メインメニューを開く

中林 佳子(なかばやし よしこ、女性、1945年12月2日 - )は日本政治家日本共産党所属の元衆議院議員。(通算4期)広島県神石郡豊松村(現・神石高原町)出身。島根大学教育学部卒業。元党中央委員

中林 佳子
なかばやし よしこ
生年月日 (1945-12-02) 1945年12月2日(73歳)
出生地 広島県神石高原町(旧神石郡豊松村
出身校 島根大学教育学部
前職 日本共産党中央委員
所属政党 日本共産党
称号 学士

選挙区旧島根県全県区→)
比例中国ブロック
当選回数 4回
在任期間 1979年 - 1986年
1997年 - 2003年
テンプレートを表示

政治選挙活動では「中林よし子」の表記を使用する。

政見放送では自ら手話通訳を行いながら演説を行っている。

目次

略歴編集

政策編集

  • 選択的夫婦別姓制度導入を支持する。2000年には、中林ら超党派女性国会議員50名が、夫婦別姓選択制を求めて当時の総理に申し入れを行った。
    申し入れでは、「とくに若い世代では、夫婦別姓選択制を望む声が高まっています。政府には、世論を喚起するなど、夫婦別姓選択制を導入するための努力を望む」としている[3]
  • 2003年静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている[4]

脚注編集

関連項目編集