in the Reform Era, M. E. Sharpe, 1997, ISBN 1-56324-838-7

The silent majority; China. (Life in a Chinese village), The Economist, April 2005

外部リンク編集

動画編集

  • The Tank Man - 2006 PBS documentary on the Tiananmen Square protests of 1989 as well as other human rights issues in China
  • China land grab - A Sky News report on abuses of eminent domain powers in China