メインメニューを開く

京滋(けいじ)とは京都府もしくは京都市(以下、「京都」と表記)と滋賀県(以下、「滋賀」と表記)をあわせた地域のことを指す呼び名である。

主に京都府南部と滋賀県湖南地域(おおむね京都都市圏とその周辺地域)、狭義には京都市大津市を示す用語として用いられる。以下のように京都府南部は同県北部よりも滋賀県との繋がりが深いこともあり、京滋と呼んで京都府と滋賀県の二県全体を示すことはあまりない。[要出典]

京都と滋賀のつながり編集

京都と滋賀の間には昔から交通大動脈である東海道が整備されており、加えて琵琶湖宇治川(瀬田川)の水路もあり、結びつきが強かった。明治維新後も、東海道本線琵琶湖線)や京阪京津線国道1号東海道新幹線名神高速道路などの府県境をまたぐ鉄道道路交通が日本国内でも比較的早期に整備されている。

現在では滋賀県の住民が琵琶湖線・草津線湖西線などを利用して京都市へ多く通勤・通学しており、一体的な都市圏(京都都市圏)を形成している。むしろ、京都府北部京丹波町福知山市以北)より滋賀県域のほうが京都市との結びつきが強い。

日本銀行郵便局など、京都に本社を置く企業や他の都市に本社を置く大手企業の京都支店は、しばしば滋賀をも含んだ領域を営業エリアとすることがある[1]1980年代以降、逆に滋賀に本社を置く企業が京都に進出するケースも目立っている。

2005年に滋賀県の「分権時代の県のあり方研究会」の報告書において、道州制の前段階として京都府と滋賀県の合併(京滋合併)を案のひとつに取り上げることや、2013年京都府知事山田啓二京都府議会で京滋合併を本格的に検討する考えを示したことがある[2]。行政上ではドクターヘリの運行や新規採用職員の研修などで協力が行われている[3]

さらに、京都の京、大津の津から京津(けいしん)という呼称もあるが、京滋と比較して使用されることが少ない。

京都と滋賀を結ぶ主要交通編集

京都と滋賀を営業エリアとする地元企業編集

京都に本社がある企業
滋賀に本社がある企業

「京滋」を冠するもの編集

広域で事業を行う団体では、京都府と滋賀県を担当する組織に京滋の名を入れる例がある[4]

関連項目編集

注釈編集

外部リンク編集