メインメニューを開く

吉瀬 維哉(よしせ しげや、1922年7月4日 - 2003年12月22日)は、日本大蔵官僚大蔵事務次官日本開発銀行総裁。

来歴・人物編集

神奈川県横浜市生まれ。旧制第一高等学校などを経て1946年に大蔵省入省。経済企画庁長官官房長、理財局長、会計事務職員研修所所長、主計局長を経て事務次官に就任。戦後に入省した大蔵官僚の中でもっとも早く次官に到達した。退官後、日本開発銀行副総裁を経て日本開発銀行総裁に就任した。三井住友海上火災保険顧問、初等社顧問[1]、財団法人トラスト60会長、レールシティ汐留企画代表取締役、磐梯リゾート会長、国鉄再建監理委員会委員なども務めた。2003年12月22日、脳出血のため死亡した。

主な著書編集

  • 「新税務会計講座」
  • 「法人税法」
  • 「都市のシルエット」

出典編集

  1. ^ 初等社


先代:
渡邊孝友
日本開発銀行総裁
第7代:1981年 - 1987年
次代:
高橋元