メインメニューを開く

六朝から清末の文言小説(りくちょうから しんまつの ぶんげんしょうせつ)中国文学における小説ジャンルの形態のひとつである。文言小説とは、代以後の中国小説史の上で、大きな比重を占めてはいなかったために、形態名が与えられていなかったこの分野に対し、前野直彬が仮に付けた呼称である[1]

これらは西欧叙事詩等に由来する近代小説と区別される。多くは説話や伝承に取材したもの。前近代の小説が近代小説とは異なるのは、近代小説の「小説」が、ノベルの訳語であるのに対して、前近代の小説は、先秦に誕生した漢語である「小説」のジャンルであるから、当然のことである。漢書芸文志が分類する諸子百家の十家の中の、「小説家者流」に由来する。

注・出典編集

  1. ^ 平凡社 中国古典文学大系 42 『閲微草堂筆記 ; 子不語 ; 述異記 ; 秋燈叢話 ; 諧鐸 ; 耳食録』 1971年 。ISBN 978-4582312423 。解説 p.503 。
  2. ^ 『太平広記』に収録された各作品の多くは、文末に出所が記載されている。
  3. ^ 魯迅は『中国小説史略』附録 中国小説的歴史的変遷 第六講 で、「所謂擬古者,是指擬六朝之誌怪,或擬唐朝之傳奇者而言。唐人底小說單本,到明時什九散亡了,偶有看見模仿的,世間就覺得新異」と述べている。  中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:中國小說的歷史的變遷/第六講
  4. ^ 志怪小説の範疇と捉える見方もあるが、これらは清代の作品であり、正しくは「志怪小説」ではなく、魯迅のいう「清之擬晉唐小說及其支流」である。(『中国小説史略』第22篇 の標題)  中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:中國小說史略/第二十二篇

関連項目編集