八木沢 荘六(やぎさわ そうろく、1944年12月1日 - )は、栃木県今市市(現・日光市)出身の元プロ野球選手投手)・コーチ監督解説者。現・全国野球振興会理事長。

八木沢 荘六
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県今市市(現・日光市
生年月日 (1944-12-01) 1944年12月1日(73歳)
身長
体重
172 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト1位
初出場 1967年8月11日
最終出場 1979年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

目次

来歴編集

プロ入りまで編集

実家は製材所を経営[1]。父親は今市市の市長だった八木澤善吉。作新学院高校では2年次の1961年春の選抜で初出場を果たす。1回戦に先発し、柏原高を完封するが、2回戦はリリーフに回り高松商に敗退。

1962年選抜ではエースとして出場し、決勝で日大三高を完封で降して初優勝を飾る。作新は同年夏の甲子園も制して史上初の甲子園春夏連覇を果たすが、八木沢は大会前に体内から赤痢菌が検出されて出場できず、控えだった加藤斌が主戦投手となった。高校同期に高山忠克中野孝征、1期上に島野育夫がいた。

高校卒業後は早稲田大学に進学し、東京六大学リーグでは在学中に3度優勝するなどエースとして活躍。1965年にはマニラで開催された第6回アジア野球選手権大会(東京六大学選抜チームが日本代表)に出場し、日本の優勝に貢献。リーグ通算52試合登板、24勝12敗、防御率1.54、176奪三振、ベストナイン2回。大学同期に西田暢がいる。

現役時代編集

大学卒業後、1967年の第2次ドラフト1位で東京オリオンズへ入団。即戦力と期待されながら伸び悩むが、3年目の1969年には一軍に定着。先発・中継ぎの二刀流で活躍し、1970年にはチーム最多の43試合に登板。同年のリーグ優勝に貢献し、読売ジャイアンツとの日本シリーズでも2試合にリリーフで登板した。

1973年10月10日太平洋戦ダブルヘッダー第1試合(宮城)で史上13人目の完全試合を達成。この試合は中継ぎ登板が多く、規定投球回に足りなかった八木沢に最高勝率のタイトルを取らせるべく投球回数を稼ぐために先発した試合だったという。この後、八木沢は目論見どおり規定投球回に到達し、7勝1敗で最高勝率のタイトルを獲得[2]。同年の完投は完全試合の1試合のみであり、完封に至ってはプロ入り7年目で初だった。八木沢は元々ダブルヘッダーの第2試合に先発の予定だったが、第1試合に先発する予定だった村田兆治が寝違えて首を痛めたために急遽第1試合に先発することになったという。完全試合の日はカウントボール3までいったケースは一度もなかったが、これは15回ある完全試合の中で唯一の記録である。

1974年は12試合に先発として起用され、自身2度目のリーグ優勝を経験。中日ドラゴンズとの日本シリーズでも2試合に中継ぎとして登板し、チーム日本一に寄与した。コーチ兼任となった1976年からは主に先発として起用され、同年は自己最多の15勝(初の2桁)、1977年には2年連続2桁の11勝をマーク。1978年には金田正一に強制引退させられるが、1979年に復帰。同年6月9日近鉄戦(日生)でチャーリー・マニエルの顔面に死球を当て、マニエルは顎の骨を複雑骨折する重傷を負った。マニエルが復帰した後、「和解」の場が持たれたが、故意にボールを当てたという疑念(ロッテ側は否定)を持っていたマニエルは八木沢と握手をしなかった。同年シーズン終了後に現役を引退。

引退後編集

引退後はロッテに残り1980年は二軍投手コーチ、1981年から1984年まで西武ライオンズ一軍投手コーチ、1985年は西武二軍投手コーチ、1986年から1991年西武一軍投手コーチ、1992年にロッテの監督に就任。同年は昨年に続き最下位、1993年は5位、1994年8月2日に休養した[3]1995年横浜ベイスターズ一軍投手コーチ、1996年フジテレビニッポン放送野球解説者、1997年から1998年まで読売ジャイアンツ二軍投手コーチ、1999年から2001年まで阪神タイガース一軍投手コーチ、2002年から2003年までラジオ日本解説者、2004年オリックスブルーウェーブ一軍投手コーチ、2005年四国アイランドリーグ巡回コーチ、2006年から2007年まで東京ガス投手コーチ、2008年から2010年まで東京ヤクルトスワローズ二軍投手コーチ、2011年からBCリーグ群馬ダイヤモンドペガサス投手コーチ[4]2013年は群馬の特別アドバイザーを務めた。コーチ時代は中西太山内一弘水谷実雄高畠康真(いずれも打撃コーチ)などと並び「12球団巡回コーチ」と呼ばれた渡辺久信(西武)、伊良部秀輝河本育之成本年秀(ロッテ)、福原忍井川慶(阪神)を育て上げた。2014年、同年2月6日に死去した森徹の後を受けて2月11日日本プロ野球OBクラブ理事長に就任[5]

人物編集

西武に移籍してきた江夏豊が、球団で唯一慕っていたコーチである。その江夏が在籍した1984年はリーグ優勝を逃し、翌シーズンはその責任をとらされ二軍コーチに降格させられてしまう[6]

野村克也が阪神監督就任時、一軍投手コーチとして声をかけていた尾花高夫(尾花本人が行動を共にすることを希望していた)がダイエーのコーチに就任。阪神の一軍投手コーチを誰にするか迷った時、友人の森祇晶が八木沢を推薦したため就任に至ったという経緯がある。野村からは親しみをこめて「ロクさん」と呼ばれていた一方、藤川球児は自著の中で「八木沢と2000年秋季キャンプで腕立て伏せのやり方で言い合いになり、その後謝罪をして和解したが、翌年のシーズンは一度も使ってもらえなかった」と告白している。

伊原春樹とは西武・阪神でコーチとして同僚となり、伊原が西武監督時はキャンプで臨時コーチを務めた。オリックス監督時も一軍投手コーチとして招聘され、2004年に就任。前年のオリックスはチーム防御率5.95、年間最多被安打1534、最多失点927、最多自責点819と投手陣が大崩壊状態であった。八木沢に投手陣再建の手腕が託されたが、同年もチーム防御率が5.66を記録。2年連続5点台という結果に終わり、伊原と共に同年限りで辞任。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1967 東京
ロッテ
1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 7 1.0 2 0 0 0 1 0 0 0 2 0 0.00 2.00
1968 6 3 0 0 0 0 1 -- -- .000 81 19.1 16 2 6 1 3 4 0 0 10 9 4.19 1.14
1969 44 2 0 0 0 3 2 -- -- .600 359 90.0 71 11 24 4 3 56 1 0 40 36 3.60 1.06
1970 43 4 2 0 1 5 4 -- -- .556 419 98.1 99 11 30 8 1 72 0 0 36 31 2.85 1.31
1971 23 0 0 0 0 4 1 -- -- .800 161 36.2 40 3 11 3 0 19 1 0 25 19 4.66 1.39
1972 35 7 1 0 1 7 8 -- -- .467 395 90.1 106 14 20 2 6 33 0 0 50 45 4.48 1.39
1973 55 9 1 1 1 7 1 -- -- .875 513 130.1 112 14 25 2 3 68 1 0 47 40 2.76 1.05
1974 37 12 2 2 0 8 7 2 -- .533 453 115.0 86 12 27 1 3 54 1 0 56 49 3.83 0.98
1975 20 9 1 0 1 2 5 0 -- .286 324 77.2 76 13 21 1 2 26 1 0 35 33 3.82 1.25
1976 34 22 5 0 1 15 9 1 -- .625 676 171.2 153 14 29 1 5 66 2 0 53 47 2.46 1.06
1977 40 28 5 2 1 11 14 1 -- .440 719 175.0 167 10 32 0 6 89 2 0 75 51 2.62 1.14
1978 28 17 6 1 1 5 6 3 -- .455 496 120.1 119 7 23 1 5 48 0 0 49 43 3.22 1.18
1979 28 6 0 0 0 4 8 1 -- .333 326 74.1 95 6 19 1 4 32 0 0 43 40 4.84 1.53
通算:13年 394 119 23 6 7 71 66 8 -- .518 4929 1200.0 1142 117 267 24 42 567 9 0 521 443 3.32 1.17
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 東京(東京オリオンズ)は、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

年度別監督成績編集

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1992年 ロッテ 6位 130 54 74 2 .422 26.5 89 .241 3.82 47歳
1993年 5位 130 51 77 2 .398 23.5 95 .251 4.08 48歳
1994年 5位 85 34 51 0 .400 -- -- ---- ---- 49歳
通算:3年 345 139 202 4 .408 Bクラス:3回
  • 1992年から1996年までは130試合制
  • 1994年、成績不振により8月2日に監督を解任。監督代行は中西太

タイトル編集

記録編集

その他の記録編集

背番号編集

  • 27 (1967年 - 1979年)
  • 72 (1980年、1999年 - 2001年、2011年 - 2012年)
  • 73 (1981年)
  • 84 (1982年 - 1991年)
  • 80 (1992年 - 1994年)
  • 77 (1995年)
  • 85 (1997年 - 1998年)
  • 75 (2004年)
  • 74 (2008年 - 2010年)

関連情報編集

出演番組編集

脚注編集

  1. ^ 週刊ベースボール」2011年1月31日号(懐かしのプロ野球自主トレ企画)より、八木沢が実家で丸太を背負ってスクワットをしている写真から。
  2. ^ 7勝は最高勝率を獲得した投手の中では最少。1986年以降は「規定投球回到達有無に関係なく13勝以上」という規定ができたため、この規定が存在する限り更新されることはない。
  3. ^ オリオンズからマリーンズへ
  4. ^ 八木沢荘六投手コーチ就任・青木野手コーチ背番号決定のお知らせ - 2010年12月20日
  5. ^ プロ野球OBクラブ新理事長は八木沢氏 スポーツニッポン 2014年2月11日閲覧
  6. ^ ムック「埼玉西武ライオンズ 黄金投手陣の軌跡」(2013年、ベースボール・マガジン社)にある八木沢のインタビューによれば、二軍降格は自らの志願だったという。

関連項目編集