メインメニューを開く

万大-中和-樹林線(ばんだい-ちゅうわ-じゅりん-せん、正体字: 萬大-中和-樹林線英文表記: Wanda Zhonghe Shulin Line)は台湾台北捷運が計画・一部建設中の捷運路線の通称。台北市中正区万華区新北市永和区中和区土城区樹林区新荘区桃園市亀山区を結ぶ。路線の総延長は22.1km。全区間が中運量捷運方式を採用し 第一期区間が建設され、第二期区間は計画中である[1]

万大-中和-樹林線
基本情報
現況 一部着工中
 台湾
所在地 台北市新北市桃園市
種類 捷運(中運量)
路線網 台北捷運
起点 中正紀念堂駅
終点 迴龍駅
駅数 22駅
開業 2025年(予定)
所有者 台北市政府捷運工程局
新北市政府捷運工程局
運営者 台北大衆捷運股份有限公司
路線構造 高架・地下
車両基地 金城機廠
路線諸元
路線距離 本線22.1km
(第一期8.8km、第二期13.3km)
機廠支線0.7km
軌間 1,435mm
複線区間 全線
テンプレートを表示

概要編集

元々は独立した2つの路線計画が統合されたもので、それぞれ台北市が計画した中永和地区の台北捷運万大線と、新北市(当時は台北県)の計画した樹林捷運建設計画である。 交通部による審査を経て、台北市政府捷運工程局の将来整備すべき区間として樹林捷運と万大線を一本化した万大-中和-樹林線という連続路線として扱われた。 当初はライトレール規格で推進されたが、最終的に中運量規格の捷運路線となった。 中正紀念堂駅では淡水信義線松山新店線と、中和駅では環状線に、土城駅では板南線と接続、迴龍駅中和新蘆線および計画中の桃園捷運棕線と駅外で連絡する。

第一期区間は中正紀念堂駅を起点に、南海路、和平西路、西蔵路沿いに西進し万大路から南下、果菜市場と新店渓を地下で越えた後、新北市永和区に入り 保順路・保生路を直進、中山路で進路を南西に変え連城路・金城路経由で四十張駅に至り、そこから延びる本線と合わせて別途0.7kmの車両基地支線が含まれる全長約9.5kmで、 金城路北側の農地一帯の莒光路付近に設置される車両基地と全9駅は地下に建設される。 第二期区間は基地支線分岐より引き続き金城路を進み、明徳路付近で地上高架に転じる。土城区公所付近で金城路から北上、城林橋で大漢渓を越えて樹林区に至り、中華路、八徳街、大安路沿いに北東へ進み中正路で北西に直進し新荘線迴龍駅に接続する計画で全長13.3km。

歴史編集

 
三重客運の捷運先導バス985路
  • 3月:台北市政府捷運工程局が「万大地区の捷運系統整備F/S分析報告」を作成。
  • 12月:台北県(現新北市)政府が完成「樹林地区の捷運系統計画F/S研究報告」を作成。
  • 6月:交通部主導で万大 - 中和 - 樹林地区の捷運系統ルート研究計画が進行。
  • 5月18日:万華区区間で一次公聴会。
  • 4月30日:交通部が審査を招集し、台北市政府捷運工程局に審査意見修正後、2009年5月8日交通部に送付。
  • 5月15日:交通部が行政院での審議で総事業費898.59億台湾ドルとされる中運量の捷運方式に改める。
  • 12月7日:行政院が経済建設委員会を経て万大線「原則同意」を表明
  • 第一期工程で中正紀念堂 - 莒光(金城機廠)間全長約9.5kmに地下9駅と1つの車両基地を整備し2018年開業
  • 当路線が台北捷運の第二次新設路線網として167.4km、42駅の案が行政院による「原則同意」事項に含まれる事業として正式確定する。
  • 2月12日:行政院が本計画案を「総事業費898.59億台湾ドル」と確定[2][3][4]
  • 11月24日:第二期工程は新北市政府が2012年に補正予算案に盛り込んだあとに実現を目指すこととなった。
  • 11月25日:万大-中和-樹林線の第一期区間起工式典が台北市万華区の万大路底華中河浜公園(華中橋下)で起工に先んじて行われる[5]。あわせて台北市政府捷運工程局が中正区で第一回都市計画変更説明会を開く[6]
  • 5月:捷運工程局が第一期区間の駅命名小部会の会議を招集
  • 万大線一期区間準備工程施工中(植樹移植)
  • 主体工程の細部設計
  • 9月24日:施工最新進度説明[7]
  • 万大線一期区間準備工程施工中(植樹移植)。
  • 主体工程の細部設計。
  • 12月31日:捷運区間に並行する985系統路線バスを先行運行。
  • 6月3日 - 6月9日:LG07駅(錦和駅)、LG08駅(四十張駅)工区入札案件公開閲覧文件。
  • 7月1日:LG07駅(錦和駅)、LG08駅(四十張駅)工区の8月21日入札の案件を公開
  • 8月11日 - 8月17日:LG05駅(永平国小駅)工区入札案件公開閲覧。
  • 8月31日:LG07駅(錦和駅)、LG08駅(四十張駅)工区を皇昌営造が落札。工区は2つの地下駅・4つのシールドトンネル・2つの開削工法トンネルからなる。
  • 10月2日:LG05駅(永平国小駅)11月11日の入札公示。
  • 10月15日:LG07駅(錦和駅)、LG08駅(四十張駅)起工。
  • 11月11日:LG05駅(永平国小駅)栄民工程が落札。工区は地下3階に全長210m駅・2つで計1389mのシールドトンネルからなる。
  • 12月28日:LG05駅(永平国小駅)起工。[10][11]
  • 11月8日:CQ850A工程(LG04/東園駅と新店渓下の河川トンネル)を大陸工程が落札、翌年1月起工予定[12][13]
  • 11月23日:CQ840工程を大陸工程が落札、翌年2月起工予定[14]
  • 2月12日 - CQ840、CQ850A工区起工式典開催[15][16]。これで台北市内の工区は全て着工となる。(工事開始日はCQ840が同年2月6日、CQ850Aが前年12月31日)
  • 7月11日 - 第1期区間の駅名が正式決定[17]
  • 8月31日 - (2期区間)LG09/LG10の2駅を高架から地下に改める財務計画修正案が交通部の審議を通過[18]
  • 2025年末 - 第一期区間の中正紀念堂 - 莒光間完工、開業予定。

工程概要編集

万大中和樹林線は2期で整備され、第一期区間は駅番号LG01-LG08A。現在的設計段階で4工区に分けられ各工区の作業状況は以下の通り

第一期区間編集

設計工程編集

(台北市政府捷運工程局資料:2016年11月9日現在)[23]

設計工区 設計内容 細部設計事業者 完成進度
DQ121 LG01駅、LG02駅、LG03駅、LG01駅後方転轍機を含む 臺灣世曦工程顧問股份有限公司 100%
DQ122 LG04駅、LG05駅、LG04駅手前中線を含む 中興工程顧問股份有限公司 100%
DQ123 LG06駅、LG07駅、LG08駅 臺灣世曦工程顧問股份有限公司 100%
DQ124 LG08A駅、金城機廠 中興工程顧問股份有限公司 97.25%

機電系統工程編集

(台北市政府捷運工程局資料:2015年12月16日現在)

機電工程 機電内容 作業現況 予定進度 実際進度
CQ810 電車、列車制御、供電、通信、機廠、維持補修設備、CQ817標(自動集改札系統) 機電系統工程基本設計が完成し、現在入札準備作業中。[24] [25]
CQ817 自動集改札系統 現在入札中。
CQ811 軌道敷設

土木工程編集

(台北市政府捷運工程局東区工程処・南区工程処:2016年11月現在)

工区 施行範囲 予定進度(%) 実際進度(%) 差異(%)
CQ840[3] LG01駅(島式1面2線の地下駅と両渡り線)、LG03駅(島式1面2線の地下駅) 起工前
CQ842[4] LG02駅(島式1面2線の地下駅) 12.330% 13.443% +1.113%
CQ850[5] LG05駅(島式1面2線の地下駅) 0.298% 0.825% +0.527%
CQ850A[6] LG04駅(島式1面2線の地下駅) 起工前
CQ860[7] LG07駅、LG08駅(共に島式1面2線の地下駅) 1.41%
CQ861[8] LG06駅(上下線が単式ホーム2層に分かれた地下駅) 10.58%
CQ870 LG08A駅、金城機廠
IZUX25 万大-中和-樹林線(第一期)LG05からLG08駅の植樹移植工程 100% 100% 完工

第二期区間編集

第二期区間は現在計画中であり未着工。 中和樹林線の第二期財務計画案修正が完了し、台北市政府の中央審査行程にある。2度起工式典が行われたが実質的に未着工。

車両編集

2018年6月12日、機電工程入札で台湾の中鼎工程中国語版と連合を組み、優先交渉権を獲得したアルストムが車両(メトロポリス)19編成の納入を担当する[26][27]

駅一覧編集

  • 接続駅を除き、第2期区間の駅名は全て仮称。
区間 路線 駅番号 駅名 駅間
キロ
営業
キロ
接続路線 所在地
日本語 繁体字中国語 英語
第一期 本線 LG01 中正紀念堂駅 中正紀念堂站 Chiang Kai-shek Memorial Hall - 0.0  淡水信義線
 松山新店線
台北市 中正区
LG02 植物園駅 植物園站 Taipei Botanical Garden      
LG03 廈安駅 廈安站 Xiaan      
LG04 加蚋駅 加蚋站 Jiala       万華区
LG05 永和駅 永和站 Yonghe       新北市 永和区
LG06 中和駅 中和站 Zhonghe      黄線環状線 中和区
LG07 双和医院駅 雙和醫院站 Shuang Ho Hospital      
LG08 中和高中駅 中和高中站 Zhonghe SeniorHigh School     金城機廠支線
- 分岐点     金城機廠支線、第二期本線
機廠線
LG08A 莒光駅 莒光站 Juguang      
第二期 本線 分岐点     第一期本線、金城機廠支線
LG09 廷寮駅 廷寮站 Tingliao       土城区
LG10 清水駅
(中正国中)
清水站
(中正國中)
Qingshui
(Zhongzheng Junior High School)
     
LG10A 土城医院駅 土城醫院站[28] Tucheng Hospital
     
LG11 土城駅 土城站 Tucheng      板南線
LG12 塘駅 埤塘站 Pitang      板南線永寧駅・構外乗り換え)
LG13 城林橋駅
(中華中学)
溪洲站
(中華中學)
Chenglin Bridge
(Zhonghua High School)
     
LG14 渓洲駅 溪洲站 Xizhou       板橋区
樹林区
LG15 彭福駅 彭福站 Pengfu      
LG16 備内駅 備內站 Beinei      
LG17 樹林駅 樹林站 Shulin      
LG18 潭底駅 潭底站 Tandi      
LG19 監理所駅 監理所站 Taipei Motor Vehicle Supervision Office      
LG20 三多駅 三多站 Sanduo      
LG21 迴龍駅 迴龍站 Huilong/Lo-Sheng      中和新蘆線(構外乗り換え)
 桃園捷運棕線中国語版(構外乗り換え)
新北市
新荘区
桃園市
亀山区

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (繁体字中国語)台北市捷運工程局捷運萬大-中和-樹林線網頁”. 2016年3月12日閲覧。
  2. ^ (繁体字中国語)行政院核定本路線納入99年度計畫案,計畫摘要說明已被移除
  3. ^ (繁体字中国語)行政院核定本路線納入99年度計畫案,計畫摘要說明
  4. ^ (繁体字中国語)標案名稱:CQ810/CQ817標萬大線(第一期)機電系統工程、自動集改札系統工程採購案
  5. ^ (繁体字中国語)2011年11月25日簽約暨先期工程動土典禮影片
  6. ^ (繁体字中国語)2011年11月25日台北市政府在中正区召開第一場都市計畫變更説明会
  7. ^ (繁体字中国語)2012年9月24日施工最新進度說明
  8. ^ (繁体字中国語)[1]
  9. ^ (繁体字中国語)台北捷運萬大線 LG02站動土
  10. ^ (繁体字中国語)[2]
  11. ^ (フォーカス台湾)台北メトロ万大線、新たな区間で起工=2020年の開通目指す/台湾
  12. ^ (繁体字中国語)捷運萬大線台北市區CQ850A區段標11月8日29億4,500萬元順利決標2016年11月8日,臺北市捷運工程局中區工程處
  13. ^ 台北メトロ万大線、新たな区間で来年1月に起工へ/台湾2016年11月10日,フォーカス台湾
  14. ^ (繁体字中国語)捷運萬大線臺北市區段將全面啟動 土建標最後一棒CQ840區段標23日順利決標2016年11月23日,台北市政府捷運工程局
  15. ^ (繁体字中国語)捷運萬大線臺北市段全線動工2017年2月10日,臺北市政府捷運工程局南區工程處
  16. ^ (繁体字中国語)捷運萬大線台北市段12日全線動工2017年2月10日,大紀元
  17. ^ (繁体字中国語)“萬大線一期暨信義線東延段站名出爐”. 台北市政府捷運工程局. (2017年7月11日). http://www.dorts.gov.taipei/ct.asp?xItem=318661908&ctNode=16447&mp=115001 2017年7月12日閲覧。 
  18. ^ (繁体字中国語)〈台北都會〉捷運萬大線二期 最快117年完工2017-09-01,自由時報
  19. ^ (繁体字中国語)捷運萬大-中和-樹林線 金城機廠舉行動土祈福典禮2018-03-16,新北市政府捷運工程局
  20. ^ (繁体字中国語)政院核定前瞻軌道二期預算/ 交部提報420億 14項計畫重點有高鐵延伸屏東規劃案等2018-07-26,自由時報
  21. ^ (繁体字中国語)樹林萬大線第二期財務通過!蘇巧慧:不再只是虛線2018-08-22,自由時報
  22. ^ (繁体字中国語)〈台北都會〉捷運樹林萬大線二期財務計畫 政院核定2018-10-19,自由時報
  23. ^ (繁体字中国語)萬大-中和-樹林線第一期設計現況”. 台北市政府捷運工程局 (2016年11月9日). 2016年11月23日閲覧。
  24. ^ (繁体字中国語)萬大-中和-樹林線第一期機電現況”. 台北市政府捷運工程局 (2015年12月1日). 2015年12月16日閲覧。
  25. ^ (繁体字中国語)機電系統工程進度”. 台北市政府捷運工程局機電系統工程處 (2015年11月30日). 2015年12月16日閲覧。
  26. ^ (繁体字中国語)捷運萬大線機電決標 列車機電系統法台合作2018-06-12,聯合報
  27. ^ (英語)Alstom to supply integrated metro system for Taipei Metro Line 7 2018-07-10 アルストム公式
  28. ^ (繁体字中国語)〈台北都會〉萬大線增土城醫院站 捷運局:可研議2016-10-30,自由時報

外部リンク編集

  • CQ850工区(榮工工程公司)(繁体字中国語)
  • CQ860工程(詮創科技公司)(繁体字中国語)
  • LG06駅工程(詮創科技公司)(繁体字中国語)