メインメニューを開く

久世 番子(くぜ ばんこ、1977年12月5日 - )は、日本漫画家愛知県東海市出身。芥川賞作家の中村文則とは小学から高校(愛知県立東海南高等学校)まで同級生であり親交がある。

目次

来歴編集

投稿作品の『NO GIRL,NO LIFE!』が新書館発刊の『月刊ウィングス』4月号に掲載され、2000年2月にデビュー。

2000年新書館発行の『サウス』6月号から連載が始まり、2001年に『サウス』誌上で後に単行本化される『imp!』に収録される『休みの国』が掲載。2002年『月刊ウィングス』2月号から代表作の『少年愛の世界』が掲載。

2005年『月刊ウィングス』1月号よりエッセイコミック『暴れん坊本屋さん』の連載が始まる。書店でのアルバイト経験をもとにした内容が話題を呼び、『朝日新聞』などに単行本の書評が掲載されるなど一躍有名になる。同書は本屋の内情を記しただけではなく、返品制度や買い切りといった出版界の内情も詳細に描かれ、注目を集めた。

2006年講談社創刊の『Beth』で、自身のことを描いたショートエッセイコミック『私の血はインクでできているのよ』連載開始、掲載誌の休刊に伴い、2008年から講談社の創刊雑誌『Kiss PLUS』に移動。

2006年12月31日 長年アルバイトをしていた本屋を退職、その後は漫画家業に専念している。

2007年より『月刊ウィングス』にて、大崎梢原作のミステリー「成風堂書店事件メモ」シリーズのコミカライズを連載開始。

その他、『中日新聞』火曜日のコーナー『しんぶん@ネット』内にある『こわ・おもしろ玉手箱』にて、隔週火曜日にイラストを手がけていた。

作品編集

エッセイコミック編集

単行本未収録作品編集

連載中の作品編集

外部リンク編集