楠 孝志(くすのき たかし、1947年2月25日 - )は、北海道平取町出身の元騎手調教助手

楠孝志
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 (1947-02-25) 1947年2月25日(73歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
所属厩舎 阪神栗東橋田俊三(1969 - 1979)
栗東・荻野光男(1979 - 1987)
栗東・諏訪佐市(1987 - 1989)
栗東・橋田満(1989 - 1993)
初免許年 1969年3月1日
免許区分 平地(初期には障害免許も保持)
騎手引退日 1993年2月27日
重賞勝利 5勝
G1級勝利 1勝
通算勝利 3486戦302勝
テンプレートを表示

経歴編集

1969年3月に騎手免許を取得し、同期の須貝四郎と共に阪神橋田俊三厩舎からデビュー。須貝以外の同期には田村正光上野(伊藤)清章内田国夫西浦勝一がいる。初騎乗は同1日中京第1競走4歳未勝利・マツヤイチ(17頭中11着)、初勝利は同23日の阪神第7競走5歳以上障害・ミスコマツであった。1年目は26勝(平地23勝・障害3勝)を挙げて中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞し、2年目の1970年にはアリオーンで博多ステークス(第6回金鯱賞)を制して重賞初制覇。1973年からは平地競走の騎乗に専念し、1976年から1980年には5年連続で2桁勝利を挙げる。1976年2月8日京都第5競走4歳新馬・テマリーで通算100勝を達成すると、1977年には小倉記念をベルで制して7年ぶりの重賞制覇。師匠・橋田の死去により荻野光男厩舎に移籍した1979年には自己最多の29勝(全国21位)をマークし、1980年11月22日京都第11競走高雄特別・クニノエースで200勝を達成。1984年には4年ぶりの2桁勝利となる14勝、3年後の1987年には諏訪佐市厩舎に移籍して12勝を挙げる。1989年には師匠・橋田の長男である橋田満厩舎に移籍し、1990年パッシングショットマイルチャンピオンシップを制す。管理調教師の橋田と共にGI初制覇を成し遂げたが、楠にとって最後の重賞制覇となった。1991年12月14日の中京第8競走4歳以上500万下・イナドタイガーで300勝を達成。1992年2月22日の小倉第6競走4歳以上500万下・ウィンザーモレノ、第10競走小石原特別・ブームレットで勝ち、1988年7月23日札幌以来3年半ぶりの1日2勝を挙げたが、この年はその日以降勝ち星を挙げることはなかった。1993年1月31日の小倉第5競走4歳新馬・パラディスバンブーが最後の勝利となり、2月27日に現役を引退。当日は小倉で3鞍に騎乗し、第3競走4歳未勝利で10頭中10番人気のスプリングスズカで2着に入って波乱を演出。第12競走4歳以上500万下・エイユーランサーが最終騎乗となった(12頭中4着)。引退後は橋田厩舎の調教助手に転じ、サイレンススズカを手がけた。

騎手通算成績編集

通算成績 1着 2着 3着 4着以下 騎乗回数 勝率 連対率
平地 299 346 360 2462 3467 .086 .186
障害 3 3 3 10 19 .158 .316
302 349 363 2472 3486 .087 .187

主な騎乗馬編集

太字はGIレース。

関連項目編集