仔鹿物語』(こじかものがたり)は、日本の映画1991年4月20日公開、116分。

目次

あらすじ編集

釧路湿原を走るJR北海道ローカル線標茶線の運転士 谷木政夫を父に持つ主人公の少年・健一は、母親を亡くした仔鹿を見つけ、ラッキーと名付け、両親に内緒で無人駅で匿い飼い始める。月日が過ぎ行き、ラッキーが成長すると農家の作物を食い散らかすなどの問題を起こし、標茶線の廃線による谷木家の札幌への転居も相まって、健一はラッキーを人里離れた森へ還すことを決意する。

概説編集

にっかつが「ロッポニカ」ブランドでの一般映画製作を終了して以来久々の一般公開映画である。ロケ地北海道釧路市釧路湿原)、標茶町別海町を中心に行われ、四季の移ろいやラッキーと健一の成長などの撮影に1年余り費やしている。

劇中の標茶線のモデルはロケ地の一つである標茶町標茶駅)に1989年まで存在した標津線である。走行シーンのロケーションは釧網本線であり、健一がラッキーを匿まった架空の駅の撮影は塘路駅で行われた。

キャスト編集

ほか

スタッフ編集

その他編集

サウンドトラック編集

  • 「仔鹿物語」サウンド・シアター・ライブラリー 久石譲 CD(1991年3月21日発売) NECアベニュー ASIN: B00005MSQE
  • 久石譲のアルバム「I am」の1曲目にもこの映画のメインテーマDeer's Windが収録されている。

楽譜編集

メインテーマDeer's Windのピアノアレンジ譜を収録。(タスマニア物語などと同時収録)

漫画編集

巻末書き下ろし「Making of 動物のお医者さん」にて撮影見学レポートあり