メインメニューを開く

古謝 景春(こざ けいしゅん、1955年3月24日[1] - )は、日本政治家。前沖縄県南城市長(3期)。元知念村長(1期)。

古謝 景春
こざ けいしゅん
生年月日 (1955-03-24) 1955年3月24日(64歳)
出生地 日本の旗 日本沖縄県
出身校 沖縄大学法経学部法学科
自治大学校
所属政党 無所属
公式サイト 古謝景春(コザ景春)公式サイト

当選回数 3回
在任期間 2006年2月12日 - 2018年2月11日

当選回数 1回
在任期間 2002年9月21日 - 2005年12月31日
テンプレートを表示

目次

来歴編集

本籍は南城市知念字安座真。知念村立知念小学校、知念村立知念中学校、沖縄県立沖縄水産高等学校卒業[2]。1979年(昭和54年)4月、知念村役場に採用される。1989年(平成元年)3月、沖縄大学法経学部法学科卒業。1992年(平成4年)、自治大学校卒業。

1998年(平成10年)12月22日、知念村助役に就任。2002年(平成14年)5月31日、助役を退任。同年9月21日、知念村長に就任。

2006年南城市長選挙編集

2006年(平成18年)1月1日、知念村は佐敷町玉城村大里村合併して消滅。南城市が誕生。これに伴って2月12日に行われた南城市長選挙に出馬。大里村長の屋宜由章、玉城村長の大城晃ら2候補を破り初当選した[3][4]

※当日有権者数:31,176人 最終投票率:78.64%(前回比:--ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
古謝 景春50無所属9,489票57.67%
屋宜由章64無所属7,508票31.43%
大城晃66無所属6,889票28.84%

2010年南城市長選挙編集

2010年(平成22年)1月31日執行。元県議の親川盛一(社民党民主党沖縄社会大衆党政党そうぞう国民新党推薦、日本共産党支持)ら2候補を破り再選[5][6]

※当日有権者数:31,176人 最終投票率:74.47%(前回比:-4.17ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
古謝景春54無所属12,697票55.1%(推薦)自由民主党公明党
親川盛一68無所属10,215票44.3%(推薦)社民党民主党沖縄社会大衆党政党そうぞう国民新党(支持)日本共産党
新城健一69無所属129票0.6%

2014年南城市長再選編集

2014年(平成26年)、無投票で3選[7]

2018年南城市長選挙編集

2018年(平成30年)1月21日執行。オール沖縄側が擁立した元衆議院議員の瑞慶覧長敏(社民党、日本共産党、自由党、沖縄社会大衆党、民進党推薦)との一騎打ちとなり、65票差の僅差で落選[8]。惜敗率は99.43%。

※当日有権者数:34,328人 最終投票率:66.92%(前回比:-7.55ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
瑞慶覧長敏59無所属11,429票50.14%(推薦)民進党、日本共産党、自由党、社会民主党、沖縄社会大衆党
古謝景春62無所属11,364票49.86%(推薦)自由民主党・公明党・日本維新の会

脚注編集

外部リンク編集