二宮町 (栃木県)

日本の栃木県芳賀郡にあった町

二宮町(にのみやまち)は、栃木県南東部に位置し、芳賀郡に属していた。町名は二宮尊徳にちなむ。2009年3月23日、真岡市に編入。

にのみやまち
二宮町
本寺専修寺
二宮町旗
二宮町章
二宮町旗 二宮町章
廃止日 2009年3月23日
廃止理由 編入合併
二宮町真岡市
現在の自治体 真岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 栃木県
芳賀郡
市町村コード 09341-6
面積 55.45km2
総人口 16,173
推計人口、2009年3月1日)
隣接自治体 栃木県真岡市、小山市下野市
茨城県筑西市桜川市
町の木 サクラ
町の花 イチゴ
町の鳥 ヒバリ
二宮町役場
所在地 321-4592
栃木県芳賀郡二宮町石島893-15
二宮町役場
座標 北緯36度23分13秒 東経139度58分11秒 / 北緯36.38692度 東経139.96961度 / 36.38692; 139.96961 (二宮町)座標: 北緯36度23分13秒 東経139度58分11秒 / 北緯36.38692度 東経139.96961度 / 36.38692; 139.96961 (二宮町)

二宮町 (栃木県)位置図

― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

鬼怒川左岸に位置し、茨城県と境を接する。町内には他に五行川小貝川が流れている。

隣接していた自治体編集

歴史編集

二宮の地に人が住み始めたのは縄文時代、土器や石斧などが出土。古墳時代の豪族の墳墓が各地にみられ、当時大和朝廷の支配下におかれ、物部地区は物部氏の領地であったことがうかがえる。平安時代後期、平将門の乱で将門を討った藤原秀郷下野守に任じられ、その一族が下野国において勢力拡大。秀郷の子孫の小山政光の次男宗政が1184年寿永3年)長沼地区に長沼城を築き長沼姓を名乗る。戦国時代には下館城水谷蟠竜斎が、久下田地区と隣接する筑西市樋口に久下田城を築城し、木綿織を奨励するなど、後の久下田町の基礎を築く。江戸時代真岡藩下館藩土浦藩笠間藩小田原藩などの領地となる。江戸後期の1823年、二宮尊徳が小田原藩主大久保忠真より疲弊し荒れ果てた桜町(現在の二宮町物井、真岡市東郷の一部)の再興を命じられ、桜町に赴任する。以後26年間に渡り、桜町を拠点として周辺地域の復興に携わる。

年表編集

町内には西から鬼怒川、五行川、小貝川と3本の一級河川が南流している。 二宮尊徳が26年間過ごした陣屋跡が「史跡・桜町陣屋跡」として国指定の史跡になっており、周辺は史跡公園として整備されている。尊徳資料館が隣接している。 また、浄土真宗の開祖としてしられる、親鸞が建立した専修寺があり、こちらも「史跡・高田山専修寺境内」として境内全体が国指定の史跡となっている。

行政区域変遷編集

  • 変遷の年表
二宮町町域の変遷(年表)
月日 旧二宮町町域に関連する行政区域変遷
1889年(明治22年) 4月1日 町村制施行により、以下の町村が発足[1][2]
  • 久下田町 ← 谷田貝町・南長島村・程島村・境村・石島村・大根田村・阿部品村・下大曽
  • 長沼村 ← 上大曽村・堀込村・太田村・大道泉村・西大島村・上江連村・鷲巣村・古山村・青田村・砂ケ原村・上谷貝村・谷貝新田
  • 物部村 ← 物井村・横田村・高田村・反町村・根小屋村・三谷村・水戸部村・沖村・鹿村・大和田村・阿部岡村
1954年(昭和29年) 5月3日 久下田町・長沼村・物部村とともに合併し二宮町が発足。久下田町は消滅。
2009年(平成21年) 3月23日 二宮町が真岡市に編入され、消滅。
  • 変遷表
二宮町町域の変遷表
1868年
以前
明治元年 - 明治22年 明治22年
4月1日
明治22年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
谷田貝町 久下田町 昭和29年5月3日
二宮町
平成21年3月23日
真岡市に編入
真岡市
長島村 明治12年
南長島村
程島村
境村
石島村
大根田村
阿部品村
下大曽村
上大曽村 長沼村
堀込村
太田村
大道泉村
大島村 明治12年
西大島村
上江連村
鷲巣村
古山村
青田村
砂ケ原村
上谷貝村
谷貝新田
物井村 物部村
横田村
高田村 明治元年
高田村
高田反町村新田
反町村
根小屋村
三谷村
水戸部村
沖村
鹿村 明治7年
鹿村
下村
大和田村
阿部岡村

行政編集

町長編集

Linux への移行編集

独立行政法人情報処理推進機構の「自治体におけるオープンソースソフトウエア活用に向けての導入実証」に参加。2006年2月から役場内の事務用パソコンOSを、他の官公庁、自治体との間でのデータ交換用を除き、ほとんどすべてWindowsからLinuxに移行している。 またこれに伴い、オフィスソフトやメールソフトなども、オープンソース・ソフトウェアに移行している。

経済編集

産業編集

いちごは平成元年から17年連続日本一を誇り、生産額は50億円を突破している。400世帯の農家により年間4800トンの収穫量。主力商品は甘みの豊かな「とちおとめ」である。

地域編集

教育編集

名称は廃止当時のもの。

学校

特記のない学校は、合併後すべて真岡市立となった。

  • 二宮町立久下田中学校
  • 二宮町立長沼中学校
  • 二宮町立物部中学校
  • 二宮町立久下田小学校
  • 二宮町立長沼北小学校(2008年長沼南小と統合し二宮町立長沼小学校へ)
  • 二宮町立長沼南小学校(2008年長沼北小と統合し二宮町立長沼小学校へ)
  • 二宮町立物部小学校
  • 二宮町立物部小学校高田分校(2008年3月閉校)
公民館

交通編集

鉄道編集

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

催事・祭事

  • 高田山専修寺の針供養(高田の夜祭り)(8月1日)
  • 久下田町のいたどまち(11月下旬)
  • 二宮夏祭り・花火大会(尺玉連発)(8月下旬)
  • にのみやいちごまつり(イチゴ狩り)(5月下旬)
  • 泥んこバレーボール大会(7月下旬)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 9 栃木県』、角川書店、1984年 ISBN 4040010906より
  2. ^ 日本加除出版株式会社編集部『全国市町村名変遷総覧』、日本加除出版、2006年、ISBN 4817813180より

外部リンク編集