オエノンホールディングス

(Redirected from 合同酒精)

オエノンホールディングス株式会社(英文名称:Oenon Holdings, Inc.)は、焼酎などの製造で知られる合同酒精株式会社(ごうどうしゅせい)を母体とする持株会社東京証券取引所第1部上場。主要株主は第一生命保険みずほ銀行北洋銀行など。

オエノンホールディングス株式会社
Oenon Holdings, Incorporated
種類 株式会社
市場情報
略称 オエノンHD
本社所在地 日本の旗 日本
130-0005
東京都墨田区東駒形1丁目17番6号
設立 1924年大正13年)10月31日
(合同酒精株式会社)
業種 食料品
法人番号 2010001034770 ウィキデータを編集
事業内容 日本酒製造の子会社を束ねる持株会社
代表者 代表取締役会長 長井幸夫
代表取締役社長 西永裕司
資本金 69億46百万円
(2012年12月31日現在)
売上高 連結853億67百万円
2012年12月期)
純資産 連結204億74百万円
(2012年12月31日現在)
総資産 連結598億27百万円
(2012年12月31日現在)
従業員数 連結994名、単独89名
(2012年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 第一生命保険 7.18%
みずほ銀行 3.72%
(2012年12月31日現在)
主要子会社 合同酒精株式会社
関係する人物 神谷伝兵衛(創業者)
外部リンク https://www.oenon.jp/
テンプレートを表示

近年は福徳長酒類(旧森永製菓系列だった)や、秋田県の酒類メーカー秋田県醗酵工業(旧独立系だったが森永醸造(現在の福徳長酒類)と資本提携した後に同じく買収された)、富久娘酒造(旧旭化成系列だった)など、多くの酒類メーカーを買収している。2003年頃からの本格焼酎ブームに乗り1992年に北海道の地焼酎として発売した紫蘇焼酎「鍛高譚」(たんたかたん)を全国的にヒットさせるなど地道な商品展開でも知られている。[1]

「オエノン」の由来は、自らの説明によれば、ギリシャ・ローマ神話に由来し、すべてを酒に変える女神「オエノ」をバイオ技術の象徴とし、多角化「オン」を目指そうとする意味としている[2]。ギリシャ神話に登場するオエノデュオニソスによって大地からワインを得る力を与えられた女神である。

源流である北海道や、工場を置く青森県静岡県などで地域限定商品を持つほか、九州大学農学研究院と芋焼酎『いも九』を共同開発し、製造している。

沿革Edit

  • 1880年明治13年)- 創業者・神谷伝兵衛東京浅草に「みかはや銘酒店」を開業(後の「神谷バー」)。
  • 1881年(明治14年)- 「蜂印香竄葡萄酒」を発売。
  • 1893年(明治26年)- 「電気ブラン」を発売。
  • 1924年大正13年)10月31日 - 北海道内の焼酎製造会社4社(神谷酒造株式会社旭川工場・東洋酒精醸造株式会社・北海道酒類株式会社・北海酒精株式会社)が合併し、北海道旭川市に合同酒精株式会社を設立。
  • 1939年昭和14年)- 梅酒「鶯宿梅」を発売。
  • 1940年(昭和15年) - 株式会社神谷傳兵衛本店が、神谷酒造株式会社に改称。
  • 1946年(昭和21年)- (旧)合同酒精株式会社が、東北アルコール工業株式会社を合併し、八戸工場とする(2013年廃止)。
  • 1949年(昭和24年)- 東京証券取引所に上場。
  • 1955年(昭和30年)- (旧)合同酒精株式会社が、葵酒造株式会社を合併し、清水工場とする。
  • 1956年(昭和31年)- (旧)合同酒精株式会社が、菊美酒造株式会社を合併し、東京工場とする(1963年10月東京工場に統合)。
  • 1960年(昭和35年)
    • 3月 - 子会社として、旭川酒類容器株式会社を設立。
    • 10月 - (旧)合同酒精株式会社が、神谷酒造株式会社を合併し、吾妻橋洋酒工場とする(1963年10月東京工場に統合)。
  • 1961年(昭和36年)- 製菓用洋酒「ネプチューン」を発売。
    • 12月 - (旧)合同酒精株式会社が、太陽醸造株式会社を合併し、芝浦工場とする(1963年10月東京工場に統合)。
  • 1963年(昭和38年)6月 - 東京都中央区に本社を移転。千葉県松戸市に東京工場を建設。
  • 1968年(昭和43年)- 株式会社サニーメイズを設立(現子会社)。
  • 1979年(昭和54年)
    • 10月 - 子会社として、ゴードー商事株式会社を設立。
    • 11月 - 子会社として、株式会社ワコーを設立。
  • 1986年(昭和61年)- 甲類焼酎「ビッグマン」を発売。
  • 1991年平成3年)- 雪印乳業(後の雪印メグミルク)と提携を結ぶ。
  • 1992年(平成4年)- しそ焼酎「鍛高譚」を発売。
  • 1997年(平成9年)- 子会社として、みちのく食品株式会社を設立。
  • 1998年(平成10年)
    • 6月 - 子会社として、株式会社大雪乃蔵を設立(2012年解散)。
    • 11月 - 子会社として、株式会社ゴードーアセットコーポレーション(後の株式会社オエノンアセットコーポレーション)を設立。
  • 2000年(平成12年)- 山信商事株式会社が、同社の傘下に入る。
  • 2001年(平成13年)1月 - 福徳長酒類株式会社および秋田県醗酵工業株式会社が同社の傘下に入る。
  • 2003年(平成15年)- 富久娘酒造株式会社が、同社の傘下に入る。
    • 7月1日 - 持株会社移行に伴い、(旧)合同酒精株式会社が、オエノンホールディングス株式会社に社名変更。同時に事業部門を(新)合同酒精株式会社として分割。
  • 2007年(平成19年)3月 - 北の誉酒造株式会社および越の華酒造株式会社が同社の傘下に入る。
  • 2016年(平成28年)1月 - (新)合同酒精株式会社が、北の誉酒造株式会社を吸収合併。
  • 2018年(平成30年)
    • 1月 - 富久娘酒造株式会社が、オエノンプロダクトサポート株式会社に商号変更。
    • 12月 - 越の華酒造株式会社を解散。
    • 10月 - (新)合同酒精株式会社が、山信商事株式会社を吸収合併。
    • 11月 - 本社を中央区から墨田区へ移転。

グループ企業Edit

過去のグループ企業Edit

合同酒精の事業所Edit

本社・東京支店
  • 〒130-0005 東京都墨田区東駒形1-17-6
本店・関信越支店・東京工場
  • 〒271-0064 千葉県松戸市上本郷字仲原250
北海道支社
  • 〒060-0062 北海道札幌市中央区南二条西10丁目1番地 オエノン北海道ビル
北東北支店・酵素医薬品工場
仙台支店
横浜支店
静岡支店・清水工場
名古屋支店
大阪支店
中四国支店
福岡支店
旭川工場
  • 〒078-8334 北海道旭川市南四条通20-1955
苫小牧工場

合同酒精の主要商品Edit

  • 清酒
    • 富貴
    • 大雪乃蔵
    • 北の誉
  • 合成清酒
    • 力正宗
  • 甲類焼酎
    • ゴードー
    • ビッグマン
  • 乙類焼酎
    • きたのゆめ
    • おつな麦
    • ぴりか伝説
  • 甲類乙類混和焼酎
    • 鍛高譚
    • すごむぎ
  • チューハイ
    • 直球勝負
    • 瓶チュー
  • 甘味果実酒
    • ハチブドー酒
    • 香竄葡萄酒
  • ウイスキー
    • 香薫
  • リキュール
  • 梅酒
    • 鶯宿梅
  • 製菓用洋酒
    • ネプチューン
  • 食品
    • 本みりん富貴

ほか

受賞歴Edit

全国新酒鑑評会

平成14酒造年 - 29酒造年[3]

  • 「大雪乃蔵」金賞受賞 - 平成29年受賞

提供番組Edit

脚注Edit

[ヘルプ]

関連項目Edit

外部リンクEdit