井田 武雄(いだ たけお、嘉永4年10月8日1851年11月1日[1] - 昭和8年(1933年5月22日[2])は、日本の医師実業家政治運動家は陸舟。鳥取県西伯郡中浜村(現在の境港市)出身。四谷病院、後楽堂医院長[1]東京府平民[1]

いだ たけお

井田 武雄
生誕 嘉永4年10月8日1851年11月1日
鳥取県西伯郡中浜村
(現在の境港市
死没 昭和8年(1933年5月22日
職業 医師実業家政治運動家
テンプレートを表示

経歴

編集

井田義枝の次男として生まれた。

慶応元年(1865年長崎に出て長崎養生所(現・長崎大学医学部)に学び、蘭方医学を修めた[3]

明治7年(1874年)長崎養生所を出た。明治10年(1877年)の西南戦争に警視庁医員として従軍し功をたてる。明治11年(1878年海軍軍医に転じ、軍艦「鳳翔号」軍医として朝鮮に派遣され、朝鮮人の診療に活躍した。

帰国後海軍を辞し、養神病院長となり、明教生命保険の設立計画をした。また、政府高官であった大隈重信板垣退助らの後援を得て、佐々友房柴四朗荒尾精らと謀り、東方通商協会を設立して、本部を上海に置き、東亜問題に画策した。

明治28年(1895年日清戦争後の台湾の帰属問題から、台湾島民の反乱となり、日本軍の出兵、台湾占領に至る。この折に武雄は台湾一等公医となり、台湾ペスト病院長として赴任した。台北にあって荒尾などと調停の努力をしたが 同志荒尾の死去にあい、また武雄自身も、日本官憲の台湾島民に対する暴挙に抗議し、却って土匪教唆として投獄されたりして、その志は断たれた[4]。これにより勲六等を褫奪された[5]

東京に帰った武雄は明治30年(1897年)四谷病院長となり、その経営にあたり、大正3年(1914年)幸楽病院長として診療に従事した。昭和に入って同病院の顧問として働きながらも、東亜問題については有志と通じていたという。

家族・親族

編集

井田家

編集
鳥取県西伯郡中浜村(現在の境港市)、東京市四谷区永住町[1](現東京都新宿区四谷))
井田家は上総国武射郡坂田城井田刑部大輔[6]の末裔とされ、武雄は刑部大輔より25世の子孫であると称している[7]上杉謙信武田勝頼徳川秀忠等が井田家の祖先に送った書簡(手紙)を家宝として所蔵する[7]
明治17年(1884年)4月生[1] - 没
  • 男・保雄[1]
  • 養女・愛子(東京府士族・小川實二女は東京府平民・堀繁蔵に嫁す[1]
明治26年(1893年)8月生[1] - 没
  • 女・照代[1]
明治35年(1902年)8月生[1] - 没
  • 女・文英[1]
明治36年(1903年)8月生[1] - 没
  • 二男・公次[1]
明治37年(1904年)9月生[1] - 没
  • 四男・[1]
明治40年(1907年)5月生[1] - 没
明治42年(1909年)9月生[1] - 没

参考文献

編集
  • 森納『因伯洋学史話』
  • 『実業家人名辞典』(監修者・由井常彦、浅野俊光、1990年、イ六七頁)

関連人物

編集

脚注

編集
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『人事興信録. 5版』(大正7年)い三
  2. ^ 『日本之醫界』第23巻第21号(日本之醫界社、1933年)p.43
  3. ^ 医師森納の著書『因伯洋学史話』に「明治元年その業を終え、カナダ政庁の需めに応じてその任に就く。蓋し邦医外聘の先鞭者たり(『鳥取県人物誌』昭和五年)とあるが、その時17歳であり、長崎養生所在籍のまま、恐らくは通訳としてか、医学、語学研修の無費留学生でもあったのであろう」とある。
  4. ^ 『日本人名大辞典』
  5. ^ 官報 1898年10月4日 四三頁
  6. ^ 坂田城 埋もれた古城
  7. ^ a b 『実業家人名辞典』(監修者・由井常彦、浅野俊光、1990年、イ六七頁)

外部リンク

編集