メインメニューを開く

株式会社 初田製作所(はつたせいさくしょ)は、大阪府枚方市に本社を置く消火器や消火システム、各種防災機器の製造販売をおこなう会社である。1902年創業。

株式会社 初田製作所
HATSUTA SEISAKUSHO Co.,Ltd
HATSUTA SEISAKUSHO headquarters.jpg
本社正門
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ハツタ
本社所在地 日本の旗 日本
573-1132
大阪府枚方市招提田近3-5
設立 1947年8月19日
業種 機械
法人番号 6120001150363
事業内容 各種消火システム、消火器、防災関連機器
代表者 初田和弘(代表取締役社長)
資本金 8千万円
従業員数 約295人
外部リンク http://www.hatsuta.co.jp/
テンプレートを表示

目次

会社概要編集

1894年(明治27年)京都商工会議所の初代会頭であった高木文平が「京都のお寺や神社を守りたい」という強い気持ちから二重瓶消火器を考案。1902年(明治35年)に、高木文平の同郷の友人であった初田利兵衛(りへえ)が製造・販売の権利を譲り受け、京都三条河原町に二重瓶消火器株式会社を設立した。その後1944年(昭和19年)に社名を初田工業株式会社に変更、1947年(昭和22年)には初田工業株式会社から分業独立し、現在の株式会社初田製作所となった。

日本の消火器事業において、「ハツタ」ブランドの消火器で知名度が高い。商品ラインナップには、環境にやさしい消火器「ECOSSシリーズ」や「UD(ユニバーサルデザイン)を取り入れた消火器(具)などがある。また、業界初のエコマーク消火器の販売や、CO2の「見える化」を実現したカーボンフットプリントの表示など、環境トップメーカーとして知られている。

2014年4月には、大阪市中央区にある大手繊維会社の「帝人株式会社」、長野県上田市にあるプラスチックボトル成形機製造会社の「株式会社フロンティア」と共同で、世界初のプラスチック製消火器「CALMIE(カルミエ)」を開発した。ポリエチレンナフタレートを使用した透明樹脂製で、現行の鉄製消火器より1kg以上軽量という特徴を持っている。

歴史編集

  • 明治35年(1902年) 京都市で二重瓶消火器株式会社創設、二重瓶消火器の製造販売を開始。
  • 昭和19年(1944年) 初田工業株式会社に社名変更。
  • 昭和22年(1947年) 初田工業株式会社より事業を分離独立し、株式会社初田製作所を設立。
  • 昭和36年(1961年) 消火装置の製造販売を開始。総合防災メーカーとしてのスタートをきる。
  • 昭和38年(1963年) シームレックス消火器を開発・発売。
  • 昭和40年(1965年) シームレックス消火器の製品、製造国内特許を取得。
  • 昭和42年(1967年) 大阪府枚方市に本社社屋完成、本社移転。
  • 昭和43年(1968年) 同消火器製造工場完成、操業を開始。
  • 昭和45年(1970年) 「日本万国博覧会」に施設参加。
  • 昭和57年(1982年) 小型消火システム・キャビネックスを開発・発売。
  • 昭和60年(1985年) つくば万博に施設参加。
  • 平成10年(1998年) ギンゲカー(デンマーク)と業務提携し、アルゴナイトを販売。
  • 平成11年(1999年) 消火器業界初 ISO9001認証取得。キャビネックスがFM認証取得。
  • 平成14年(2002年) 創立100年。ISO14001認証取得。
  • 平成15年(2003年) 中国上海に、初田(上海)国際貿易有限公司を設立。
  • 平成15年(2003年) 業界初のエコマーク消火器発売。
  • 平成17年(2005年) 業界初のユニバーサルデザイン消火器(具)発売。
  • 平成17年(2005年) 中国寧波市に初田(寧波)消火器材有限公司を設立。
  • 平成17年(2005年) 愛・地球博にECOSS消火器が採用。
  • 平成17年(2005年) IG-55消火設備が中国消防局の認定取得。
  • 平成18年(2006年) 環境大臣より廃消火器の「広域認定」取得。
  • 平成19年(2007年) 消火器リース「NEW ECOSS・ゼロエミサービス」開始。
  • 平成19年(2007年) 「CASSO」が世界的に最も権威のあるデザイン賞の一つ「iF賞」を受賞。
  • 平成20年(2008年) HATSUTA消火設備トレーニングセンターとして「実消舘」を設立。
  • 平成22年(2010年) 「インターシュッツ2010(国際防火・防災・救助サービス見本市)」に次世代消火器CALMIEを出展。
  • 平成23年(2011年) 業界初カーボンフットプリントマーク付消火器の販売。
  • 平成23年(2011年) タイバンコクに、サイアム・ハツタを設立。
  • 平成24年(2012年) 日本ドライケミカル株式会社と業務提携。
  • 平成26年(2014年) 世界初の透明樹脂製蓄圧式消火器を開発・販売開始。
  • 平成27年(2015年) 東京本社屋を設置、東京支社を移転し、営業を開始。

取り組み編集

初田製作所では、原材料調達から廃棄・リサイクルまですべての工程でのCO2排出量を測定するカーボンフットプリントを業界初で導入。消火器のPCRも初田製作所が単独で策定を行った。また、NEW ECOSS・ゼロエミサービスでは、ゼロ・エミッション(廃棄物ゼロ)を目指して循環型社会を実現するなど、環境への取り組みを重視して行っている。

主な商品編集

  • 消火器
  • 各種消火設備
  • 自動消火システム
  • 避難器具
  • 救出活動用機材
  • 救護活動用機材
  • 非常用持ち出しセット
  • 災害用車椅子
  • 防災用ラジオ・ライト
  • メガホン
  • 非常用食料品
  • 保存水
  • 救急用品
  • リヤカー
  • ヘルメット
  • 屋外用発電機
  • バルーン型投光器
  • ハロゲン投光器
  • 担架
  • トランシーバー
  • 吸水土嚢
  • 充交両用型投光器
  • 防災用毛布
  • 防災用簡易トイレ
  • 発電機付投光器
  • 救助用工具

など

外部リンク編集