メインメニューを開く

花椿ショウ・光子の窓』(はなつばきショウ・みつこのまど) は、日本テレビほかで放送されていた日本初の音楽バラエティ番組である[要出典]。日本テレビと東宝テレビ部の共同製作。製作局の日本テレビでは1958年5月11日から1960年12月25日まで、毎週日曜 18:30 - 19:00 (日本標準時)に放送。

花椿ショウ・光子の窓
ジャンル 音楽バラエティ番組
脚本 三木鮎郎
キノトール
永六輔
伊藤裕弘
ほか
演出 井原高忠
出演者 草笛光子
ほか
オープニング 「光子の窓、開始テーマ」
プロデューサー 井原高忠
制作 日本テレビ
東宝テレビ部
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1958年5月11日 - 1960年12月25日
放送時間 日曜 18:30 - 19:00
放送分 30分
回数 138
テンプレートを表示

目次

概要編集

1958年当時24歳の草笛光子をメインに据えた、歌ありコントありの本格的バラエティショー。全138回。資生堂の一社提供で、タイトルにある「花椿」は資生堂の社章を意味する。

1960年10月30日に45分枠(18:15 - 19:00)で放送されたスペシャル版「イグアノドンの卵」(第130回)は、テレビは人々にとって恐ろしい存在にもなりうると警鐘を鳴らした内容で放送。日本初のカラーVTRを使用したこの回は、色彩効果に対してその芸術性の高さが認められ、昭和35年度(第15回)芸術祭奨励賞を受賞した[1]

なお、1960年代 - 1970年代のVTR録画番組はこの『光子の窓』に限らず、当時VTRが2インチで機器・テープともに高価で操作が煩雑なうえ、著作権法などで番組の保存が安易に行えなかったこともあり、収録があるたびに前回の映像は原則消去されていた。そのため、現存する映像は上記の「イグアノドンの卵」だけであり、その映像もキネコにてダビングされたモノクロフィルム版である。

主な出演者編集

主なスタッフ編集

テーマソング編集

「光子の窓、オープニングテーマ」
作詞:岡田教和 / 作曲:広瀬健次郎 / 唄:草笛光子

テーマソングのタイトルおよび作詞・作曲者クレジットは、バップコンピレーションCD『日テレ開局50周年記念 TV GENERATION 日テレGOLDEN BEST』のブックレットに記載されている。

ネット局編集

備考編集

  • 唯一現存する「イグアノドンの卵」の回は、現在神奈川県横浜市にある放送ライブラリーで閲覧可能である。「イグアノドンの卵」とは原子力テレビの謂であり、番組では「卵だからといってほうっておいたら命取り。怖い“獣”になりかねない」と述べている[3]。なお、番組放送当時の日本テレビの社長は、日本に原子力発電を導入した正力松太郎である。
  • 小林信彦著『テレビの黄金時代』(文藝春秋、2002年10月)は、著者が目撃・体験したテレビ黄金期の光景を描いたノンフィクションであるが、「イグアノドンの卵」の試写を観た話から始めている。その序章の章題は「イグアノドンの卵」である。また、本文でこの『光子の窓』にも触れている。
  • 番組中、草笛が資生堂の女性社員に同社製品についてインタビューするインフォマーシャルが流れていたが、これは後に同じく日本テレビ製作・資生堂提供の『オシャレ30・30』(聞き手は阿川泰子)でリメイクされた。
  • 1983年8月28日に日本テレビで放送された開局30周年記念特番『テレビから生まれた歌・30年!』で、当時49歳の草笛によるオープニングの再現が行われた。窓を開けるシーンでは、かつてのオープニング(「イグアノドンの卵」の時のもの)が併用放送されていた。
  • その後も、1993年8月14日(13日深夜)に日本テレビで放送の『2×3が六輔』が、ホームドラマ「光子の窓」の最終回という設定で本番組の再現を行った。ただし、オープニングの「花椿ショウ」のタイトルは「六輔ショウ」に変えられていた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和31年度(第11回)〜昭和40年度(第20回) (PDF)”. 文化庁. p. 5. 2017年11月12日閲覧。
  2. ^ 当時は日本テレビ系列だった。
  3. ^ きょうの潮流 2012年12月26日(水)”. しんぶん赤旗. 2013年4月28日閲覧。
日本テレビ 日曜18:30枠
【本番組から資生堂一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
花椿ショウ・光子の窓
(1958年5月11日 - 1960年12月25日)
スタジオNo.1
(1961年1月1日 - 1961年4月30日)