メインメニューを開く

ゴゴスマ -GO GO!Smile!-

ゴゴスマ 〜GO GO!Smile!〜』(ゴゴスマ 〜ゴー ゴー! スマイル!〜)は、2013年4月1日からCBCテレビ[注 1]の制作で毎週月 - 金曜日の午後に放送中の情報ワイド番組。一部のTBS系列局でも番組販売によりネットされている(詳細後述)。

ゴゴスマ 〜GO GO!Smile!〜
CBC Studio Gallery 02.jpg
CBCテレビ本社に掲出されている当番組の広告(2013年5月)
ジャンル 帯番組情報番組ワイド番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 CBCテレビ
プロデューサー 稲垣邦広(CP)
出演者

石井亮次
(CBCテレビアナウンサー)
古川枝里子(月曜日、火曜日、木曜日)
〈CBCテレビアナウンサー〉

皆藤愛子(水曜日、根本美緒と隔週交代)
根本美緒(水曜日、皆藤愛子と隔週交代)
馬場典子(金曜日)
(いずれもフリーアナウンサー)
音声 ステレオ放送
外部リンク 公式サイト
中京ローカル時代
放送時間 平日 13:55 - 15:50(115分)
放送期間 2013年4月1日 - 2015年3月27日
TBSネット受け時代(第1シリーズ)
放送時間 (CBC)同上
(TBS)平日 13:55 - 14:53
((CBC)115分・(TBS)58分)
放送期間 2015年3月30日 - 9月25日
TBSネット受け時代(第2シリーズ)
放送時間 (CBC)平日 13:55 - 15:58
(TBS)平日 13:55 - 15:51
((CBC)123分・(TBS)116分)
放送期間 2015年9月28日 - 2016年9月30日
TBSネット受け時代(第3シリーズ)
放送時間 (CBC)平日 13:55 - 15:58
(TBS) 平日 13:55 - 15:50
((CBC)123分・(TBS)115分)
放送期間 2016年10月3日 - 2017年7月28日
TBSネット受け時代(第4シリーズ)
放送時間 (CBC)平日 13:55 - 15:57
(TBS) 平日 13:55 - 15:49
((CBC)122分・(TBS)114分)
放送期間 2017年7月31日 -

特記事項:
2014年3月31日までの制作局は認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、中部日本放送。2015年3月27日までは中京ローカル。同年3月30日からはTBSでもネット受け開始。同年9月28日よりTBSが制作協力している。
テンプレートを表示
ゴゴスマ -GO GO!Smile!-の位置(日本内)
CBC
CBC
TBS
TBS
TBC
TBC
BSS
BSS
tys
tys
BSN
BSN
SBS
SBS
HBC
HBC
ネット局

CBCテレビ[注 1]本社Bスタジオ(名古屋市中区)からの生放送。番組開始から2015年3月27日(金曜日)まではCBCテレビの放送エリアである東海3県愛知県岐阜県三重県)向けにローカル番組として放送されていた。同年3月30日(月曜日)からは系列局で在京キー局のTBSでもネット受けを開始し、同年9月28日からは同局が本格的に制作協力している[注 2]。これ以降順次番販ネット局を増やしている(後述)。

目次

概要編集

2013・2014年度(中京ローカル時代)編集

中部日本放送(現:CBCテレビ)では、2013年4月に東海3県向けの自社制作ローカル番組を中心に据えた大規模な改編を実施し、それまで連続ドラマの再放送枠に充てられていた平日14・15時台で本番組の放送を開始した。同局が平日の14時台にローカル情報番組を編成するのは『この街は この風は』『ワイドショー&YOU』(1969年4月 - 1974年9月)の終了以来38年半ぶり。この改編を機に、平日の午後に(従来から放送中の後枠番組『イッポウ』を含めて)およそ4時間にわたって自社制作のローカル番組を放送する事になった[注 3]

放送開始時点でのコンセプトは「東海3県を徹底的に応援する」。中部日本放送(当時、現:CBCテレビ)アナウンサーの石井亮次が全曜日のメインキャスターを務める他、東海3県に縁の深い著名人を中心に、タレントや有識者を「ゴゴスマファミリー」(日替わりでスタジオに登場するレギュラー出演者)に起用している。

これまで番組は、スタジオトーク・生中継・日替わりのロケ企画などを通じて、東海3県の視聴者へ向けて「毎日の生活に家族や友人との会話に役立つ情報」[1]を伝えていた。

2015年4月改編編集

2015年3月30日放送分からは、TBSが『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作・日本テレビ系列全国ネット)に対抗するため、本番組の途中までのネット受けを開始する(ただし、ネット受け開始当初は14:53飛び降り)[2][3]。これにより、本番組を「(月 - 金曜日の〈当時は〉11 - 13時台に放送中のTBS制作の全国ネット番組)『ひるおび!』の兄弟番組」と位置付けた上で、『ひるおび!』と本番組で(CBCテレビ制作の3分番組[注 4]ごごネタ!』を挟んで)、TBSの場合は連続した4時間弱[注 5]、CBCテレビの場合は連続した5時間弱の生放送を実施する[2]在名局制作の生ワイド番組を在京キー局が同時ネットで放送するのは、『えなりかずき!そらナビ[注 6](CBCテレビ制作・JNN全国ネット番組)の終了(2010年9月24日)以来4年半ぶりである。

TBSの編成担当者は、本番組を首都圏でも放送する理由について、「『ひるおび!』の流れを汲みながら、JNN系列の力を巻き込んだ形で、(東海3県で)一定の評価を得ている『ゴゴスマ』で大きな一歩を踏み出したい」と説明。「(同時ネットの対象になる)14時台は記者会見などが開かれる事が多いため、当該時間帯に生放送番組を編成する事は『視聴者に寄り添う放送局』として必要」という見解も示している。同局制作の番組ではなく、系列局の番組を放送する理由として「まずは(2015年4月改編でリニューアルを実施する)『あさチャン!』と(同改編からの新番組)『白熱ライブ ビビット』(いずれもTBS制作・全国ネットの生放送番組)の充実に全力を注ぎたいので、CBCテレビに協力を仰いだ」としている[4]

TBSでのネット受け開始を機に、放送内容をリニューアル。前半では、TBSでの視聴者も意識しながら、主婦目線にこだわった生活情報を扱う[2]。天気予報では従来の東海地方に加えて、関東地方の予報を挟むようになった。コーナーごとの提供読みは、TBSのネット受け開始前は出演アナウンサーが直接行っていたが、それ以後、別途収録されたものを流す形に変更されるなど(テロップは従来通り画面右下に表記)、一部関東でも放送されることを意識した作りとなっている。2015年7月時点でTBSからの生中継は情報カメラ(主に渋谷駅)の映像と緊急時のニュースだけにとどまっていた。

TBSの飛び降り時刻間際に出演者がトークを中断。TBSでは左下に提供クレジット、右下に「製作・著作 CBCテレビ」のテロップをそれぞれ挿入する。ただし、TBS向けの挨拶などは、不定期で入れる程度にとどまっていた。

後述のように、番販ネットの実績は開始以来TBSのみであったが、2015年9月以降、報道特別番組扱いで一部系列局でも臨時ネットされることがある。本番組を13:56からしばらくの間一時中断の上、TBS制作の報道特別番組を放送することもある。

2015年10月改編編集

2015年9月28日より、放送時間を拡大。CBCテレビでは15:58まで(8分拡大)の放送となり、TBSでは15:51まで(58分拡大)の放送となる(TBSでの飛び降りネットは継続される)。これに合わせ、放送内容も視聴者の関心が高い事件・事故・芸能速報を充実させるなど、全国向けのものにリニューアルし、TBSも制作協力する[5][6][7][8]。曜日別のレギュラー出演者は改編後も続投する[5]。 この改編と同時に、番組開始以来初めてタイトルロゴやテーマ曲、スタジオセットなども一新し、ニュースコーナーが一時廃枠となった。タイトルロゴは緑を基準としている。

2015年11月2日より、ニュースコーナーが復活(ただし、TBS飛び降り後に放送していたCBCテレビ発の東海3県のニュースではなく、14:40頃にTBS報道局からの中継でニュースを放送)。このほか同年10月改編後もコーナーの放送時間入れ替えなどが適宜行われている。

この改編における新規の番販ネット局はなかったが、この頃より本番組を通常時非ネットとしている系列局の協力による裏送り中継も行われるようになった。

2016年4月・10月改編編集

2016年4月1日より、枠拡大した『ひるおび!・午後』との接続がステブレレスに変更。東北放送(TBC、宮城県)でも、同月4日よりTBSと同じく15:51飛び降りとなるものの、番販ネット開始[9]。この日より、天気予報もこれまでは、中京地方と関東地方のみだったが、宮城県地方も取り上げるようになった。 2016年10月3日より、TBS・東北放送に限り『Nスタ・第0部』の3分前拡大に伴い、これまでより1分短い15:50までの放送となる。CBCテレビでの番組終了時刻は変わらないため、CBCテレビにおける中京ローカル時間帯が1分拡大されることとなる。2016年10月改編でネット局の変更(増減)はされなかった。

2017年以降編集

中京ローカル時代からアシスタントを務めてきた古川枝里子(CBCテレビアナウンサー)が、産前産後休業に入るため1月13日(金曜日)放送分で一時降板。同月16日以降の放送では、中田有紀が月曜日+α、根本美緒が水曜日+α、馬場典子(いずれもフリーアナウンサー)が金曜日+αのアシスタントを担当している[10][注 7]

2017年4月3日より、山陰放送(BSS、鳥取県島根県)でもTBSと同時刻での放送による番販ネットが開始された。これにより、通常時のネット局は4局に増えた。

同年7月31日より放送時間が同年7月28日までより1分短縮となり、制作局では15:57まで、TBS・東北放送・山陰放送では15:49までとなる[11]

2017年8月3日の放送で、古川枝里子が産前産後休業から復帰。ただし、他のアシスタント3名が出演しない日を当面は担当する。同年8月7日 - 8月11日の放送時、MC(メインキャスター)の石井亮次アナウンサーが夏休みの為、ニュース解説担当の石塚元章が、代役MCを務める。

2017年9月4日より、テレビ山口(tys、山口県)でもTBSと同時刻での放送による番販ネットを開始[注 8]。これにより、通常時のネット局は5局になる。

2018年4月2日より、新潟放送(BSN、新潟県)・静岡放送(SBS、静岡県)でもTBSと同時刻での放送による番販ネットを開始[注 8][12]。これにより、通常時のネット局は7局になる。

2018年10月1日より、北海道放送(HBC、北海道)でも番販ネットを開始[13]。放送時刻(終了時刻)については未確認。これにより、通常時のネット局は8局になる。

出演者編集

2018年8月時点。出演開始日がない人については、基本的に番組放送開始日(週)より出演している。

司会進行編集

MC
アシスタント
  • 古川枝里子(CBCテレビテレビアナウンサー、2013年4月1日 - 2017年1月13日[注 9]、2017年8月3日 - 月・火・木曜日)
  • 根本美緒(2017年1月18日 - 水曜日、皆藤と隔週、アシスタント出演以外にレギュラー出演者 枠・気象予報士としても出演。)
  • 馬場典子(2017年1月20日 - 金曜日)
  • 皆藤愛子(2017年3月 - 水曜日、根本と隔週)
    • 上記4人が別の曜日に出演することもあり。

曜日レギュラー(タレント)編集

各曜日とも、毎週出演と隔週など不定期出演者が混在している。

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日

コメンテーター編集

肩書は番組公式サイトによるもの。以下の中から毎日1 - 2名が日替わりで出演。基本的にコメンテーターの出演する曜日は固定されている。

コーナー出演者編集

中継・リポート担当
  • 奥平邦彦(フリーアナウンサー)2015年10月頃から出演開始。基本的に火曜日 - 金曜日の担当となるが、月曜日にも出演の場合がある。また、石井亮次アナウンサーが休暇などで不出演時、MC代役を務めることがある。
  • CBCテレビアナウンサー - 中継が複数ある日によっては、CBCテレビアナウンサーが適宜中継リポートをするケースが2018年4月以降は目立ってきている。番組アシスタントの古川枝里子が外へ中継に出たことも数回あり、その日についてはスタジオアシスタントが不在となり、スタジオ進行の大半を石井が一人で賄うこともある(その場合、占いランキングのナレーションは別のCBCアナウンサーが担当する)。
  • この他『あさチャン!』『ビビット』『ひるおび!』のリポーター取材ディレクターなどが、それぞれの番組内でリポートしたものが当番組で放送されるケース、『ひるおび!』のリポーターが、引き続き当番組でも生中継でのリポートを行うケースもある。
ニュース解説
  • 石塚元章(CBCテレビ論説室長 → 編成部企画統括。2018年8月時点の番組内では「CBC特別解説委員」と紹介)- 石井亮次アナウンサー休暇時、代役MCも務める。(2017年8月7日-8月11日、2018年8月6日-8日)
天気予報
最新ニュース
ただし、都合で出演できない場合は『ひるおび!・午前』内のJNNニュースに一緒に出演している蓮見孝之、もしくは伊藤隆太(共にTBSアナウンサー)などが代わりに出演することもある。
注目ニュースLINEUP
  • 井上貴博(TBSアナウンサー):2017年4月 - 、TBS・Nスタジオから中継による出演。
ボイメン★クエスト
ちょっと気の早い 明日の運勢ランキング

過去の出演者編集

  • CBCテレビアナウンサー
    • 南部志穂:火曜日・リポーター(2013年4月2日 - 2014年3月25日)
    • 永岡歩:木曜日・リポーター(2013年4月4日 - 2014年3月27日)
    • 江田亮:金曜日・リポーター(2014年4月4日 - 2014年9月26日)
    • 小高直子:月曜日 - 水曜日・「ゴゴスマNEWS」担当( - 2015年9月)
    • 加藤由香:木曜日・金曜日・「ゴゴスマNEWS」担当( - 2015年9月)
    • 大石邦彦:『イッポウ』メインキャスター( - 2015年9月)
    • 青木まな(CBCテレビアナウンサー)(金曜日→木曜日)[注 25]
    • 若狭敬一(CBCテレビアナウンサー)[注 26]
  • フリーアナウンサー

歴代レギュラー編集

期間
2013.4.1 - 2013.5.21 大久保佳代子
吉岡直子
キンタロー。
矢口真里[注 27]
オジンオズボーン
ニッチェ
水城あやの
織田奈津子
安めぐみ
山口もえ
ジャングルポケット
黒田知永子
水城あやの
青木まな
2013.5.22 - 2013.6.19 大久保佳代子
吉岡直子
キンタロー。
オジンオズボーン ニッチェ
水城あやの
織田奈津子
安めぐみ
山口もえ
ジャングルポケット
黒田知永子
水城あやの
青木まな
2013.6.25 - 2014.3 大久保佳代子
吉岡直子
キンタロー。
藤本美貴[注 28]
オジンオズボーン
ニッチェ
水城あやの
織田奈津子
安めぐみ
山口もえ
ジャングルポケット
黒田知永子
水城あやの
青木まな
2014.4 - 2014.9 大久保佳代子
吉岡直子
キンタロー。
藤本美貴
オジンオズボーン
佐藤倫子
織田奈津子
ニッチェ
水城あやの
山口もえ
ジャングルポケット
青木まな
黒田知永子
水城あやの
2014.9.29 - 2014.12 大久保佳代子
ユージ
鈴木明子
吉岡直子
藤本美貴
林修
オジンオズボーン
佐藤倫子
織田奈津子
松本明子
ニッチェ
水城あやの
山口もえ
博多華丸
ジャングルポケット
青木まな
キンタロー。
黒田知永子
遼河はるひ
ふぉ〜ゆ〜
2015.1.28 - 2015.3 大久保佳代子
ユージ
鈴木明子
吉岡直子
林修
オジンオズボーン
佐藤倫子
織田奈津子
日替わりゲスト
松本明子
ニッチェ
水城あやの
山口もえ
博多華丸
ジャングルポケット
青木まな
キンタロー。
黒田知永子
遼河はるひ
ふぉ〜ゆ〜
2015.3.30 - 2016.3 大久保佳代子
ユージ
鈴木明子
吉岡直子
林修
友近
岡田圭右
木本武宏
佐藤倫子
織田奈津子
松本明子
ニッチェ
水城あやの
山口もえ
博多華丸
JOY
青木まな
キンタロー。
黒田知永子
遼河はるひ
ふぉ〜ゆ〜
2016.4.4 - 2016.9.30 大久保佳代子
ユージ
鈴木明子
友近
岡田圭右
島崎和歌子
木本武宏
村田千弥
松本明子
ニッチェ
水城あやの
博多華丸
JOY
キンタロー。
黒田知永子
増田英彦
遼河はるひ
ふぉ〜ゆ〜
2016.10.3 - 大久保佳代子
ユージ
鈴木明子
水道橋博士
竹田恒泰
友近
岡田圭右
武田邦彦
菊地幸夫
ふぉ〜ゆ〜
松本明子
ニッチェ
東国原英夫
博多華丸
JOY
田中ウルヴェ京
キンタロー。
黒田知永子
増田英彦
山路徹
水城あやの

主なコーナー編集

2016年6月以降は、一部のコーナーを除き、特定のコーナー枠がほぼなくなり、番組が特に注目するニュース1項目で番組の大半を消化することが常態化しており、番組進行によってはTBSからの「最新ニュース」や「明日の運勢ランキング」を急遽休止するなど、かなり自由な番組進行となっている。

2017年8月時点でも基本的な構成は変わっていないが、番組開始から概ね1時間半を大まかに3つのブロックに分け、「番組が特に注目するニュース」(2017年上期は東京都政、特に小池百合子都知事の動静やそれに関連する動きを大きく扱っていた)をいくつか取り上げる。3つのブロックすべて、前半の2ブロックをひとつの内容で占めることが目立つが、3ブロックそれぞれが別のニュースとなることも極稀にある。小池百合子都知事の動静にほぼ特化していた時期は、知事の定例会見が行われる毎週金曜日に限り3ブロックのうち2ブロックで会見を冒頭から質疑応答終了まで生中継し、関連のニュースを含め、1時間半以上をすべてこれに割くこともあった。

こういった構成になっていることから、それら以外のニュースや話題について、当番組では直接扱われず、東京からの「最新ニュース」や「注目ニュースLINEUP」で軽く触れる程度となることがかなり多い。同時間帯に放送されている他局の番組と比べ、扱うニュースの数が極めて少なく、取り上げたニュースに割く時間がかなりの長時間に及ぶことは、一部視聴者から疑問や批判の声も上がっているようである。

上記の構成を踏まえた上で、それ以外にも単発でコーナーが組まれることもあり、番組構成や内容については常に試行錯誤が繰り返されているようである。

因みにネット各局が編成の都合で臨時非ネットとなり、その日の放送がCBCテレビのみ若しくはTBS以外の各局のみとなった場合は、「特別企画」として番組開始当初のコンセプトに近い、東海3県や系列局の地元に向けた生活・レジャー情報やロケ企画を中心とした番組内容となる。

(内容は2017年8月時点)

最新ニュース(概ね14時50分頃、日によって入り時間が異なる。番組自体の枠短縮時などに休止されることもある)
TBS報道局から伝える。開始当初は関東や東海3県など、ネット局地域に関連したニュースが多かったが、ネット局の拡大に伴い、その他時間帯のJNNニュース同様に伝える内容は変化している。ニュースの後はTBSとCBCテレビのスタジオとの間で、伝えたニュースの中から補足も含めたクロストークが挟まれる(クロストークは、特に2017年4月以降、割愛されることが多くなっており、その分「注目ニュースLINEUP」でのクロストークがほぼ毎日ある)。TBSからのニュースを伝えるものになっているが、JNN28局フルネット番組でないことなどからJNN排他協定の適用外である。TBSが臨時非ネットとなった場合でもこのコーナーは休止せず、TBSからの裏送りで放送されている(まれにTBSの都合で休止されることもある)。
気象情報+気象関連ニュース(概ね15時35分前後)
気象情報の冒頭に、気象に関連したニュースを1項目伝え、それに絡めた気象解説から、全国の当日夜及び翌日の予報、週間予報などを伝える(エリアごとの詳細な予報は山陰放送へのネット開始をもって基本的になくなった)。
注目ニュースLINEUP(15時47分頃)
TBSのNスタジオから、夕方の報道番組『Nスタ・第2部』(17:50 - 19:00)のうちJNN協定適用枠(17:50 - 18:15)[注 29]で報じる予定の主なニュース項目を井上貴博(TBSアナウンサー、2017年4月3日 - )が紹介する。このコーナーは別番組(単発、特番など)の告知を行う場合などで休止されることもある。[注 30]
ちょっと気の早い 明日の運勢ランキング(15時48分頃)
生まれ月による運勢ランキングとラッキーアイテムの紹介。
※CBC以外の全ネット局はこのコーナー終了をもって飛び降りだが、番組進行によっては休止されることがあり、その場合はスタジオでの進行途中でCBC以外の全ネット局がそのまま飛び降りとなる。
VTR中のBGMは、2001年 - 2003年に放送されていた同局制作のアニメ『星のカービィ』のオープニングテーマ「カービィ★マーチ」のインストゥルメンタル版が使用されている。更に、同じく2001年に石井がメインを務めていたテレビ番組「グッデイCBC」(「おはよう!グッデイ」の中部日本放送ローカルパート)の「星のカービィ星占い」でも、このBGMが使われていた。
ゴゴぷれ
各種インフォマーシャル及びプレゼントコーナー。月曜から水曜はCBCテレビ以外のネット局が飛び降りた後に放送する(CBCテレビローカルコーナー)が、木曜と金曜は「注目ニュースLINEUP」の前に放送される。
各曜日のコーナー
ゴゴスマピックアップ(新)(火曜日、15時40分前後に放送)
グルメや旅、観光地及び気になる商品などの情報をふぉ〜ゆ〜のメンバーが週替わりでリポートするVTRコーナー。取材したリポーターのスタジオ生出演はない。
ボイメン☆クエスト(月曜日→木曜日、15時40分前後に放送)
BOYS AND MENが巷の様々な謎を調査する。
暮らしのハッピーレンジャー(木曜日)※CBC以外のネット局が飛び降りた後(15時49分以降)に放送
暮らしのお役立ち情報をプロが伝授。DCMカーマとのタイアップ枠。
これ知ってマス?(金曜日)※CBC以外のネット局が飛び降りた後(15時49分以降)に放送
最新トレンドやおトク情報、意外なサービスをますだおかだの増田英彦と水城あやのが紹介。イオングループとのタイアップ枠。

休止・終了したコーナー編集

ゴゴの一面・ニュースランキング
毎朝、番組がアンケート調査した「視聴者の興味・関心を持った事件・事故など」をランキング形式で最新情報も交えて伝える。
2016年2月頃から「ニュースランキング」としての進行が毎日ではなくなり、注目ニュースを「トップニュース」「注目ニュース」として、順位をつけずに伝えることが増えているが、2016年4月以降、ランキング形式でのニュース紹介は行われていない。
ゴゴの二面・PICK UP
当日のニュースランキングで番外になった話題や、旬の話題などを独立させて紹介する。日刊スマイルとコンセプトが類似しているが、内容によってコーナー名を分けている模様。こちらのコーナーも「ニュースランキング」同様に、2016年2月頃から特定のコーナー名をつけずに伝えることが増えており、2016年4月以降、このコーナー名での内容は放送されていない。
どこよりも早い夕刊チェック YES!ユウカン!
当日発行の一般紙夕刊(主に中日新聞[注 31]毎日新聞中部本社版、朝日新聞名古屋本社版)や夕刊紙(中京スポーツ夕刊フジ日刊ゲンダイ)の紙面から数項目を選んで紹介する。2016年3月7日開始。2016年4月以降、コーナーは休止状態である。
ゴゴスマピックアップ(旧)(火曜日、15時40分前後に放送)
グルメや旅、観光地などの情報を村田千弥および水城あやのがリポート。以前の「主婦の私が生きる道」をリニューアルした格好のVTRコーナー。ふぉ〜ゆ〜の出演曜日及び出演形態の変更(出演曜日が金曜日→火曜日に、出演形態がスタジオ生出演→VTR出演)に伴い、コーナーがリニューアルされ、ここで記述されている内容としては事実上終了。
ゴゴスマタイムズ
各曜日別のコーナー企画。2015年3月に一部の企画を残して終了。
「踊る大キンタロー。」(月曜日)
キンタロー。が東海地方で頑張っている人のもとを訪れ、ダンスで応援する。
「3時のおやつ」(月曜日)
東海地方の地元のおやつを紹介する。
「教えて!すごんちゅ(凄人)さん」(水曜日)
若手芸人が東海3県のスゴイ人のもとを訪れ、極意を伝授してもらう。
「知っ得!買い物向上委員会」(金曜日)
週末の買物に役立つ情報を紹介する。
ゴゴスマアニメ(ショートアニメ)
DLE、DLE-ERA(台湾)、CBCの3社共同制作作品[14]
  • 第1弾『ペペンギン』(2013年4月1日 - 5月17日)[15]
  • 第2弾『ペペンギン2』(2013年5月20日 - 6月)[15]
  • 第3弾『ラビトル』(2013年7月 - 8月)
  • 第4弾『Smile!スマモン』(2013年9月1日 - 12月)
  • 第5弾『アニマルフレンズ』(2014年1月 - 2月)
  • 第6弾『ラビトル2』(2014年2月 - 3月)
僕、どうしたらいいですか? 〜もっと知りたい東海3県の旅〜
月曜日 - 金曜日通しのVTR企画。お笑い芸人の柳原聖(カルマライン)が東海3県の市町村を訪れ、現地の人に「僕、どうしたらいいですか?」と聞き、次の行動を教えてもらうノープラン旅企画。2015年4月に一旦旅の休止が宣言された。
いま知り
ニュース用語や世の中の出来事をわかりやすく解説する。過去のコーナー名は「子どもにも教えられるニュース」→「いま知りたいニュース」。かつては金曜日に「金曜版」としてコーナー時間を拡大して放送されていた。
ゴゴスマ実況中継部 ゴゴチュー
簡易中継システムを活用した生中継コーナー。モバイル回線を利用しているので、CBCのサービスエリア(東海3県)以外の地域からも随時中継を実施する[注 32]
ゴゴスマNEWS
最新の東海3県・全国ニュースを伝える。
ボイメン体操
BOYS AND MENが東海地方の幼稚園・保育園に出向き、園児たちと共にオリジナルの体操「ボイメン体操」を踊る。開始当初は「ヤンキー体操」というコーナーであったが、2か月ほど経った頃にリニューアルされた。2015年9月に番組内での放送を終了、同年10月より早朝放送のミニ番組『ボイメン体操』として単独番組化[16]
『イッポウ』ラインナップ
(コーナー終了時点での開始時刻であった)16:50から生放送される『イッポウ』の今日の見所や特集などを、大石がゴゴスマのスタジオで予告・紹介するコーナー。
オトナ電話相談室
生電話による悩み相談コーナー。視聴者からTwitterを通した意見募集(画面下部に表示)とデータ画面での投票が行われていた。2015年11月頃から放送頻度が減り(毎日→不定期)、2015年12月以降は一度も放送されておらず、事実上コーナーは終了したとみられる。
ぶらぶら写真ハンター
道行く人たちに「昔の写真を見せてもらえませんか?」と尋ねながら街を散策するロケVTR企画。ロケ出演は番組レギュラーではないタレントが月替わりで務める。2016年2月にコーナーは終了。
日刊スマイル
生活情報を伝える。2016年4月のリニューアルに伴い、「日刊スマイル」の冠は事実上なくなり、各曜日のレギュラー出演者が担当するミニ企画へと移行した。
ゴゴスマエンタ
最新の芸能ニュースを伝える。こちらも「日刊スマイル」同様に明確なコーナー冠をつけての枠はなくなり、適宜ネタごとに伝える形へと移行した。
主婦の私が生きる道(水曜日→火曜日、15時台後半に放送)
福岡県長崎県で人気リポーターだった織田奈津子が、東海地方のあらゆる事象をリポートする。2015年4月よりリポーターが村田千弥に交代。

スタッフ編集

  • 構成:八木晴彦
  • 美術:橋田誠一
  • 進行:第一舞台
  • 音効:東海サウンド
  • ロゴ:新田夕岐子、jam.inc、CS2デザイン
  • TK:馬場景子
  • 編成:田中俊彦、大澤良二
  • 東京編成:斉藤龍昭(以前はプロデューサー)
  • 番宣:真岡哲海、神尾純子
  • AP:大塚史津
  • デスク:山田紗矢香
  • AD:河村美希、一場詩央里、松原奈美
  • 協力:CBCクリエイション名古屋東通企画TBS
  • ディレクター:額賀秀和、柴田知宏、尾田真一、長谷川琢也、尾関美有、諏訪誠彦、山田素巨、野村佳大、中川学、竹下隆史、多賀万洋、杉原衣美、山本聡/萩原雄太、中川陽介、田原寿也ほか
  • チーフディレクター:安西基樹、相楽充広
  • プロデューサー:小柳津恵一、岡本真人(岡本→以前は演出)、贄康平
  • 総合演出:増子淳一
  • チーフプロデューサー:稲垣邦広
  • 製作著作:CBCテレビ[注 1][17]

過去のスタッフ編集

  • 演出:原慎弥
  • 制作:羽雁彰

ネット局編集

放送対象地域 放送局 放送時間 放送開始日 備考
中京広域圏 CBCテレビ[注 1]
(CBC)
月 - 金曜
13:55 - 15:57
2013年4月1日 制作局

[注 33]

北海道 北海道放送
(HBC)
月 - 金曜
13:55 - 15:49
2018年10月1日(予定) [13]
宮城県 東北放送
(TBC)
2016年4月4日 [注 34][注 35]
関東広域圏 TBSテレビ
(TBS)
2015年3月30日 [注 36][注 37]
新潟県 新潟放送
(BSN)
2018年4月2日
静岡県 静岡放送
(SBS)
[注 38]
鳥取県島根県 山陰放送
(BSS)
2017年4月3日 [注 39]
山口県 テレビ山口
(tys)
2017年9月4日

制作局のCBCテレビにおいて、臨時に通常より早い時間までの放送となるときは、当日の全ネット局で臨時フルネットとなることがある。

2015年度以降、『中日クラウンズ』予選ラウンド(初日・2日目)期間にあたる木・金曜[18]ごくまれな祝日編成(自社制作による中京ローカルでの中日戦中継など)あるいは年末年始編成など、制作局のCBCテレビで本番組が全編休止となる場合、通常時の番販ネット局では自主編成を行うか、TBSにおける『ゴゴスマ』代替穴埋め番組を同時ネットする(CBCテレビからの裏送りネットとはならない)。

また、2015年9月11日以降、通常は非ネットではあるが、適宜臨時にネットを受ける局がある。

視聴率編集

  • TBSでのネット開始初日に2.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)を記録して以降、1 - 2%台で推移[19][20]。2015年8月の時点では、おおむね8 - 10%を記録している『情報ライブ ミヤネ屋』に対して、本番組および『直撃LIVE グッディ!』(TBSでのネット受け開始と同日に放送を開始したフジテレビ制作の情報番組、第1部[注 40]のみ全国の系列局で同時ネット ※中京広域圏では、東海テレビにネット)はいずれも2 - 3%にとどまっている[21]
  • 枠拡大後初日・2日目(2015年9月28日・29日)は両日とも1.8%を記録し、枠拡大前同様の苦戦が続いている[22]
  • 2016年1 - 2月の平均視聴率は、関東地区では2.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)、名古屋地区では4.5%(ビデオリサーチ調べ、名古屋地区・世帯・リアルタイム)であった[9]
  • 2016年5月の段階では、12・13・17日の順に本番組が1.8%・2.4%・4.1%、『情報ライブ ミヤネ屋』が6.3%・7.3%・10.2%、『直撃LIVE グッディ!・第1部』が3.0%・4.2%・4.6%(17日の第2部は4.5%)の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)をそれぞれ記録している[23][24]
  • 2016年9月19日放送分では、名古屋地区8.9%(ビデオリサーチ調べ、名古屋地区・世帯・リアルタイム)、関東地区5.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)を記録、両地区共に最高視聴率となった。同時に名古屋地区では初めて『ミヤネ屋短縮版』[注 41](7.0%)を上回った[25]。2017年3月3日放送分では、名古屋地区で8.1%を記録し、『ミヤネ屋』の6.4%を上回り、2度目の同時間帯トップを獲得した(ビデオリサーチ調べ、名古屋地区・世帯・リアルタイム)[26]。これは、番組開始以来4番目の高視聴率となった[26]
  • 2017年10月4日放送分では、関東地区で5.4%を記録し、初めて関東地区で視聴率1位を獲得した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[27]
  • 2017年10月25日放送分では、関東地区で6.5%を記録し、関東地区で2度目となる視聴率1位を獲得(ただし今回は『情報ライブ ミヤネ屋』などと横並びでの1位。ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)。名古屋地区では6.6%と同じく視聴率1位を獲得した(ただし今回は『情報ライブ ミヤネ屋』と「『キャッチ!・第1部』の冒頭7分間」の加重平均と同率。ビデオリサーチ調べ、名古屋地区・世帯・リアルタイム)[28]

特別番組編集

  • 2013年12月13日(金曜日)は、本番組に続いて、名古屋市の子育て情報に特化した特別番組『ママスマ!リアルママのキッズだより』を東海ローカルで15:50 - 16:50に放送。本番組からMCの石井と「ママタレント」である当時のレギュラー陣(藤本・山口・織田)が出演した。ナレーターは、当時石井の上司だった小堀勝啓(担当時点ではCBCテレビアナウンサー)。石井・山口を進行役に立てたうえで、名古屋市の河村たかし市長に対して、『キラママcafe』(CBCラジオの生ワイド番組『ザ・土曜天国』内で放送中の「ママによるママのための情報番組」)のリスナー代表が同市の育児・保健施策に関する意見を直々に述べる企画も実施した。放送終了後は、放送済みの動画を番組の公式サイトからインターネット向けに配信している。
  • 2014年8月22日(番組放送休止週)、『ゴゴスマ 夏休みスペシャル』として、『僕、どうしたらいいですか? 〜もっと知りたい東海3県の旅〜 夏休みスペシャル』を1時間番組で放送。柳原が三重県桑名市石取祭に参加する1泊2日の旅を放送した。石井は案内役として番組冒頭に出演、古川がナレーションを担当した。
  • 2015年1月1日14:30 - 17:00(第1部)・17:15 - 18:00(第2部)[注 42]に自社制作番組『なるほどプレゼンター!花咲かタイムズ』との共同特別番組『東海地方の年末年始全力で調べます花スマSP』を放送した[29]。この特番については、『ゴゴスマ』と『花咲かタイムズ』のいずれも、当時ネットの実績が全くなかった北陸放送(MRO・石川県)でも全編同時ネットしている。
  • 2016年1月1日14:30 - 17:00(第1部)・17:15 - 18:00(第2部)[注 42]に自社制作番組『なるほどプレゼンター!花咲かタイムズ』との共同特別番組『花スマ2016〜ナゴヤ発"中部ご当地年末年始"生で見せますSP〜』が放送された[29]。この特番については、『ゴゴスマ』と『花咲かタイムズ』のいずれも、当時ネットの実績が全くなかった北陸放送(MRO・石川県)では全編、同じくチューリップテレビ(TUT・富山県)・静岡放送(SBS・静岡県)では第1部のみ、それぞれ同時ネットを実施した。ただし、先述以外の当時及びその後のネット局ではこの番組のネットは行っていない。

関連項目編集

  • ひるおび! - 本番組がTBSでネット受け開始以降、本番組の兄弟番組として扱われるようになり、当初はCBCテレビの自社制作ミニ番組『ごごネタ!』開始前まで両方のスタジオを結んでのクロストークも行われていた。
  • 今日感テレビ - 系列局のRKB毎日放送(RKB)が、本番組と同じ時間帯で放送中の情報番組。大分県大分放送(OBS)でも第1部(13:55 - 15:50)で15:00以降のみ同時部分ネットを実施しているほか、過去に長崎県長崎放送(NBC)や鹿児島県南日本放送(MBC)でも同時ネットで放送されていた。
  • ちちんぷいぷい - 系列局の毎日放送(MBS)で本番組と同じ時間帯に放送中の情報番組。TBS・山陰放送などのTBS系列局の一部でも、2009年度に限って、同年度途中または同年度末まで飛び降りネットを実施していた。北海道放送では、2014年10月6日から2018年9月21日まで飛び降りネットを実施。ただし、同局でネット受けを検討した時点で、『今日感テレビ』と共に本番組ともネット受けの候補に挙がっていた。2016年10月から南日本放送[30]、2017年10月から宮崎放送(MRT)でも、第1部の全編(13:55 - 15:50)の同時ネットを実施。

脚注・出典編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c d e 2014年3月31日までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、中部日本放送
  2. ^ それまでは、TBSが当日午前に放送した番組の素材を同録にて使用していたほか、2時台の気象情報ではTBSエリア内情報カメラ映像(主に渋谷)の出中を行っていた。これらについて「制作協力」として、エンディング時のスタッフロールにも制作協力のクレジットを表記していた。同日からはTBSテレビが同番組に向けて素材の提供や番組スタッフの協力なども行うようになり、事件・事故現場からの中継なども含めたものとなった。
  3. ^ ただし、16時台に時代劇再放送枠が継続されているため、連続放送ではない。
  4. ^ 2016年3月31日に終了済み。2015年3月27日までは5分番組。
  5. ^ 後述のように、2015年9月28日以降は連続した8時間に変更となり、その後2016年10月3日からは連続した8時間半あまりに再変更した。
  6. ^ 「CBCテレビが東海3県で放送していた情報番組を『ひるおび!』シリーズのネット番組に発展させた」という点で、本番組と共通している(参照)。
  7. ^ 「+α」となっているのは、3名とも特定曜日の出演は決まっているが、火・木曜日については週によって担当者を変えることによる。
  8. ^ a b 後述するが、正式な番販ネット開始前に臨時番販ネット歴がある。
  9. ^ 産休入りのため、2017年1月16日放送分から一時出演休止していた。
  10. ^ 初出演回以降、岡田と当時レギュラーであった木本武宏(TKO)は交互に隔週出演。木本の降板後は毎週出演に移行。
  11. ^ 基本的に4名の中から2名ずつ組になって交互に出演(組み合わせは数度変わっている)。
  12. ^ 放送開始から2014年9月までは月曜日レギュラー。木曜日ではコーナー出演のみでスタジオ出演はない(TBSでのネット受け開始後は、基本的にCBCテレビにおける中京ローカル時間帯へ出演する)。
  13. ^ ゲストとしての不定期出演を経て、2014年から2016年3月第4週まではコメンテーターとして出演。事実上の月曜日レギュラーであった。また、石井亮次アナウンサーが休暇などで不出演時、MC代役を務めることがある。
  14. ^ CBCテレビにおける中京ローカル時間帯に出演
  15. ^ TBSでのネット開始を機に、『上泉雄一のええなぁ!』(毎日放送が平日の夕方に大阪から放送するラジオの生ワイド番組)火曜日のパートナーにも起用されたため、同曜日は当番組へ出演しない。
  16. ^ 放送開始から2014年3月までは全曜日、2014年4月からは月曜日と金曜日のみ担当。『イッポウ』と兼任。
  17. ^ ひるおび!』のニュースコーナー(含:「JNNニュース」)担当。
  18. ^ 「日刊スマイル」リポーターとしての不定期出演を経て、2014年3月31日より田村侑久・辻本達規・若菜太喜が「ヤンキー体操」→「ボイメン体操」でコーナーレギュラー出演(小林豊・吉原雅斗は2014年10月より加入)。当コーナーよりグループ全体での出演となる。
  19. ^ 放送開始から2014年9月第4週まではコメンテーターとして出演。
  20. ^ 放送開始から2014年3月までは水曜日、同年4月からは火曜日に異動。
  21. ^ 2013年7月以降はスタジオ出演する日もある。同年5月17日は代役で柴田阿弥が出演した。
  22. ^ 2015年4月より不定期出演レギュラー「ゴゴスマファミリー」として出演。その頃より火曜日の準レギュラーとして扱われていた。2016年春の改編期よりレギュラーとなる。
  23. ^ 初出演回以降は、岡田と木本は交互に隔週出演。
  24. ^ 事実上の木曜日レギュラーであった。
  25. ^ 放送開始から2014年3月までは金曜日、同年4月からは木曜日に異動。
  26. ^ 放送開始から2014年3月までは月曜日 - 木曜日、同年4月からは月曜日のみの担当。
  27. ^ 2013年5月28日から6月18日までは、矢口に代わって、藤本・保田圭辻希美(いずれも矢口と同じモーニング娘。OG)が週替わりで出演した。
  28. ^ 正式にレギュラーに起用されてからも出演できない週はモーニング娘。のOG(吉澤ひとみなど)が代演で登場した。2013年10月8日は清水ミチコが休暇中の藤本に代わって出演した。
  29. ^ 『Nスタ』については、東北放送・新潟放送では第0部(15:49 - 16:53)から第2部のJNN協定適用枠まで、山陰放送は第1部(16:53 - 17:50)から第2部のJNN協定適用枠まで、テレビ山口・静岡放送・『ゴゴスマ』制作局のCBCテレビは第2部のJNN協定適用枠のみと、TBS(『Nスタ』制作局)以外の各局によって放送する時間帯がバラバラという事情もある。
  30. ^ 2017年3月31日までは竹内明(TBSテレビ報道局記者・キャスター)又は加藤シルビア(TBSアナウンサー)が出演していた。
  31. ^ 関東地区は東京新聞が該当。
  32. ^ 過去に、東京スカイツリー富士山三保の松原福井県坂井市京都市兵庫県からも中継していた。あべのハルカスの開業初日にあたる2014年3月7日は、地上約300mの高さにある展望台「ハルカス300」内の「天空庭園」(58階のオープンスペース)などから矢方による生中継を放送した。地元局の毎日放送では、『ちちんぷいぷい』内で独自の生中継を実施している。
  33. ^ 番組開始から2015年9月25日までは15:50までの放送、9月28日から2017年7月28日までは15:58までの放送(中日クラウンズ関連の対応は下記参照)。
  34. ^ 2016年9月30日まではTBSと同様に15:51までの放送、10月3日から2017年7月28日まではTBSと同様に15:50までの放送。
  35. ^ 東北放送の編成の都合でまれに臨時非ネットとすることがある(宮城ローカルで楽天戦中継放送やCBCテレビでの本番組放送時間帯にTBSと同一編成を行うためなどによる)。
  36. ^ 2015年9月28日の放送枠拡大後は制作協力している。2015年9月25日までは14:53まで、9月28日から2016年9月30日までは15:51まで、10月3日から2017年7月28日までは15:50までの放送であった。
  37. ^ TBSの編成の都合でまれに臨時非ネットとすることがある(関東ローカルまたは関東他ごく一部のみネットのスポーツ中継や自社制作の報道特別番組や年末年始編成として再放送番組を放送のため)。
  38. ^ 番組編成上では15:50終了となっているが、本編はTBS同様15:49までとなっている。
  39. ^ ネット受け開始から2017年7月28日までは15:50までの放送、7月31日以降も番組編成上は15:50までとなってはいるが番組本編自体はTBSと同様の15:49までに変更される。
  40. ^ 現在は13:45 - 14:50であるが、2015年度当時は13:55 - 14:55であった(第2部は現在14:50 - 15:50であるが、2015年度当時は14:55 - 15:50であった)。
  41. ^ この日の『ミヤネ屋』は全国ネットの野球中継のため、地上波の全ネット局で14:55までの放送。
  42. ^ a b 17:00 - 17:15は『Nスタ』のため一時中断。

出典編集

  1. ^ 中部日本放送 大石社長年頭記者会見”. 中部日本放送 (2013年1月22日). 2013年4月6日閲覧。
  2. ^ a b c “「ゴゴスマ」東京進出!打倒ミヤネ屋、フジに続きTBSも参戦”. Sponichi Annex. (2015年3月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/10/kiji/K20150310009951670.html 2015年3月10日閲覧。 
  3. ^ 平日のゴゴ、『ひるおび!』の兄弟番組『ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜』がスタート!”. TBSテレビ (2015年3月10日). 2015年3月10日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ “TBSが改編発表 午後の生放送枠拡大、編成部長「ライブ伝えたい」”. Sponichi Annex. (2015年3月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/03/10/kiji/K20150310009953230.html 2015年3月11日閲覧。 
  5. ^ a b “ゴゴスマ笑顔2倍に 秋から関東でも2時間に拡大”. 中日スポーツ. (2015年8月27日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2015082702000154.html 2015年8月27日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ 『ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜』9月28日(月)から2時間に拡大! 平日の午後「暮らしに役立つ、今知りたいこと」がわかる情報生ワイド『ゴゴスマ』、関東でも放送時間を拡大し、2時間の生放送に! 視聴者参加の新企画もスタート - TBSホット情報”. TBSテレビ (2015年8月27日). 2015年8月27日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ “「ゴゴスマ」2時間生放送に ミヤネ屋に対抗、TBSも制作参加へ”. Sponichi Annex. (2015年9月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/01/kiji/K20150901011046650.html 2015年9月1日閲覧。 
  8. ^ “TBSがバラエティ強化、『モニタリング』2時間枠に拡大で「新クールの目玉は木曜日」”. クランクイン!!. (2015年9月1日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/38688 2015年9月1日閲覧。 
  9. ^ a b ゴゴスマ:4月から宮城でも放送 関東に続きエリア拡大 まんたんウェブ 2016年3月17日配信、同日閲覧。
  10. ^ 中田有紀「ゴゴスマ」司会でママ初レギュラー 担当アナが産休スポーツニッポン 2017年1月12日配信、同日閲覧。
  11. ^ 山陰放送では同日以降も15:50終了となってはいるが、番組終わりのステブレ挿入を行うのみであり、本編はTBS・東北放送と同じ15:49までである。
  12. ^ CBC『ゴゴスマ』4月から放送エリアが7局に拡大 ORICON NEWS 2018年3月1日発行、同日閲覧。
  13. ^ a b ゴゴスマ:北海道でも放送へ 10月1日から まんたんウェブ 2018年9月18日掲載、同日閲覧。
  14. ^ DLE公式Facebookの2013年4月22日分を参照。
  15. ^ a b ゴゴスマアニメの公式Facebook基本データを参照。
  16. ^ ボイメン体操”. CBCテレビ. 2015年10月5日閲覧。
  17. ^ TBSテレビ「ゴゴスマ」番組紹介ページより
  18. ^ 第54回中日クラウンズ テレビ放送時間”. 中部日本放送. 2013年5月1日閲覧。[リンク切れ]
  19. ^ “安藤優子番組などが「ミヤネ屋」の視聴率を奪う”. 日刊スポーツ. (2015年3月31日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1454629.html 
  20. ^ “4月改編視聴率レース、早くも明暗 盤石「ミヤネ屋」にも死角!? まさかの大苦戦組も…(2/2)”. ZAKZAK. (2015年4月8日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20150408/enn1504081531016-n2.htm 
  21. ^ “「ミヤネ屋」1人勝ちの裏 徹底した検証”. デイリースポーツ. (2015年8月28日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/28/0008345538.shtml 2015年8月29日閲覧。 
  22. ^ “TBS 昼ワイド「ゴゴスマ」2時間拡大にも自信「きっといける」”. Sponichi Annex. (2015年9月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/30/kiji/K20150930011235100.html 2015年9月30日閲覧。 [リンク切れ]
  23. ^ 舛添都知事の疑惑会見、各局の中継視聴率軒並み上昇 日刊スポーツ 2016年5月16日発行、同日閲覧。
  24. ^ 清原被告の裁判視聴率は各局とも「舛添超え」アップ 日刊スポーツ 2016年5月18日発行、同日閲覧。
  25. ^ [1],東スポWeb,2016年9月20日
  26. ^ a b “「ゴゴスマ」が「ミヤネ屋」上回る“小池氏vs石原氏”効果で名古屋地区視聴率トップ”. 東スポWeb. (2017年3月6日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/659519/ 
  27. ^ ゴゴスマ:「ミヤネ屋」「グッディ!」抜く 視聴率5.4%で初の同時間帯トップ,まんたんウェブ,2017年10月5日
  28. ^ 「ゴゴスマ」名古屋地区・関東地区で揃って同時間帯視聴率1位タイ!更に、関東地区で視聴率ベストを更新!,PR TIMES,2017年10月26日
  29. ^ a b CBCテレビ年末年始おススメ番組”. CBCテレビ. 2015年8月29日閲覧。
  30. ^ MBC_furupuriのツイート(772703760338386948)

外部リンク編集

中部日本放送→CBCテレビ 平日13:55 - 15:50枠
前番組 番組名 次番組
ドラマ倶楽部
※13:55 - 15:56
ゴゴスマ 〜GO GO!Smile!〜
2013年4月1日 - )
-
CBCテレビ 平日15:50 - 15:57枠
ぴたっCBC
※月曜・火曜15:50 - 15:56
チョイス!
※水曜 - 金曜15:50 - 15:56
ドラマアンコール「水戸黄門
※15:56 - 16:50
【2分繰り下げて継続】
ゴゴスマ 〜GO GO!Smile!〜
2015年9月28日 - )
-
CBCテレビ 平日15:57 - 15:58枠
ぴたっCBC
※月曜・火曜15:50 - 15:56
チョイス!
※水曜 - 金曜15:50 - 15:56
ドラマアンコール「水戸黄門」
※15:56 - 16:50
【2分繰り下げて継続】
ゴゴスマ 〜GO GO!Smile!〜
2015年9月28日 - 2017年7月28日
ドラマアンコール「水戸黄門」
※15:57 - 16:50
【1分繰り上げ・1分短縮の上継続】
TBS 平日13:55 - 14:53枠
14時リピート
※13:55 - 14:52
コレ 買いダネ!!
※14:52 - 14:55
【1分繰り下げ短縮して・継続】
【『コレ 買いダネ!!』内包の上、『14時リピート』と
『15時リピート』(14:55 - 15:53)を
統合して放送することあり】
ゴゴスマ 〜GO GO!Smile!〜
(2015年3月30日 - )
-
TBS 平日14:53 - 15:49枠
コレ 買いダネ!!
【58分繰り下げて継続】
※14:53 - 14:55
15時リピート
※14:55 - 15:53
ゴゴスマ 〜GO GO!Smile!〜
(2015年9月28日 - )
-
TBS 平日15:49 - 15:50枠
コレ 買いダネ!!
【58分繰り下げて継続】
※14:53 - 14:55
15時リピート
※14:55 - 15:53
ゴゴスマ 〜GO GO!Smile!〜
(2015年9月28日 - 2017年7月28日)
Nスタ・第0部
【1分繰り上げ・2分短縮の上継続】
※15:49 - 16:50
TBS 平日15:50 - 15:51枠
15時リピート
※14:55 - 15:53
ゴゴスマ 〜GO GO!Smile!〜
(2015年9月28日 - 2016年9月30日)
Nスタ・第0部
【3分前拡大の上継続】
※15:50 - 16:53