メインメニューを開く

上野 清章(うえの きよあき、1950年2月7日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 元騎手で現在は調教助手福岡県出身。1975年から1987年までは婚姻により姓名を変更し「伊藤 清章」(いとう きよあき)を名乗った。

上野清章
(伊藤清章)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1950-02-07) 1950年2月7日(69歳)[1]
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会 (JRA)
初免許年 1969年
免許区分 平地障害
騎手引退日 1998年
重賞勝利 32勝
G1級勝利 4勝
通算勝利 5390戦561勝[2]
経歴
所属 梶与三男伊藤修司
→フリー→浅見国一
→フリー
テンプレートを表示

久保(古賀)敏文とは遠戚にあたる(上野は久保の父の姉の孫であるため)。

来歴編集

1969年梶与三男厩舎所属騎手としてデビュー。1974年伊藤修司厩舎に移籍。翌年に修司の娘と結婚し、姓を「上野」から「伊藤」に変更。以降は主に伊藤厩舎に所属する馬に騎乗し、数々の重賞を手にした。特に「華麗なる一族」の血脈であるイットーの仔であるハギノトップレディハギノカムイオーの姉弟での活躍が顕著であった。

しかし妻と不和になり、1987年に離婚。これが主因となって義父であった修司調教師とも縁を切る形となり、姓名も旧姓に戻す(上野は後に別の女性と再婚したが、引き続き上野姓のままである)。また絶縁を機にフリー騎手となった。その後1996年より1997年まで浅見国一厩舎に所属していたが、現役最晩年は再度フリー騎手となった。

1998年1月20日付で騎手を引退[2]。現在は調教助手として活躍している[2]

同期生には田村正光須貝四郎(彦三の実弟)、内田国夫楠孝志西浦勝一など。

通算成績編集

5390戦561勝(平地競走5246戦537勝、障害競走144戦24勝、重賞32勝)

主な騎乗馬編集

出典編集

  1. ^ 競馬 - 上野 清章 - スポーツナビ”. スポーツナビ. 2015年6月7日閲覧。
  2. ^ a b c ニュースぷらざ”. ケイバブック. 2015年6月7日閲覧。