メインメニューを開く

加賀田(かがた)は、大阪府河内長野市内の一地域。河内長野市の南部に位置し、河内長野市の前身である南河内郡加賀田村の地域である。

加賀田
かがた
日章旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
自治体 河内長野市
旧自治体 南河内郡加賀田村
世帯数
5,265世帯
総人口
12,869
住民基本台帳、2012年12月)
テンプレートを表示
加賀田地域の地図
西(青色):加賀田、中央(灰色):石仏

本項では、加賀田唐久谷石仏北青葉台南青葉台大矢船北町大矢船中町大矢船南町大矢船西町南ケ丘について記述する。

歴史・概要編集

かがたむら
加賀田村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 新設合併
加賀田村長野町高向村三日市村天見村川上村→河内長野市
現在の自治体 河内長野市
廃止時点のデータ
  日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
南河内郡
総人口 1,974
(国勢調査人口、1950年10月1日)
隣接自治体 大阪府
南河内郡三日市村、高向村、天見村
和歌山県
伊都郡紀見村
加賀田村役場
所在地 大阪府南河内郡加賀田村大字加賀田
 表示 ウィキプロジェクト

近代以前編集

日本 > 畿内 > 河内国 > 錦部郡 > 加賀田村石仏村唐久谷村

近代以降編集

日本 > 大阪府 > 南河内郡 > 加賀田村

河内長野市制施行以降編集

地理編集

 
1980年代の加賀田地区

河内長野市の南部に位置する。当地域の真ん中を縦断するように加賀田川が流れ、東端を天見川が流れている。また、加賀田川に沿うように府道221号加賀田片添線がある。

河川編集

交通編集

主な道路
鉄道
美加の台駅は美加の台地区の住民の利用が大半で、当地域の住民は、路線バスなどで河内長野駅三日市町駅を利用する。これは、当地域のニュータウンが美加の台駅開業の10年前に開発済みであったため、距離の遠い三日市町駅方面への道路網が発達したことに起因しており、現在も美加の台駅方面への直接アクセス可能な道路は整備されていない。

地域編集

加賀田編集

町村制施行以前の加賀田村にあたり、かつては青葉台や大矢船などの地区も含まれていたが、現在では宅地開発の行われていない地区のみを指す。

主な施設、旧跡など

唐久谷編集

読みは「からくだに」。町村制施行以前の唐久谷村にあたる。宅地開発は行われおらず、古くからの集落のみ存在する。

石仏編集

読みは「いしぼとけ」。町村制施行以前の石仏村にあたる。南海美加の台は開発前、当地区も一部含まれていた。

主な施設、旧跡など

北青葉台、南青葉台編集

北青葉台は1968年から翌年にかけて青葉台ニュータウンとして、南青葉台は1969年から1972年にかけて青葉台ハイツとして、共に大登興産が開発した小規模ニュータウン住居表示1973年2月1日に制定された。都市公園としては北青葉台第1-8緑地がある。

主な施設、旧跡など

(北青葉台)

  • 河内長野青葉台郵便局

(南青葉台)

大矢船北町、大矢船中町、大矢船南町、大矢船西町編集

読みは「おおやぶねきたまち」、「-なかまち」、「-みなみまち」、「-にしまち」。1970年から1974年にかけてイトーピア長野として伊藤忠不動産によって開発された小規模ニュータウン。名称の由来は宅地開発前、この地区が「大屋船」と呼ばれていたことに因る。住居表示は1986年11月1日に制定された。都市公園としては南青葉台第1-5公園がある。

主な施設、旧跡など

(大矢船北町)

(大矢船中町)

(大矢船南町)

(大矢船西町)

  • ロジェ長野
  • 河内長野ゴルフセンター

南ケ丘編集

1970年から1975年にかけて日生長野南として日生不動産によって開発された小規模ニュータウン。住居表示は1987年11月5日に制定された。都市公園には南ケ丘第1-5公園がある。

関連項目編集

脚注・出典編集

参考文献編集

  • 楠原佑介『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。ISBN 4-490-10280-1
  • 町名一覧表 - 河内長野市