メインメニューを開く

吉原 雅斗(よしはら まさと、1994年7月22日[1] - )は、日本タレント俳優。男性グループBOYS AND MEN、およびその派生ユニットの第七学園合唱部のメンバーである。

よしはら まさと
吉原 雅斗
別名義 Masato(第七学園合唱部)
生年月日 (1994-07-22) 1994年7月22日(25歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
身長 184 cm
血液型 A型
職業 歌手タレント俳優
ジャンル テレビ番組映画舞台
活動期間 2010年 -
事務所 フォーチュンエンターテイメント
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

愛知県名古屋市出身。フォーチュンエンターテイメント所属。BOYS AND MENでのメンバーカラーは緑(深緑)[2]。愛称はよしぴーカピバラ、など[3][4]

略歴編集

生まれ、育ちとも名古屋市である[5][6]。父親は消防士、母親は民謡歌手[7]で書道家[5]の家庭で、二人兄弟の弟として育つ[8]。子供の頃は父親と同じ消防士になりたいと思っていた[9]。一方で父親は大河ドラマが好きで、その影響から「時代劇に出たい」と芸能界入りを志すようになった[10]2010年、高校1年時の夏に母親が参加する予定であったドラマのエキストラに代わりで参加することになり、その撮影現場で芸能事務所からスカウトを受けたが、東京で活動はできないという事情からその話は流れた。これをきっかけに芸能活動をしたいと考えはじめ、その気持ちを汲み取った母親が愛知県内のいろいろな芸能事務所に履歴書を送った[11]。名古屋の芸能事務所・ブリッジプロモーション[12]に所属し、CM出演などの活動を始める[5]。事務所には既にBOYS AND MENのメンバーとして活動していた先輩のタレントがおり、その誘いで旗揚げ公演『ストレートドライブ!』を観劇した[13][14]。当時高校の同級生であった平松賢人も在籍する同年代のグループを見て、「(前事務所での)大人だらけの環境にいるよりも、この人たちと一緒に何かをしたい」と思い、グループ入りを決意する[11][13][15]。2011年3月18日に公開オーディションに参加して、同日に本田剛文を含む数名とともにBOYS AND MENに加入した[4][16]

加入後はずっと「公演をステージの横で見ているだけ」という立場であったが[7]、『ストレートドライブ!』にキャストとして出演する機会も得た[13]。次の公演『ホワイト☆タイツ』ではメインキャスト「ヤンキー5人組」(派生ユニット「YanKee5」の原型)の一人・石黒哲也役に抜擢された[13][17]。しかしこの役は公演途中から辻本達規に取って代わられ[15]、吉原はメインキャストから離れ、YanKee5のメンバーにはならなかった。2012年からは内部ユニット・チームSのメンバーとして活動。2013年に高校を卒業し、大学の映像を学ぶ学科に進学した[15]。BOYS AND MENプロデューサーの谷口誠治の提案により同年4月26日に誠に加入し[18][19]、以後そのメンバーとして活動する。この間に前所属事務所から、BOYS AND MENの運営事務所である現事務所に移籍をしている。

2016年3月に本田、平松との3人組ユニット・第七学園合唱部の結成を発表。5月、自身の作詞による同名曲を含むアルバム『チキン』をリリースした[20]

人物編集

身長は184cm、血液型はA型[21]。13人編成時(2013年中頃)以降のBOYS AND MENの中で最年少であり、最も長身のメンバーである[22]。特技はモノマネ・書道・ダンス・糖質計算、趣味は映画鑑賞・おしゃれ・歌 [1]。母親のほか祖父母も書道家であり[5]、自身も書道で特待生の位を有している[23]

BOYS AND MENでのキャッチフレーズは「ゆとりが生んだ風雲児」[5]。「カピバラ」と呼ばれるのは、顔がカピバラに似ていると言われるため[5][8]。BOYS AND MENのメンバーは吉原について「誰とでもフランクに接することが出来てコミュニケーション能力が高い」・「多才」・「器用」・「おしゃれ」などとせいった評価をしており[24]、吉原は自身について「『ゆとり』が滲み出ている」と分析している[8]。同じく最年少である平松賢人とともに歌とダンスが得意であると公言して、グループ内でそれらをけん引する役割を担っている[2][25]。平松とは同じ高校で同じテニス部に所属していたが、アクティブな吉原と対照的な平松とは、元々仲が良いわけではなかった[24][26]。吉原の加入直後も平松は「自分のことで精一杯だった」という状況ですぐに距離は縮まらなかったが、次第に互いのことを「ライバル」と言う関係になる[27][28]。同期加入の本田剛文とは、BOYS AND MENが常設劇場での公演を中心に活動していた時期に「ホワイトダルビッシュ」という漫才コンビを組んでいたことがある[29]

出演編集

テレビドラマ編集

その他のテレビ番組編集

映画編集

配信ドラマ編集

  • 学園のクローバー(2013年)[18]
  • キスのカタチ「先輩」(2016年)遼平 役[35]

舞台編集

  • ストレートドライブ!(2011年)大場 役[13]
  • ホワイト☆タイツ(2011年 - 2012年)石黒哲也 役ほか
  • ストレートドライブR(2012年)
  • ホワイト☆タイツII(2012年 - 2013年)
  • RETURNER(2013年 - 2014年)土方歳三 役ほか[36]

吹き替え編集

ラジオ編集

CM編集

その他編集

作品編集

電子書籍

  • 写真集『NO LIMIT: YOSHIHARA』(2015年、中京テレビ放送)[42]
  • CanCam デジタルフォトブック 『吉原雅斗 COLOR-10 “GREEN”』(2018年、小学館[43]
  • 吉原雅斗デジタル版 BOYS AND MEN THANKS! AT DOME LIVE(2019年、講談社[44]

作詞編集

以下はすべて第七学園合唱部「Masato」名義。

  • チキン(2016年、アルバム『チキン』)[45]
  • 初愛。(同上)[45]
  • 勿忘草(2017年、DVD『第七学園合唱部 第一回定期演奏会』)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2015年9月第5週以降は、BOYS AND MEN全体でのレギュラー出演。

出典編集

  1. ^ a b 吉原雅斗プロフィール”. FORTUNE ENTERTAINMENT. 2018年2月28日閲覧。
  2. ^ a b アイドルじゃない! 名古屋発の男版・宝塚“BOYS AND MEN”とは”. ORICON NEWS (2015年8月12日). 2019年4月4日閲覧。
  3. ^ PROFILE-プロフィール- > 吉原雅斗”. ボイメン☆騎士. 中京テレビ. 2018年2月28日閲覧。
  4. ^ a b 「BOYS AND MEN 『ラン、ボーイズ、ラン』:本田剛文×吉原雅斗」『Audition blue 2019年2月号』、白夜書房、2018年12月、 22-23頁。
  5. ^ a b c d e f 「ボイメンと妄想デートしない? - 吉原雅斗」 『中日スポーツ』、2014年11月12日、20頁。
  6. ^ ボイメン吉原雅斗、水野勝、田村侑久のキュートな子供時代「木登りが大好き!」”. HOMINIS. SKY Perfect JSAT Corporation. (2019年5月16日). 2019年7月13日閲覧。
  7. ^ a b チェジン(MYNAME)×吉原雅斗(BOYS AND MEN)対談!グループでの“末っ子”以外にも共通点発覚!”. エンタメステーション. Sony Music Entertainment (2017年7月31日). 2018年3月28日閲覧。
  8. ^ a b c 「BOYS AND MEN “丸裸”スペシャルインタビュー 2017:誠 吉原雅斗」『KELLY 2月号』、株式会社ゲイン、2016年12月、 94-95頁。
  9. ^ 「BOYS AND MEN 2018 新春“初夢”スペシャルインタビュー:吉原雅斗」『KELLY 2月号』、株式会社ゲイン、2017年12月、 71頁。
  10. ^ アルバム発売を控え、絶好調のボイメン!名古屋デートはドコに行きたい?”. Nosh. TBS (2016年5月6日). 2018年2月28日閲覧。
  11. ^ a b 「吉原雅斗[BOYS AND MEN] 『Light My Fire』」『Audition blue 2018年12月号』、白夜書房、2018年11月、 125-127頁。
  12. ^ a b c 2012年の出演情報”. ブリッジプロモーション. 2018年2月28日閲覧。
  13. ^ a b c d e ボイメンWalker, p. 58, 「5th ANNIVERSARY INTERVIEW: 吉原雅斗」.
  14. ^ 谷口誠治, p. 200.
  15. ^ a b c ボイメンWalker2, p. 81, 「メンバー個人history: 吉原雅斗」.
  16. ^ 京都をあとにして★本田”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2017年3月19日). 2019年4月4日閲覧。
  17. ^ “名古屋のイケメン集団ミュージカル!! ヤンキーがバレエに挑戦!”. 東海ウォーカー. (2011年8月14日). http://news.walkerplus.com/article/23882/ 2016年4月2日閲覧。 
  18. ^ a b c d ボイメンWalker, p. 76-77, 「ボイメン年表」.
  19. ^ 谷口誠治, p. 113-130, 「第5章 BOYS AND MENメンバーとの出逢い」.
  20. ^ ボイメン派生ユニット『第七学園合唱部』が「第一回定期演奏会」を開催”. インターネットTVガイド (2017年2月7日). 2018年2月28日閲覧。
  21. ^ BIOGRAPHY > 吉原雅斗”. BOYS AND MEN OFFICIAL SITE. 2019年4月4日閲覧。
  22. ^ “『スポライ 激闘2014』を控えた「BOYS AND MEN」に特別インタビュー!!”. FLYING POSTMAN PRESS NAGOYA EDITION. (2014年11月9日). http://flying-postman.com/nagoya/others/1496.html 2018年2月28日閲覧。 
  23. ^ “BOYS AND MENの吉原雅斗、書き初めで「全国制覇」”. SANSPO.COM. (2016年1月4日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160104/geo16010420000035-n1.html 2018年2月28日閲覧。 
  24. ^ a b 「BOYS AND MEN特集: Question!! メンバーから見た 吉原雅斗」『click clap!! Vol.10』、グリニッジクリエイティブマネジメント、2016年5月、 13頁。
  25. ^ 名古屋発のエンタテインメント集団BOYS AND MEN、“成長”が詰まったニューアルバム『友ありて‥』をリリース”. EMTG MUSIC (2017年12月18日). 2019年4月4日閲覧。
  26. ^ ボイメン吉原雅斗、平松賢人の悲しき高校時代を暴露”. radichubu. CBC (2019年2月20日). 2019年4月2日閲覧。
  27. ^ 大人の階段のーぼるー♪ :-)Y.Masato”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2014年11月15日). 2019年4月2日閲覧。
  28. ^ 「BOYS AND MEN 炎・ペアトークSP」『テレビファン・クロス Vol.28』、メディアボーイ、2018年10月、 94-97頁。
  29. ^ 早いよね★本田”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2013年11月25日). 2017年4月2日閲覧。
  30. ^ Kiss LIVE! 開催『白鳥麗子でございます!』はなぜ面白いか会議”. 講談社 (2016年). 2018年3月23日閲覧。
  31. ^ 小芝風花が隠れ特オタに!主演ドラマ「トクサツガガガ」は「すごく攻めてる」”. 映画ナタリー. ナターシャ (2019年1月9日). 2019年1月29日閲覧。
  32. ^ BOYS AND MEN吉原雅斗、Eテレ「ハングル講座」のレギュラーに!1日10単語勉強中”. 音楽ナタリー (2019年3月7日). 2019年4月2日閲覧。
  33. ^ BOYS AND MEN:メンバーに聞く〈2〉 吉原雅斗 12キロのダイエットで「メンタルも体も成長」”. まんたんウェブ (2016年10月20日). 2018年2月28日閲覧。
  34. ^ “大谷亮平映画初主演作品『ゼニガタ』”. 映画『ゼニガタ』公式サイト. http://zenigata-movie.com/ 2018年2月28日閲覧。 
  35. ^ STORY > 『先輩』 吉原雅斗”. 「キスのカタチ 11VARIATIONS OF LOVE」公式サイト. 2018年2月28日閲覧。
  36. ^ STAFFより東建ホール「Returner」公演のお知らせです。”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2014年1月2日). 2018年2月28日閲覧。
  37. ^ 「ドクター・ストレンジ」ボイメン吉原雅斗が声優初挑戦”. 映画ナタリー (2016年12月26日). 2018年2月28日閲覧。
  38. ^ ラジオ年末年始オススメ番組 1月3日(日)のおすすめ番組は?”. hicbc.com. 中部日本放送. 2016年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月28日閲覧。
  39. ^ 元中学生日記”. NHK オーディオドラマ. NHK. 2019年7月14日閲覧。
  40. ^ 重大発表:-)y.Masato”. BOYS AND MENオフィシャルブログ (2016年2月15日). 2018年2月28日閲覧。
  41. ^ 「ボイメンの主役はこの俺坊主メンだ!! 吉原雅斗 最年少控えめキャラが大胆イメチェン」 『中日スポーツ』、2014年8月6日、Weeklyエンタメ。
  42. ^ 美ボディー写真集プロジェクト”. ボイメン☆MAGIC 〜夜の魔法をキミに〜. 中京テレビ. 2018年2月28日閲覧。
  43. ^ 吉原 雅斗 COLOR-10 “GREEN”. 小学館. 2018年2月28日閲覧。
  44. ^ 吉原雅斗デジタル版 BOYS AND MEN THANKS! AT DOME LIVE”. 講談社. 2019年7月14日閲覧。
  45. ^ a b ボイメン派生ユニット・第七学園合唱部を取材!”. インターネットTVガイド (2017年2月21日). 2018年3月1日閲覧。

参考文献編集

  • BOYS AND MEN「直筆アンケート」(8) ゆとりが生んだ風雲児・吉原雅斗”. ポニーキャニオン (2015年6月29日). 2018年2月28日閲覧。
  • 『ボイメンWalker』KADOKAWA、2015年9月29日。ISBN 978-4-04-894711-4
  • 谷口誠治『夢は叶えるもの! -ボイメンを創った男-』Sweet Thick Omelet、2017年1月7日。ISBN 978-4-90-706125-8
  • 『ボイメンWalker2』KADOKAWA、2017年3月29日。ISBN 978-4-04-895927-8

外部リンク編集