メインメニューを開く

加瀬純一

日本の将棋棋士

加瀬 純一(かせ じゅんいち、1957年11月26日 - )は、将棋棋士。棋士番号156。千葉県八日市場市(現・匝瑳市)出身。松田茂役九段門下。

 加瀬純一 七段
名前 加瀬純一
生年月日 (1957-11-26) 1957年11月26日(62歳)
プロ入り年月日 1982年8月5日(24歳)
棋士番号 156
出身地 千葉県八日市場市(現・匝瑳市
師匠 松田茂役九段
段位 七段
戦績
2015年4月1日現在
テンプレートを表示

経歴・人物編集

父の加瀬不知夫は、日本将棋連盟の柏支部長。

1982年のプロ入り以来、タイトル戦で本戦進出歴は無く、第50期・2001年度王座戦の二次予選決勝進出が最高であった。 一般棋戦では、オールスター勝ち抜き戦で1回(第6回・1983年度)、NHK杯で2回(第35回・1985年度及び第52回・2002年度)予選を通過して本戦入りを果たした。 順位戦での勝ち越しは第52期・1993年度の1回(7勝3敗)のみで、第56期・1997年度で3個目の降級点を喫し、40歳の若さで同棋戦への参加資格を失いフリークラスに降級。C級2組復帰に要する成績・実績を収められず2008年3月31日に引退[1]

引退後は千葉県市川市にて「加瀬将棋教室」を経営している。

将棋年鑑にて、自らの将棋を「羽毛」と表している。

若手の有望株である佐藤和俊遠山雄亮戸辺誠が弟子である。ちなみに加瀬は引退直前に公式戦で遠山に敗れ、「師匠への恩返し」をされる形となった。(2007年11月7日・第56期王座戦一次予選3回戦)

戦績編集

  • 順位戦 C級2組 15期連続在位(第42期・1983年度 - 第56期・1997年度)
  • 竜王戦 5組 第1期から19期連続在位

棋風編集

生粋の振り飛車党。

昇段履歴編集

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

出演編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集