メインメニューを開く

原町駅

日本の福岡県糟屋郡粕屋町にある九州旅客鉄道の駅

原町駅(はるまちえき)は、福岡県糟屋郡粕屋町原町一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)篠栗線福北ゆたか線)のである。駅番号はJC03

原町駅
駅舎
駅舎
はるまち
Harumachi
JC04 長者原 (0.7km)
(2.5km) 柚須 JC02
所在地 福岡県糟屋郡粕屋町原町一丁目1-1
駅番号 JC  03 
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 JC篠栗線福北ゆたか線
キロ程 20.1km(桂川起点)
電報略号 マチ←ハルマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,514人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1904年明治37年)6月19日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示

目次

歴史編集

国鉄の分割民営化直前まで、吉塚 - 篠栗間には当駅しか存在しなかった。炭鉱のための鉄道として篠栗線が最初に開業した明治37年から存在する駅である。

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。駅舎は駅構内北側(下り列車進行方向に向かって右側)に設置されており、コミュニティホール「ハーモニーホール原町」を併設している。

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、マルスは無いがPOS端末が設置されている。自動改札機が設置されておりSUGOCAの利用が可能であるが、カード販売は行わずチャージのみ取り扱いを行う[2]

構内は両方両開き分岐器である上、隣の長者原駅が近いため快速列車は低速又は減速しながら通過する。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1 JC 福北ゆたか線 上り 篠栗直方方面
2 下り 博多方面

利用状況編集

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員1,514人である[3]

年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員
2006年 2,300 -
2007年 1,800
2008年 1,800
2009年 1,900
2010年 2,000
2011年 2,200
2012年 2,200
2013年 2,400
2014年 2,400
2015年 2,600
2016年 1,407[5]
2017年 1,513[6]
2018年 1,514[7]

駅周辺編集

1988年、当駅の約600m東側にある篠栗線香椎線の交差地点に長者原駅が設置されるまでは当駅が粕屋町の中心駅としての役割を持っていた。駅前を篠栗線に並行する形で通る県道607号線(旧国道201号)沿いに商店が並ぶ。その他の駅周辺地区は住宅地となっている。

また、駅前から北側へ延びる県道545号線を約1km北上すると香椎線伊賀駅に行き着く。

  • 原町駅前公園
  • ザ・ビッグエクスプレス粕屋店
  • 粕屋町立仲原小学校
  • サニー原町店

隣の駅編集

九州旅客鉄道
JC 福北ゆたか線(篠栗線)
快速
通過
普通
長者原駅 (JC04) - 原町駅 (JC03) - 柚須駅 (JC02)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2009年3月3日) 
  2. ^ SUGOCA 利用可能エリア 九州旅客鉄道、平成28年3月26日時点(2016年10月5日閲覧)。
  3. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2018年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2019年7月27日閲覧。
  4. ^ 粕屋町 町勢要覧 JR各駅別利用状況
  5. ^ 駅別乗車人員上位300駅(平成28年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道 (2017年7月31日). 2017年8月7日閲覧。
  6. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2017年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2019年3月10日閲覧。
  7. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2018年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2019年7月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

  • 原町駅(駅情報) - 九州旅客鉄道