なかじま あつこ
中嶋 敦子
別名義 白鳥あずさ
生年月日 (1961-12-21) 1961年12月21日(55歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県
職業 アニメーター
活動期間 1981年 -
配偶者 平田智浩

中嶋 敦子(なかじま あつこ、1961年12月21日[1] - )は、日本の女性アニメーターフリー。夫は、アニメーターの平田智浩[2]

目次

略歴編集

神奈川県出身[1]鎌倉女学院卒業[要出典]国際アニメーション学院在学中に『ワンワン三銃士』の動画アルバイトをしたのが初仕事である(同学院はスタジオ・ルックと繋がりがあった)。卒業後の1982年にフリーのアニメーターとして学院同期の小田不二夫ら仲間8人とピグモン8という作画スタジオを設立し、ルックの下請けを開始[1][3]1984年頃にはピグモン8を離れ、斉藤格靏山修の主宰する作画スタジオ・トウニウへ移籍する[1]

1985年にテレビアニメ『うる星やつら』で初の作画監督[2]。『うる星やつら』の作画監督や版権物原画で見せた女性キャラクターの扇情的な絵柄が男性アニメファンの注目を集め始めた。初のキャラクターデザインとなった1989年からの『らんま1/2』ではそれを前面に押し出し、本格的に注目を浴びる。

うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ』以降は、フリーとしてスタジオディーンに机を置いて仕事をしていた[1]

めぞん一刻』や『逮捕しちゃうぞ the MOVIE』などで更に昇華した扇情的な絵柄では男性から、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』や『GetBackers-奪還屋-』などで見せた中性的かつ耽美的な絵柄では女性からの支持が高い。

なお、白鳥あずさ(しらとり あずさ)[4]という別名義を使っていたこともある。1988年頃までは中島敦子とクレジットされていた。

参加作品編集

アニメ、ゲームとも下記の作品以外でも雑誌掲載やビデオパッケージなどの版権イラストを手がけているものがある。

テレビアニメ編集

OVA編集

劇場映画編集

ゲーム編集

画集編集

絵本編集

  • せかいめいさくアニメえほん1 - 三びきの子ぶた(文:梯有子
  • せかいめいさくアニメえほん5 - オオカミと七ひきの子やぎ(文:住田いずみ

小説挿絵編集

備考編集

  1. ^ a b c d e 「キャラクタデザイナーの肖像 中嶋敦子」『アニメージュ』1999年6月号
  2. ^ a b 小黒祐一郎「この人に話を聞きたい 第六十四回 中嶋敦子」『アニメージュ』2004年3月号
  3. ^ 「第六章 アニメーター、キャラクターデザイナー 中嶋敦子」『アニメ最前線の声 メカビ・クリエイターインタビューズ1』講談社編、講談社・アフタヌーン新書、2009年、pp.165-166
  4. ^ 中嶋自身がキャラクターデザインを担当したらんま1/2のキャラクター。
  5. ^ 表紙および本文には書かれていないが、キャラクターデザイン原案者が存在する。デザイン原案は夢来鳥ねむの手によるもの。

関連項目編集

外部リンク編集