メインメニューを開く

北野桝塚駅

日本の愛知県岡崎市にある愛知環状鉄道の駅

北野桝塚駅(きたのますづかえき)は、愛知県岡崎市北野町二番訳にある愛知環状鉄道線である。駅番号06

北野桝塚駅
北野桝塚駅(2006年10月)
北野桝塚駅(2006年10月)
きたのますづか
Kitanomasuzuka
05 大門 (2.2km)
(2.0km) 三河上郷 07
所在地 愛知県岡崎市北野町二番訳68-2
駅番号 06
所属事業者 愛知環状鉄道**
所属路線 愛知環状鉄道線
キロ程 8.7km(岡崎起点)
電報略号 マス
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
1,068人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1970年昭和45年)10月1日*
備考 駅員時間配置駅
* 旅客営業開始は1976年
** 1988年 JR東海より移管
テンプレートを表示

車庫が隣接しているため、一部の列車はここで乗り継ぎとなる。

目次

歴史編集

貨物駅として営業開始した当駅は、トヨタ自動車の自動車輸送のために多数の側線と広大なモータープールを持つ駅だった。旧国鉄は当駅を北野桝塚自動車基地と名付けて、自動車発送の拠点とした。1971年には10往復の専用列車を設定、1日140両、自動車台数1300台を取り扱う大拠点だった。運営管理はトヨタ輸送が行い、上郷貨車センターと呼ばれていた。

駅構造編集

島式ホーム2面4線を持つ高架駅である。設備上はここで緩急接続が可能だが、現在のダイヤでは全列車が各駅に停車するため一部のホームはあまり使用されない。当駅にて車両交換時に対面乗り換えが可能である。ここで増結して発車する列車もある。

本社隣接駅にもかかわらず営業上は長年無人駅であったが、2008年平成20年)に駅構内に「お忘れ物取扱所」が開設され、併せて早朝・夜間を除き有人駅化された[2]

日中の全線通し運転の場合、2番線に岡崎行きの列車、3番線に高蔵寺方面行きの列車がそれぞれ停車することが多い。

利用状況編集

岡崎市統計ポータルサイトによると、当駅の一日平均乗車人員は以下の通り推移している。

年度 一日平均
乗車人員
2004年 416
2005年 636
2006年 623
2007年 777
2008年 796
2009年 776
2010年 795
2011年 779
2012年 810
2013年 823
2014年 855
2015年 968
2016年 1,026
2017年 1,068

駅周辺編集

住宅と農地が点在する郊外地域。駅南方に三菱自動車工業の工場が控える。

バス路線編集

名鉄バス北野桝塚バス停留所が駅南側にある。片方向運転の循環区間のため乗降場は1ヶ所のみ。

隣の駅編集

愛知環状鉄道
愛知環状鉄道線
大門駅(05) - 北野桝塚駅(06) - 三河上郷駅(07)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集