動く標的 (映画)

動く標的から転送)

動く標的』(うごくひょうてき、Harper)は1966年アメリカ合衆国サスペンス映画。 監督はジャック・スマイト、出演はポール・ニューマンローレン・バコールなど。 ロス・マクドナルドの1949年のミステリ小説『動く標的』を原作としている。 イギリスで公開された際のタイトルは原作の原題と同じ『The Moving Target』である[3]

動く標的
Harper
監督 ジャック・スマイト
脚本 ウィリアム・ゴールドマン
原作 ロス・マクドナルド
動く標的
製作 ジェリー・ガーシュウィン
エリオット・カストナー
出演者 ポール・ニューマン
ローレン・バコール
ジュリー・ハリス
アーサー・ヒル
ジャネット・リー
音楽 ジョニー・マンデル英語版
撮影 コンラッド・L・ホール
編集 ステファン・アーンステン
製作会社 ワーナー・ブラザース
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1966年2月23日
日本の旗 1966年7月14日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $12,000,000[2]
次作新・動く標的
テンプレートを表示

1975年には同じポール・ニューマン主演で『魔のプール英語版』を原作とした続編『新・動く標的』が公開されている。なお、本作も続編も主人公の名前は原作のルー・アーチャーからルー・ハーパーに変えられている。この理由について、ニューマンが『ハスラー 』『ハッド』のヒット以来、Hで始まるタイトルにこだわったという説がしばしばみられるが、実はこの時マクドナルドが『ルー・アーチャー』というキャラクター名の版権を保持したかったためであった[4]

ストーリー編集

自分の離婚話さえ解決できない私立探偵ハーパーは友人の弁護士アルバートの依頼で、前日に失踪した大富豪サンプスンの捜索を引き受ける。

夫人に会った後、ロサンゼルスにあるサンプスンの部屋を訪れ、かつての人気女優フェイの写真を見つける。フェイの夫トロイは密入国で儲けている男だ。フェイに会い、莫大な金を持っていることを知る。その時かかった電話で、バー「ピアノ」に関係があることを知って乗りこむ。だが、歌手のベティは質問に答えてくれず、あげく、用心棒に叩き出される。サンプスン誘拐の裏にシンジケートが動いていることを確信。

その頃、サンプスン夫人に現金50万ドルをよこせという脅迫状が舞いこんだ。アルバートに金を用意させ、保安官のスパナーとともに指定の場所に。やがて乗用車とスポーツカーが現れ、先に金を受け取った乗用車の運転手は殺され、金はなくなっていた。

以前、サンプスンが宗教団体の指導者クロードに寄付したことから、山頂の“雲の神殿”がシンジケートの本部と突き止める。ベティからサンプスンの居所を聞き出したものの、既に死んでいて、証人たちもたくみに殺されていた。

殺人の現場に必ずといっていいほど、アルバートが居合せていたことから、真犯人がアルバートだと確信する。問いつめられて自白した後、アルバートはハーパーに拳銃をつきつける。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

その他、塩見竜介緒方敏也たてかべ和也中島喜美栄浅井淑子

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、18件の評論の全てが高く評価しており、平均して10点満点中7点を得ている[5]Metacriticによれば、6件の評論のうち、高評価は2件、賛否混在は4件、低評価はなく、平均して100点満点中51点を得ている[6]

出典編集

  1. ^ Harper (1966)” (英語). IMDb. 2020年4月29日閲覧。
  2. ^ Harper (1966) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2020年4月29日閲覧。
  3. ^ Harper (1966) - Release Info” (英語). IMDb. 2013年6月19日閲覧。
  4. ^ Ross Macdonald's Lew Archer” (英語). Mystery Scene. 2020年4月29日閲覧。
  5. ^ Harper (The Moving Target) (1966)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年4月29日閲覧。
  6. ^ Harper Reviews” (英語). Metacritic. 2020年4月29日閲覧。

外部リンク編集