メインメニューを開く

湯川(ゆがわ)は福島県に源流を持つ一級河川で、一級水系阿賀野川水系に属する。

湯川
Yugawa at Aizuwakamatsu, Fukushima in Winter.jpg
水系 一級水系 阿賀野川
種別 一級河川
延長 28 km
流域面積 152.9 km²
水源 会津布引山(福島県)
水源の標高 1,081 m
河口・合流先 阿賀川(湯川放水路)
日橋川(旧湯川)
流域 福島県
テンプレートを表示
福島県会津若松市表町付近の湯川。国道118号国道121号国道401号の橋梁から。

概要編集

会津布引山を水源とし、会津若松市東山町や、会津若松市市街地南部を流れる。1934年から1958年までの間に、国直轄により湯川放水路(長さ2200m、川幅60m)の開削事業が行われた[1]ため、現在は蟹川橋付近で阿賀川に流れ込む湯川放水路と、河沼郡湯川村を経由して溷川に合流後、喜多方市塩川地区にて日橋川に流れ込む旧湯川がある。湯川放水路は会津若松市神指町付近を経由して前述のように阿賀川に流れ込んでいるほか、旧湯川は会津盆地中部の水田などが広がる地帯を流れている。会津若松市の市街地は本河川と溷川と不動川などその支流による扇状地に形成されたとされる[2]

また、本河川には1970年に湯川総合開発事業により建設の着手がなされ、1972年に着工、1982年に完成した東山ダムがある[1]。加えて、河沼郡湯川村の村名は本河川に由来する[3]。加えて、本河川について国土交通省の提供する川の防災情報から雨量、水位等の情報を得ることができる[4]

会津若松市東山町には雨降り滝とよばれるがあるほか、湯川の名称は、東山温泉による。また、かつては黒川と呼ばれていた時期もあったとされる[5]

河川施設編集

支流編集

本河川に架かる橋梁編集

その他編集

  • 8月中旬に開催される会津東山盆踊りでは、東山温泉地域内を流れる湯川にやぐらが立てられる[6]
  • 会津若松市では、本河川、阿賀川、日橋川、宮川による洪水で生じることが予想される被害などについてまとめた、「洪水ハザードマップ」を作成している[7]
  • 川に学ぶ体験活動協議会による「全国川遊び100選」に、「湯川いこいの河畔公園」として紹介されている[8]。この「湯川いこいの河畔公園」は小田橋と天神橋の間において1981年から整備されている[1]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集