メインメニューを開く

吉沢 秀和(よしざわ ひでかず、1945年5月13日 - )は、長野県出身の元プロ野球選手投手)。1967年までの登録名は吉沢 勝

吉沢 秀和
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県佐久市
生年月日 (1945-05-13) 1945年5月13日(74歳)
身長
体重
181 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1963年
初出場 1965年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

北海高等学校では2年生の時、控え投手として1962年の春夏の甲子園に出場。春の選抜では1回戦で御所工に敗退、吉沢の登板はなかった。夏の選手権では準々決勝に進み、伊藤久敏投手を擁する久留米商と対戦。先発した3年生エース松谷栄司が5回に負傷退場し、吉沢は急遽リリーフに立つが、9回に3点を取られ逆転負け。苦い甲子園デビューとなった。チームメートに1年上の中村之保遊撃手、同期の谷木恭平中堅手がいた。

1963年春の選抜にエース、四番打者として連続出場。接戦を続けながらも勝ち進み、準決勝では優勝候補の早稲田実業を相手に、自らのサヨナラランニングホームランで劇的勝利をおさめた。決勝では池永正明投手擁する下関商と対戦するが、四連投の疲れもあり、相手打線に打ち込まれ0-10で大敗。しかし初めて準優勝旗が津軽海峡を越えることとなった。同年夏の南北海道大会でも決勝に進出するが函館工に敗退、甲子園出場を逸する。

大型左腕投手として各球団から注目され、巨人阪急の間で契約を巡っての争いまで起こるが、結局はコミッショナー裁定により、1963年に巨人入団。翌1964年ジュニアオールスターにも出場するが、その後は伸び悩む。1967年10月13日サンケイを相手に初登板。8回表の1イニングを無安打無失点に抑え、味方がその裏に逆転しプロ唯一の勝利を記録した。しかしその後も活躍の場に恵まれず、1968年限りで引退した。カーブ、シュートが武器の投手だった。

1969年には中南米に設立されたグローバルリーグの東京ドラゴンズに参加するが、現地に赴く前に退団している。

現在は郷里の長野県で少年野球の指導に携わっている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1965 巨人 3 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 18 4.0 6 0 2 0 0 1 0 0 2 2 4.50 2.00
1967 1 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 3 1.0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0.00 1.00
1968 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 2 0.0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ----
通算:3年 5 0 0 0 0 1 1 -- -- .500 23 5.0 8 0 3 0 0 1 0 0 2 2 3.60 2.20

背番号編集

  • 77 (1963年)
  • 50 (1964年 - 1967年)
  • 63 (1968年)

登録名編集

  • 吉沢 勝 (よしざわ まさる、1963年 - 1967年)
  • 吉沢 秀和 (よしざわ ひでかず、1968年)

脚注編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 北海高等学校野球部史制作委員会編『北海野球部百年物語 北の球児、闘いの記録 』、2009年8月