メインメニューを開く

各務原市立各務小学校(かかみがはらしりつ かかみしょうがっこう)は、岐阜県各務原市各務おがせ町四丁目にある公立小学校

各務原市立各務小学校
愛宕山から望む各務原市立各務小学校(2015年2月7日)
過去の名称 三省義学校
各務小学校
各務尋常小学校
各務尋常高等小学校
各務国民学校
各務村立各務小学校
鵜沼町立各務小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 各務原市
設立年月日 1873年
共学・別学 男女共学
所在地 509-0104
岐阜県各務原市各務おがせ町四丁目7番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1873年明治6年) - 各務郡各務村、須衛村、野村(現在の三柿野)の3ヶ村が共同で三省義学校を創立。慈眼寺を仮校舎とした。
  • 1874年(明治7年) - 三滝新田村、柿沢村、野村の3ヶ村が合併し、三柿野村となる。三柿野村全域の生徒も三省義学校に編入される。
  • 1876年(明治9年) - 村国神社境内の村国座に仮移転する。
  • 1877年(明治10年) - 須衛村が須衛小学校を開設し、三省義学校から分離する。三省義学校は各務小学校に改称する。
  • 1881年(明治14年) - 各務小学校は各務尋常小学校に改称する。
  • 1882年(明治15年) - 各務尋常小学校を現在地に移転する。校舎は可児郡の廃校舎を購入し移築したものであったという。

  明治17年頃の各務尋常小学校

  • 1884年(明治17年) - 三柿野村の生徒は、古市場村の和親学校(現各務原市立蘇原第一小学校)に編入され、各務尋常小学校は各務村の生徒のみとなる。
  • 1886年(明治19年) - 須衛小学校は須衛簡易小学校に改称する。
  • 1891年(明治24年) - 濃尾地震により、各務尋常小学校は全壊する。村国神社を仮校舎にする。
  • 1893年(明治26年) - 新校舎に移転する。
  • 1896年(明治29年) - 各務郡が厚見郡方県郡の一部が合併し、稲葉郡となる。
  • 1897年(明治30年) - 稲葉郡各務村に須衛村が編入される。須衛簡易小学校は各務尋常小学校須衛分教場となる。
  • 1898年(明治31年) - 校舎を増築する。須衛分教場を廃止する。
  • 1910年(明治43年) - 高等科を設置し、各務尋常高等小学校に改称する。
  • 1941年昭和16年) - 各務国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年) - 各務村立各務小学校に改称する。
  • 1955年(昭和30年) - 各務村は稲葉郡鵜沼町に編入される。鵜沼町立各務小学校に改称する。
  • 1955年〜1974年(昭和30年〜49年) - 4期にわたり、新校舎を新築する。
  • 1963年(昭和38年) - 稲葉郡鵜沼町、蘇原町那加町稲羽町が合併し、各務原市になる。それに伴い、各務原市立各務小学校に改称する。
  • 1967年(昭和42年) - 校歌制定。
  • 1980年1983年(昭和55年〜58年) - 校舎を増築する。
  • 1985年(昭和60年) - プール完成。

交通機関編集

稲羽線「各務小学校西」バス停下車、徒歩1分
岐阜各務原線「各務西町営業所」バス停下車、徒歩8分
JR岐阜駅バスターミナル岐阜駅北)13番のりば、名鉄岐阜のりば(名鉄岐阜駅西)6番のりばより「各務西町営業所」行き
 
愛宕山から望む各務山と苧ヶ瀬池、中央部の右寄りに各務小学校

学校周辺編集

関連項目編集

外部リンク編集