函館駐屯地

函館駐屯地(はこだてちゅうとんち、JGSDF Camp Hakodate)は、北海道函館市広野町6-18に所在し、第28普通科連隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。北海道最南端の駐屯地にして、北海道南部の陸上交通の結節・終着点であり、国際海峡(特定海域)である津軽海峡を眼前に望む国家防衛の要衝である。

函館駐屯地
所在地 北海道函館市広野町6-18
座標 北緯41度46分47秒 東経140度46分07秒 / 北緯41.77972度 東経140.76861度 / 41.77972; 140.76861座標: 北緯41度46分47秒 東経140度46分07秒 / 北緯41.77972度 東経140.76861度 / 41.77972; 140.76861
駐屯地司令 第28普通科連隊長
開設年 1950年
テンプレートを表示

冷戦期1976年にはソ連から亡命してきたMiG-25戦闘機が函館空港に強行着陸するベレンコ中尉亡命事件が発生し、ソ連特殊部隊スペツナズ)の奪還作戦に備えて極秘裏に出動体制を整えていたとの説がある。

最寄の演習場は、駒ケ岳演習場(茅部郡鹿部町)。駐屯地司令は、第28普通科連隊長が兼務。

駐屯地のすぐ近くには、函館競輪場乃木神社函館分社がある。

目次

沿革編集

  • 1950年(昭和25年)10月:旧陸軍砲兵練兵所跡に函館駐屯地創設。第2連隊第3大隊が東千歳駐屯地で編成され函館駐屯地に移駐(後に第2連隊第3大隊から第4連隊第3大隊に改称)。
  • 1951年(昭和26年)8月:第200仮会計隊第3分遣隊発足(現在の第332会計隊)
  • 1952年(昭和27年)10月:警察予備隊保安隊に改称 北部方面隊創設。駐屯地管理隊編成(現在の函館駐屯地業務隊)。11月:北部方面通信所函館支所編成完結(現在の第311基地通信中隊函館派遣隊)。12月:臨時青函地区輸送連絡部函館支部設置(後の中央輸送業務隊青函地区隊函館派遣隊)
  • 1953年(昭和28年)3月:第400警務大隊第2警務中隊函館派遣隊設置(後に第101地区警務隊函館派遣隊)。10月:第4連隊第3大隊主力は釧路駐屯地に移駐。
  • 1954年(昭和29年)7月1日:陸上自衛隊へ移管[1]
  • 1954年(昭和29年)7月:自衛隊発足。第2新隊員教育隊の編成完結。
  • 1959年(昭和34年)8月13日:第2新隊員教育隊を廃止、第101教育大隊へと改編。
  • 1962年(昭和37年)1月:第28普通科連隊滝川駐屯地で編成完結。6月:第28普通科連隊主力函館に到着。第101教育大隊は真駒内駐屯地に移駐。
  • 1964年(昭和39年)3月:第311地区施設隊が高田駐屯地から移駐(後に第343施設中隊に改編)。
  • 1971年(昭和46年)7月:東亜国内航空「ばんだい号」が横津岳に墜落、災害出動。
  • 1976年(昭和51年)9月:MiG-25が函館空港に強行着陸する(ベレンコ中尉亡命事件)。
  • 1993年(平成5年)7月:北海道南西沖地震奥尻島に災害出動。
  • 1996年(平成8年)3月:第11師団の改編に伴い、第28普通科連隊第4中隊と第343施設中隊が倶知安駐屯地に移駐。
  • 2006年(平成18年)3月:中央輸送業務隊青函地区隊の廃止に伴い、第3移動支援隊を新編。
  • 2008年(平成20年)3月26日:第11師団旅団化に伴う駐屯部隊改編及び移駐。中央輸送業務隊第3移動支援隊が横浜駐屯地へ移駐。第101地区警務隊函館派遣隊を第120地区警務隊函館派遣隊に改編。
  • 2017年(平成29年)9月19日:敷地内に地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)部隊を配備[2]
  • 2017年(平成29年)9月27日:小野寺五典防衛相が視察[3]

駐屯部隊編集

第11旅団隷下部隊編集

北部方面総監直轄部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

最寄の幹線交通編集

重要施設編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集