千石通り(せんごくどおり)は、福島県会津若松市内を通る福島県道64号会津若松裏磐梯線の愛称。加えて、本項目では同県道の小田橋通り(おだばしどおり)についても記述する。千石通り・小田橋通りの愛称は会津若松市門田町の市道との交差点から国道49号との郷ノ原交差点までの区間が該当[1]する。

会津若松市の通り
Fukushima Pref Route Sign 0064.svg
千石通り
起点 会津若松市南千石町
終点 会津若松市一箕町大字亀賀
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0049.svg国道49号
Japanese National Route Sign 0294.svg国道294号
福島県道325号湯川大町線
飯盛山通り
白虎通り
千石通り(小田橋通り)
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
会津若松市の通り
Fukushima Pref Route Sign 0064.svg
小田橋通り
起点 会津若松市門田町大字黒岩
終点 会津若松市南千石町
接続する
主な道路
記法
福島県道325号湯川大町線
千石通り
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
不動川橋付近
小田橋付近

概要編集

会津若松市の市街地東側を経由する幹線道路で、主要地方道の一部。沿線にはスーパーマーケットレストラン家電量販店などをはじめとする商業施設が立ち並び、全線が片側2車線で整備されている。また、会津若松市の交通バリアフリー整備事業では実施の特定経路に指定されている[1]。加えて、千石バイパス[2]などと呼ばれることがあったほかや沿線にかつて富士通の関連施設があったため、富士通通りの愛称でも呼ばれていた[3]

歴史編集

会津若松市中心市部の混雑を緩和することを狙いとして、昭和後期から整備が進められた。1969年に都市計画道路亀賀御山線として計画され、国道121号のバイパス道路として事業が進められていたとされる[4]。開通当初は舗装がされていなかったほか、沿線には農地などが広がっていた[5]1974年までに国道49号(滝沢バイパス)側から1682mが開通[6]。その後、1978年に北側の開通区間の延長1087m、1981年に南側の高田橋通りからの842mの区間の開通を経て、1989年に小田橋北側の区間が開通し、当初計画の区間が全通した[6]。また、通り名のついた区間ではないが、その後1996年にはこの通りを南に延伸して門田町堤沢地区までの区間が開通している[4]

交差する道路など編集

県道起点方面から終点方面の順。交差する道路について、特記がない場合は会津若松市道。交差する道路については、左側が上り線側、右側が下り線側。

交差する道路/河川 交差点名/橋梁名
福島県道64号会津若松裏磐梯線 南会津町水戸市方面
市内門田町方面 会津美里町方面
〈高田橋通り〉
-
市内北青木 市内天神町 -
市内建福寺前 市内天神町 -
市内花見ヶ丘一丁目 - -
湯川 小田橋
- 鶴ヶ城方面
〈城南通り〉
-
東山温泉方面 市街地方面 -
市内東山町方面 会津若松市役所方面 -
福島県道325号湯川大町線 福島県道325号湯川大町線 -
市内東千石一丁目 市内千石町 -
市内東山町方面
〈慶山通り〉
市街地方面 -
市内桧町 市内花畑東 -
市内桧町 市内平安町 -
市内一箕町方面 市街地方面 滝沢町
飯盛山方面
白虎通り
会津若松駅方面
〈白虎通り〉
-
市内山見町 国道118号国道121号方面 -
- 市内一箕町 -
飯盛山方面
〈飯盛山通り〉
国道118号、国道121号方面 不動川橋
市内一箕町 市内一箕町 -
国道49号(郡山市方面)
滝沢バイパス
国道49号(新潟市方面)
〈滝沢バイパス〉
郷ノ原
-

小田橋編集

 
小田橋

小田橋は、福島県会津若松市の一級河川湯川に架かる小田橋通りの橋梁である。昭和50年代には、1975年に架けられた木橋が用いられており、重量制限があり、一方通行であったほか、車道の幅員は3.6mであった[7]。その後、1977年から1982年にかけて改築が行われ、現在の橋梁が完成している。現橋梁の長さは71.8m、車道の幅員は13m、歩道の幅員は11mである[6]

沿線編集

小田橋通り編集

会津若松市門田町を起点とする小田橋通りは、住居表示が実施された同市市街地東部(天神町、北青木、建福寺前、花見ヶ丘一丁目、宝町、花春町、南千石町)を通過する。沿線には商業施設のほか、住宅地などが広がる。また、会津松平氏庭園(御薬園)や鶴ヶ城公園などの観光地も沿線にある。

千石通り編集

続いて北に続く千石通りも、住居表示の実施された同市市街地東部(千石町、東千石一丁目、同二丁目、花畑東、桧町、平安町、滝沢町、山見町)を通過する。この区間でも、沿線には商業施設が立ち並び、住宅地なども広がる。山見町以北では、住居表示未実施の地域(一箕町大字亀賀)を経由し、終点の国道49号(滝沢バイパス)との交差点(郷ノ原交差点)に至る。この区間でも住宅地などの中を通過する。

沿線の史跡・施設など編集

脚注編集

  1. ^ a b 会津若松市交通バリアフリー基本構想 : 27頁(30/32)を参照のこと
  2. ^ ガソリンスタンド店名[リンク切れ]
  3. ^ コナカ 店舗情報 : アクセス情報を参照のこと - ウェイバックマシン(2010年11月3日アーカイブ分), アクセス案内 - ウェイバックマシン(2010年6月8日アーカイブ分) など、店舗のアクセス案内等には現在も利用されることがある。
  4. ^ a b 会津若松市史 10 - 歴史編10 戦後現代 - 会津戦後から明日へ pp68-70. 2009,
  5. ^ 会津若松市市政だより : 時間散歩 千石バイパス
  6. ^ a b c 会津若松建設事務所100周年記念誌
  7. ^ 角川日本地名大辞典 7 福島県 p217, 1981