メインメニューを開く

須衛村(すえむら)は、岐阜県稲葉郡にあったである。

須衛村
廃止日 1897年4月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 各務原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
稲葉郡
総人口 593
(村明細帳[1]、1869)
須衛村役場
所在地 岐阜県稲葉郡須衛村
 表示 ウィキプロジェクト

現在の各務原市各務地区北部の須衛町とその字の地域。旧・各務郡武儀郡の境の標高300m前後の急峻な山(現在通称・各務原アルプス)の南に位置し、山間部の村であった。

地名は、この地域が古墳時代から鎌倉時代にかけての焼き物の産地であったことに由来し、須恵器窯跡天狗谷遺跡)が存在する。

歴史編集

脚注編集

  1. ^ 角川日本地名大辞典21岐阜県
  2. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁

学校編集

  • 須衛簡易小学校

合併により各務尋常小学校(現・各務原市立各務小学校)須衛分教場。1898年廃止。

参考文献編集

関連項目編集