史 弥遠(し びえん、隆興2年1月29日1164年2月23日) - 紹定6年10月24日1233年11月27日))は、南宋中期の重臣。同叔孝宗の治世に右丞相を務めた史浩の子。明州鄞県の人。封号は衛王。は忠献。

史弥遠

経歴編集

淳熙6年(1179年)、蔭位により承事郎に任官し、2年後に宣義郎に補任された。淳熙14年(1187年)、科挙に及第して進士となり、紹熙年間には大理寺司直・太常寺主簿などを歴任する。慶元2年(1196年)に再び大理司直に転任したのに次いで宮中教授を務めた。以後、枢密院編修官・工部郎官・宗政丞・知池州・提挙浙西常平を経て、開禧元年(1205年)に国史院編修官・秘書少監・起居郎に就いた。

開禧2年(1206年)、当時の宰相である韓侂冑との乾道和約を破棄して北伐に乗り出したが、史弥遠は出兵に反対した。翌年、礼部侍郎となり北伐に失敗した韓侂冑の罪状を弾劾しており、和平派の首長として楊皇后と共謀し韓侂冑を殺害する政変を主導した。そして韓侂冑の首級を金に送って主戦派を抑え込んだ上で和約を成立させた。嘉定元年(1208年)正月、政変の論功行賞で知枢密院事に昇進し、同年6月には参知政事を兼ねた。10月に右丞相に任ぜられてから、母の服喪のためにしばらく都落ちをしたが、翌年5月に復職されて韓侂冑の粛清に協力した銭象祖衛涇らを追い出し、単独宰相として名実共に朝廷の大権を掌握するに至る[1]

内政においては、中書門下省・枢密院・台諫の要職に「四木」[2]または「三凶」[3]と呼ばれた自らの側近・官僚を起用し、行政の実務を統制する方式で政権基盤を固めた。一方、慶元党禁以来の理学に対する弾圧を解体し、朱熹趙汝愚などの名誉を回復させたり、爵禄を与えながら士大夫の世論を懐柔することにも気を使った。嘉定13年(1220年)、景献太子の死去に伴って、代わりに帝位継承者に内定された趙竑と不和になると、燕王趙徳昭の後裔である趙昀(後の理宗)を入宮させた。嘉定17年(1224年)、寧宗の崩御に際して趙竑を廃し、理宗を擁立している。湖州へ追放された趙竑は謀反に巻き込まれて史弥遠が送った刺客に殺された[4]

宝慶元年(1225年)6月、太師・魏国公を加増されたが、太師の称号は固辞して受けなかった。さらに魯国公に改封。紹定3年(1230年)12月、理宗の詔勅により10日に1度だけ入朝して、政務の面倒を見ることができる礼遇が許される。紹定6年(1233年)10月、太師・左丞相を拝命され会稽郡王に進封したが、すぐに病没。中書令が追贈されており、衛王に封ぜられ、「忠献」と諡された。25年の執権期は「独裁宰相」が登場した南宋代を通じても、最も長いものだった。史弥遠の治世に南宋の民衆は重税と会子の乱発に端を発した物価高による圧政に苦しめられ、文治主義が重んじられて軍事力が低下するという、南宋滅亡の遠因が作られた時代でもあった。

脚注編集

  1. ^ 小林、2009年、P49
  2. ^ 薛極・胡榘・聶子述・趙汝述
  3. ^ 李知孝・梁成大・莫沢
  4. ^ 宋史』巻41, 理宗紀 宝慶元年正月庚午条による。湖州の土豪である潘氏兄弟が軍閥の李全と結託して趙竑を擁立しようとしたが、失敗した事件を指す。

参考文献編集

  • 『宋史』
  • 小林晃『南宋寧宗朝における史彌遠政権の成立とその意義』(東洋学報、91-1、2009年)
  • 廖隆盛・廖健凱『権相秉国—史彌遠掌政下の南宋政局』(国立台湾師範大学、2013年)