メインメニューを開く

京都府道51号舞鶴和知線

日本の京都府の道路

京都府道51号舞鶴和知線(きょうとふどう51ごう まいづるわちせん)は、京都府舞鶴市から船井郡京丹波町に至る府道主要地方道)である。東舞鶴市街地では「七条通り」と呼ぶ。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
京都府道51号標識
京都府道51号 舞鶴和知線
主要地方道 舞鶴和知線
実延長 34.3751 km
制定年 1972年京都府認定
起点 舞鶴市地図
主な
経由都市
綾部市
終点 船井郡京丹波町地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0027.svg 国道27号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道28号標識
京都府道28号小倉西舞鶴線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道27号標識
京都府道27号池辺京田線
Japanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道1号標識
京都府道1号小浜綾部線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道34号標識
京都府道34号綾部美山線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道12号標識
京都府道12号綾部宮島線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

舞鶴市内の七条通りでは、一部区間が北側一方通行となっている。また、綾部市睦寄町古屋から京丹波町仏主までの間の上林峠では、車の通行は不可能である。

路線データ編集

京都府道路管理一覧[1]に基づく起終点および路線延長は以下のとおり。

歴史編集

本路線は道路法(昭和27年法律第180号)第56条の規定に基づき、府道浜福知山線の一部、府道鶴ケ岡舞鶴線の一部、府道大岩和知線、府道上杉和知線の一部を主要な都道府県道として1971年に指定された[2]

なお、路線名の和知は平成の大合併によって船井郡京丹波町の一部となった船井郡和知町を指す。

年表編集

  • 1971年(昭和46年)6月26日
    建設省(当時)が府道浜福知山線の一部、府道鶴ケ岡舞鶴線の一部、府道大岩和知線、府道上杉和知線の一部を主要地方道として指定[2]
  • 1972年(昭和47年)3月28日
    京都府が舞鶴和知線として主要地方道認定[3]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、府道舞鶴和知線が舞鶴和知線として主要地方道に再指定される[4]

路線状況編集

重複区間編集

バイパス編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 京都府管理道路一覧”. 京都府道路管理課. 2012年8月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月2日閲覧。
  2. ^ a b “道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道(昭和46年6月26日建設省告示第1069号)”, 官報 (国立印刷局) 号外第82号: 2-34, (1971年6月26日) 
  3. ^ “府道路線の認定(昭和47年3月28日京都府告示第162号)”, 京都府公報 (京都府) 第4616号: 213, (1972年3月28日) 
  4. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集