古今亭八朝

落語協会所属の日本の落語家

古今亭 八朝(ここんてい はっちょう、1951年7月19日 - )は、東京都豊島区出身の落語家落語協会所属。本名:丸山 美治出囃子は『雛鶴三番叟』。

古今亭ここんてい 八朝はっちょう
古今亭(ここんてい) 八朝(はっちょう)
古今亭八朝定紋「鬼ツタ」
本名 丸山まるやま 美治みはる
生年月日 (1951-07-19) 1951年7月19日(70歳)
出身地 日本の旗 日本東京都豊島区
師匠 三代目古今亭志ん朝
名跡 1. 古今亭志ん吉
(1973年 - 1975年)
2. 古今亭八朝
(1975年 - )
出囃子 雛鶴三番叟
活動期間 1973年 -
配偶者 死別
所属 落語協会
(1973年 - 1978年)
落語三遊協会
(1978年)
落語協会
(1978年 - )
公式サイト 所属事務所によるプロフィール
受賞歴
国立若手花形新人賞銀賞(1982年)

経歴編集

東京都立明正高等学校卒業後1970年4月に三代目古今亭志ん朝に入門。1973年5月に志ん吉の名で前座になり、浅草演芸ホールにて初高座を務める。

1975年11月、林家らぶ平柳家さん光と共に二ツ目昇進、八朝に改名。

1984年9月に林家種平桂藤兵衛と共に真打昇進。

2003年4月、黒門亭[1]運営委員長に就任。2005年に門亭運営実行委員会実行委員長に就任。2006年2007年の二年連続で落語協会「円朝まつり」実行委員長を務める。

芸歴編集

人物編集

趣味∶巨人軍の応援、カラオケ

前座時代に六代目 三遊亭円楽春風亭小朝立川ぜん馬と共に『四天王弟子の会』という会を開いたことがある[2]

受賞歴編集

  • 1982年3月 - 国立若手花形新人賞銀賞

メディア編集

テレビ番組編集

ラジオ番組編集

  • ヤング・ライン(JRNネット
  • 口八丁歌謡曲(JRNネット)
  • 八朝のジョイジョイ富山・土曜ワイド(KNBラジオ
  • サンサンミュージック(KNBラジオ)

著書編集

  • 志ん朝と上方(アスペクト
  • 内儀さんだけはしくじるな -目白・柏木・黒門町-(2008年7月、文藝春秋社)

CD編集

  • どうすりゃいいのさ高齢者/ふてくされ(歌、日本クラウン、2008年8月)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2003年に開始した落語協会運営の寄席。
  2. ^ 六代目 三遊亭円楽『流されて円楽に 流れつくか圓生に』十郎ザエモン、竹書房、2019年11月4日、34頁。ISBN 9784801920392

外部リンク編集