中部方面特科隊(ちゅうぶほうめんとっかたい、JGSDF Middle Army Artillery Unit)とは、愛媛県松山市松山駐屯地に駐屯する中部方面隊直轄の野戦特科部隊。

中部方面特科隊
創設 2018年(平成30年)3月27日[1]
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 野戦特科
所在地 愛媛県 松山市
編成地 松山
上級単位 中部方面隊(平時は14旅団に隷属)
担当地域 愛媛県(宇和島地域除く)
現司令官  
テンプレートを表示

概要編集

第14旅団の機動旅団改編に伴い、同地に所在する第14特科隊(旧:第2混成団特科大隊)の後身として編成された。前身の第14特科隊本部の一部は旅団司令部の火力調整部へ、3個射撃中隊の一部は第15即応機動連隊の火力支援中隊及び第50普通科連隊の重迫撃砲中隊として分散配置された。

他方面隊の特科隊が団または団に準ずる隊編成(甲)および連隊編成をとるのに対し、当部隊はそれらよりも小さい師団・旅団特科隊に準じた隊編成(丙)で編成されている。整備支援は中部方面後方支援隊第301特科直接支援隊が担当する[2]

新編当初は平時第14旅団に隷属し、有事の際に方面総監への直属という、特殊運用がとられる(西部方面対舟艇対戦車隊と同様の編成)が、31中期防及び次期中期防に基づき、将来的には中部方面隊に存在する他の師・旅団の特科連隊及び特科隊を集約し、一元的な運用を行う予定[3]

警備地域は旧第14特科隊の警備地域を継承し宇和島地区1市3町を除く愛媛県全域[4]

沿革編集

部隊編成編集

  • 中部方面特科隊本部
  • 本部管理中隊「中方特‐本」
  • 第1射撃中隊「中方特‐1」
  • 第2射撃中隊「中方特‐2」
  • 第3射撃中隊「中方特‐3」

整備支援部隊編集

主要幹部編集

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
中部方面特科隊長
兼 松山駐屯地司令
1等陸佐 服部真之介 2019年12月20日 陸上総隊司令部日米共同部勤務
歴代の中部方面特科隊長
(1等陸佐・松山駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 内野敏紀 2018年03月27日 - 2019年12月19日 第14特科隊長
兼 松山駐屯地司令
陸上自衛隊九州補給処総務部長
02 服部真之介 2019年12月20日 - 陸上総隊司令部日米共同部勤務

主要装備品編集

警備隊区編集

以上出典[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 防衛省人事発令(2018年3月27日:1佐人事)
  2. ^ 第14後方支援隊第2整備中隊特科直接支援小隊から改組(方面特科隊と同様、平時は第14旅団に隷属)
  3. ^ リクジの超個性的部隊のすべて(9)「西部方面特科隊」「東北方面特科隊」「中部方面特科隊」(軍事研究2021年4月号)において「中部方面特科連隊」に改組予定との記載が確認できる
  4. ^ a b 陸上自衛隊 松山駐屯地 駐屯部隊”. 陸上自衛隊松山駐屯地. 2018年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集