メインメニューを開く

伊藤 義郎(いとう よしろう、1926年12月14日 - )は、日本の実業家北海道札幌市出身。現在、伊藤組土建取締役名誉会長・伊藤組木材代表取締役社長テレビ北海道取締役名誉会長[1]

目次

来歴・人物編集

北海道庁立札幌一中(現北海道札幌南高等学校)を経て、1950年早稲田大学政経学部卒。1952年カリフォルニア大学大学院修了、1953年コロンビア大学大学院修了。

1950年伊藤組土建に入社。1956年伊藤組土建代表取締役社長に30歳の若さで就任。1961年伊藤組を設立し社長に就任。2002年伊藤組土建代表取締役会長に就任。2008年伊藤組土建取締役名誉会長。

この他、テレビ北海道初代代表取締役社長、学校法人札幌大学理事長、札幌国際エアカーゴターミナル代表取締役社長、北海道ゼロックス代表取締役社長、札幌証券取引所代表取締役社長、札幌商工会議所第14代会頭、NHK経営委員会委員、札幌交響楽団理事長、1979年より国際スキー連盟副会長、2004年より全日本スキー連盟会長(2010年6月まで[2])など多くの兼職を抱えている。

家族は、祖父に伊藤亀太郎。父は伊藤豊次。趣味はスキー

エピソード編集

  • 地崎宇三郎 (三代)とは、地崎が年上ながら良きライバルであったといい、地崎の葬儀には伊藤も参列した。地崎と共に「道内ゼネコンの両雄」であったが、地崎が岩田建設に合併された後は、名実共に伊藤が「北海道経済界のドン」となった。
  • 中学時代にクロスカントリースキーを始め[3]、以後スキー界に深くかかわってきた。札幌で行われるスキージャンプ大会には可能な限り顔を見せ、スピーチするのが恒例となっている。2010年にはその永年に渡るスキー界への功績に対し「キング オラフ トロフィー」をヨーロッパ出身者以外では初めて受賞[4]した。

受賞歴編集

参考文献編集

  • 『現代日本人名録2002 1 あ-かと』(日外アソシエーツ編集・発行、2001年)
  • 『北海道 人物・人材情報リスト2004 あ-お』(日外アソシエーツ編集・発行、2003年)

脚注編集