メインメニューを開く

中山 一也(なかやま かずや、1956年1月20日 - )は、日本俳優。数々の事件や奇行を起こした犯罪者カルト系・お騒がせ俳優としても知られている。身長172cm、体重72kg。北海道出身。

人物編集

1983年芥川賞作家高橋三千綱が原作・監督した『真夜中のボクサー』の主演に選ばれたが、セリフの扱いで歩調が合わず降板させられる(代役は田中健が務めた)。同年2月28日東京都渋谷区NHK西館7階のリハーサル室前の廊下にて高橋の左股を果物ナイフで刺し、全治10日間の怪我を負わせる事件を起こしたことから、駆けつけた代々木警察署の捜査員に傷害銃刀法違反の容疑で現行犯逮捕された。

1987年4月7日北海道富良野市にある脚本家倉本聰の自宅前で刃渡り約5センチのナイフを自分の脇腹に刺し割腹自殺を図るが、倉本本人によって発見され未遂に終わった。なお、中山と倉本との間に面識は無かったという。

1988年1月9日、中山は松竹本社ビル1階にある映画館「松竹セントラル」に自動車で突入し、ガラス扉など5枚を破壊したとして器物損壊の容疑で緊急逮捕された。調べに対し、中山は故意であったことを認めたがその理由については供述しなかった。だがその後、中山は「自分のような有望な俳優を使わない日本の駄目な映画界に一石を投じるため、もっと若い元気ある役者を使おう、というキャンペーンで突っ込んだ」と、自著やインタビューで述べている。

その他にも黒澤明監督の映画『影武者』のオーディションに書類選考で落選したことで面接会場に趣き黒澤に暴言を吐くなど、『オレたちひょうきん族』に端役で出演した際に安岡力也と一触即発の状態になったり、税務署での暴力沙汰など幾度となく問題行動を起こしつつ暴力映画やVシネマを中心に出演する。

2004年に公開された『IZO』では20年ぶりに主役を務め、江戸時代の有名な殺し屋・岡田以蔵を演じた。

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

オリジナルビデオ編集

  • セーラー服 愛人(ラマン)(1993年)
  • 銀玉命!銀次郎(1993年)
  • NINE-ONE くノ一妖獣伝説(1995年)
  • 重役秘書(1997年)
  • ブラッド・トゥ・イーグル(1999年)
  • 鬼哭 KIKOKU(2003年)
  • 実録 広島極道抗争 佐々木哲夫の生涯(2006年)
  • 実録 新選組(2006年) - 岡田以蔵 役

書籍編集

  • 刺されたいのか 主役はこの俺だ!(1984年12月、永岡書店)
  • 人間コク宝(吉田豪・著、2004年、コアマガジン) - インタビュー収録
  • シロ 腹切り役者は何度でもよみがえる(2010年11月、幻冬舎)

外部リンク編集