前川 忠夫(まえかわ ただお、1909年2月1日 - 1988年6月25日)は日本の政治家農学者香川大学学長や香川県知事を務めた。

生涯編集

1909年香川県三豊郡上高瀬村(現・三豊市)で生まれる。旧制山形高校(現・山形大学)を経て、1935年に東京帝國大学(現・東京大学農学部を卒業。専門は農業工学で、岩手大学教授などを務めている。1955年香川大学農学部教授となり、農学部長を経て1964年学長に就任。

1961年 東京大学農学博士 論文の題は「かんがい用貯水池の貯水能に関する研究」[1]

1974年社会党共産党民社党公明党などの推薦を得て香川県知事選挙に出馬。7選をめざした金子正則を破って初当選し、全国7番目の革新知事となる。多選回避や高齢などを理由に、3選後の1986年に知事引退。

知事としては、老人医療費の対象の2歳引き下げや国指定でない難病医療費の無料化などを行なった。

豊島における産業廃棄物処理場の建設反対運動に際し、処理業者からの必死の嘆願を受けた末、住民を説得して事業に許可を下した。処理場に反対する住民に「これでは事業者いじめだ。豊島の海は青く、空気は綺麗だが、住民の心は灰色だ」との発言があり、豊島と香川県の軋轢の始まりとなった[2]。前川は住民の訴えを「住民のエゴ」だとして、豊島総合観光開発の廃棄物処分場を許可し、ここに以後42年間にも及ぶ「豊島の産廃問題」がスタートすることになる。2017年までに700億円以上の公費が費やされることになるが、前川はその結末を見届けることなく、肺癌による呼吸不全のため、1988年に79歳で逝去する。

自由民主党の地元代議士である大平正芳とも関係は悪くなかったが、1978年の前川の再選出馬時に大平が自民党本部の選挙責任者である党幹事長に就いていたため、大平を苦しい立場に立たせることとなる。選挙結果は前川の当選、自民党公認・大野功統の落選となったが、このことは当年の自民党総裁選における大平の失点となった。

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 豊島産業廃棄物不法投棄事件─その倫理学的検討のための予備考察