メインメニューを開く

入江家(いりえけ)は、藤原北家御子左流公家である。冷泉家の分家藤谷家の支流で、家格羽林家権中納言藤谷為条の末子・相尚を祖とする。江戸時代石高は30石3人扶持。家学は歌道[1]

入江家
家紋
酢漿草かたばみ
本姓 藤原北家御子左流支流
家祖 入江相尚
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
著名な人物 入江為守
入江相政
凡例 / Category:日本の氏族

明治維新後は、入江為守(上冷泉家の冷泉為紀の実弟)が子爵に叙せられた。為守は貴族院議員の他、東宮侍従長として大正天皇に仕えた。また、為守の三男の入江相政は長らく侍従長として昭和天皇に近侍した。

系譜編集

実線は実子、点線(縦)は養子。
藤谷為条
 
 
 
入江相尚1
 
 
 
相敬2
 
 
 
相茂3[2]
 
 
 
家誠4[3]
 
 
 
相康5[4]
 
 
 
相永6[5]
 
 
 
為逸7
 
 
 
為良8[6]
 
 
 
為善9
(為昌)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
為積為有[7]為遂10[8]
 
 
 
為福11[9]
 
 
 
為守12[10]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
為常13相政

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)入江
  2. ^ 藤谷為茂の3男。
  3. ^ 藤谷為茂の4男。
  4. ^ 竹内惟永の2男。
  5. ^ 竹内惟永の3男。
  6. ^ 冷泉為泰の3男。
  7. ^ 鷲尾隆賢の2男。
  8. ^ 柳原隆光の4男。藤谷家を相続。
  9. ^ 柳原光愛の4男。
  10. ^ 冷泉為理の4男。

参考文献編集

外部リンク編集