メインメニューを開く

公益財団法人丹後中央病院(こうえきざいだんほうじんたんごちゅうおうびょういん)は、京都府京丹後市峰山町にある病院である。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 丹後中央病院
情報
正式名称 公益財団法人丹後中央病院
英語名称 Tango Central Hospital
標榜診療科 内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、外科、肛門外科、脳神経外科、整形外科、リウマチ科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、泌尿器科、皮膚科、神経内科、リハビリテーション科、麻酔科、放射線科
許可病床数

306床
一般病床:210(うち46床 回復期リハビリテーション病棟)



療養病床:50(回復期リハビリテーション病棟)
職員数 540
開設者 公益財団法人丹後中央病院
管理者 西島直城(病院長)
所在地
627-8555
京都府京丹後市峰山町杉谷158番地の1
位置 北緯35度37分36.8秒
東経135度3分37.8秒
二次医療圏 丹後
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

概要編集

丹後地方は古くから舞鶴医療圏に含まれていたが、「丹後にも総合病院を」という声を受け、旧峰山町や丹後織物工業組合が資金を寄付し、財団法人を設立、1942年(昭和17年)に診療所を開設したのが始まりである。1961年には京都府立与謝の海病院(現・京都府立医科大学附属北部医療センター)が開設され、丹後地方の中核病院としての地位は譲ったが、現在でも奥丹後の地域医療を担う病院である。

沿革編集


診療科目編集

医師派遣編集

丹後中央病院は京都大学医学部と強い結びつきがあり、ほとんどの医師が京都大学より派遣されている。

交通編集

周辺の主な病院編集

外部リンク編集