メインメニューを開く

保倉川

日本の河川

保倉川(ほくらがわ)は、新潟県上越市東部を流れる一級河川関川水系支流

保倉川
保倉川 2007年1月5日撮影
関川へ注ぐ保倉川(上越市川原町)
水系 一級水系 関川
種別 一級河川
延長 54 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 -- km²
水源 野々海峠(上越市大島区
水源の標高 1,000 m
河口・合流先 関川(上越市直江津
流域 日本の旗 日本
新潟県上越市
テンプレートを表示
1975年度(昭和50年度)に撮影された国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成古保倉川蛇行跡(左上が下流方向)
マリーナ上越

目次

地理編集

新潟県上越市大島区野々海峠に源を発し北流。大島区大平で西に転じ、上越市直江津河口部付近で関川に合流する。

歴史編集

  • 約4400年前:縄文時代には、古保倉川が上越市頸城区百間町から頸城区舟津周辺を流れていた。現在、激しい蛇行跡は、その形のまま水田として利用されている。
  • 1607年福島城築城 - この時代の保倉川は、上越市黒井付近を流れ日本海に直接注いでいた。この保倉川と関川に挟まれた土地に堀秀治により福島城が築かれた。
  • 1675年ころ:保倉川河口を関川に付け替え - 高田藩家老小栗美作(おぐりみまさか)が、殖産家河村瑞賢とともに関川河口にあった今町港(今の直江津港)の水深確保のため、既に廃城となっていた福島城の南側のを利用して保倉川河口を関川に付け替えた。

河川施設編集

環境編集

2006年に環境省から発表された調査報告によると公共用水域環境基準を超えるダイオキシン類が検出されている。

  • 2006年12月発表、平成17年度ダイオキシン類環境調査結果(公共用水域水質)[1]
    (全国河川1464測定地点中37地点の基準超過、最大数値5.6pg-TEQ/L、基準値1.0pg-TEQ/L)
    • 保倉川下流三分一橋:基準以下。検体平均値0.29pg-TEQ/L。
    • 関川河口付近古城橋:4検体中1検体が基準超過。検体平均値1.5pg-TEQ/L。この付近の飲料食品用途の取水はない。

関連項目編集